音楽

2007年8月28日 (火)

どうなる?金曜。

 31日金曜に「丸平」であまり馴染みのないイベントがあります。予定は19時過ぎから。ぺインターとミュージシャンの、言ってみれば~コ・ラ・ボ。出演というのかな?キャストは「スズキコージ」さん。音楽は、津軽三味線、アコーディオン、ジャンベ(ジャンベはMr. Muramatsu。三島で、teke/teke という雑貨のお店やってます。カッコいいオヤッサンです。)、キーボードの4名。

 っで、何やるかっていうと、後日佐野美術館でその絵が仕上げられて披露があるのですが、彼「スズキ」氏が、その元になる絵を、わたくしたちミュージシャンの即興演奏に合わせて描くってワケです。絵のジャンルも音楽のジャンルも、なあんもナシ。事前の取り決め一切ナシ。ジツを言うとワタシはこういうのは、初めてなのです。一応シンセもエレピも持って、もちろんアコピもありで、対応は出来てます。ただ、どういうふうに対応するかっていうのが、その時にならないとわからない。し、時間は過ぎてゆくので、あったり前だけど、話し合いなんかしてられないよね。というイベント。もっと早く書けばよかったのですが、説明をどうしようかなって考えてるうちに、今夜になりました。

 この顛末はなるべく当日夜書こうと思っていますので、乞御期待。さっき珍しくはないけど、Moon eclipse なんかがあって、綺麗に見えました。

2007年8月13日 (月)

非常に贅沢なこと

 昼に「河口湖・楽園」、森の中で音楽会。出演は、piper-Yuki, singer-Jin also Maqui, keyboads-watakushi.  ということで、はじまりはじまり。そしておしまいおしまい。星屑を纏ったようなmaquiちゃんの歌声、減衰しないオカリナの倍音、ちょっと不良な喉自慢おやじの別人28号森の声、歌のサイズ未確認のピアニストの四者四様の絡みが、おあつまりいただいた暇なお客様の胸元にぐいっと土足で踏み込んでいって、笑顔を醸し出した昼下がり。笑顔が音楽会の嬉しい評価。な~んも問題なし。ひたすら楽しかった。お陰で、帰るに帰れない。後ろ髪三本引かれて、天城の「さか屋」に向かいました。「かりん」さん、ありがとね。夏の終わりにもいちど笛吹き童子の会、コカリナハウスで開きまショ。

 で、もって、「宿・さか屋」では気が付いたら2時間も弾いてしまって、疲れてるのに、ほんとは、どうかわからず、また弾いて。そう仕向ける客が、うまいな、こりゃ。アマリのせないでください。ほんと。さあ、帰ろ、と思って(三島に住んでるんだ)旅館出たら、頭のうえ全部ペルセウス座の流星号、流星号。少年ジェッターは、かの地に佇んでしまって、頸痛くなる手前と、猫にご飯あげる時刻と睨めっこしながら、根性きめて家にむかいました。天城はとても星が奇麗。帰り途は、町の灯りがないところだから、天体観測の向きには、やまの端から全部真っ黒な空。星が落ちてきそうです。昨日は月も無くて、特に条件◎。

 昼間に☆三っつと一緒に、お客様☆☆☆☆☆☆☆☆☆たくさん見て、夜にまたお客様☆☆☆☆☆見て、帰りに☆のかけらを見て、こりゃ、贅沢な1inch, いや、いちんち過ごさせていただきました。因みに家帰ったら猫、大股開いて寝てました。コイツらもいい一日だったようです。あれっ?本当に日記みたくなってしまいました。おしまい。

2007年7月 5日 (木)

7月15日は田子の浦マリンフェスタ

7月15日、田子の浦マリンフェスタで。

wind piper のユキちゃんと、ライブやります。オカリナ・コカリナの奏者。

この楽器、ピアノとの相性も良く、澄んだ空に爽快な音を届けます。

↓これはうちのねこ。

Rimg0802

 7月28日は、「函南町ねこおどり」 でのライブ。

この猫おどりの作曲をしたのが20年前のこと。あれからずっとこの曲を、このイベントで使ってくださっている町の人たちに感謝している。そんな気持ちを込めて演奏します。

Dr.:栗山豊二、Bs.:桝井 要。Piper:ユキちゃんと4人で。

8月は、河口湖楽園にて。

wreck ship