« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月20日 (水)

相変わらずのらりくらり

と、対応する政治家の皆様、肝心のところは忘れちゃう見事な頭脳をご披露なさっております。国民は見ています、知っています。なのにどうしてこの政治家グループが国を司る中央にいるのか、いつからいつまで。わたしはあと何年生きるかわかりませんが、すっと変わらないんだろうな、と。廃炉という夢のような脱原発の行方が言葉ばかりなのを、しっかり、「見通せない」と仰ったらいかがですか。誰を擁護するのにこの廃炉という言葉を選んだのか。建物を解体し、容器を解体し、土地を元に戻すなんて、どれをとっても出来ない。解体したものは何処へ運ぶのかな。解体すらできないのに。原子炉そのものの解体すら困窮きわまりないものを、解体に至る1パーセントすら手をつけられない。増してやそれらすべて放射性物質なのにね。土地は地下何十メートルも汚染されている。これ、日本に限ったことではなく、世界じゅうで起きている現実。USAの空母がそろそろ引退する、すればこれまた核容器が生み出される。ロシアにしてもフランスにしても同じこと。電力会社は安い電力料金を目指してきた。「まいった、できません」言っちゃえ。

社会は困ったものを排除する仕組みを上手に作ってきたけれど、こればっかりは排除できない。「oppenheimer」の映画が賞を取った。人間を描くのは監督の腕だが、仕組みそのものはどうにもできない。僕らはこの核の事実や仕組みを少しだけ齧って、死んでゆく。そのあとどういう世界がひろがるんだろうか。何百年も何千年も経って「こんな簡単なこと(廃炉)が昔の人間はできなかったんだな」と笑いごとにできるような時代が来ることを望むだけだ。

大谷、オオタニ、オータニ、OHTANI 連呼のさなか、真美子さんの名前まで連呼になりました、の夜。韓国でメジャーがはじまりました。オオタニヒット。よしよし。平和な日本に台風並みの強風の春分の日。

2024年3月18日 (月)

あ、これ、買っちゃおうかな

あ、これ買っちゃおうかな。TEMUのコスチューム。う~ん、何やら怪しいけれど、チャンとしているらしい。どうなんだろ?。

Catscostume03

時間ばかりが経つ

知らないうちに(しってますが)春になっていました。ことしは箱根の雪も少なく、これじゃ、スタッドレスもいらないかぁ、と思うほどですが、やはり必要でございます。今年のタイヤの入れ替えはオールシーズンにしちゃおうかなどと。実際には、冬用のタイヤのほうが氷上性能はいまのところ良いので、悩むところであります。

元旦の地震から3か月たち、被災地では電気水道交通機関の乱れや、準備不足や代替手段の希薄なことに改めて知ることになる。なんの用意もしてこなかった自治体・政府の責任はどこにも転嫁できない。能登に限ったことではないのは自明。裸の女性と税金で遊んでいるんだったらもっとほかにやることがないのかね。還付金というわけのわからない名前をつけた(還流された裏金のこと)収入は申告しなくてもいいという間違った判断を頭のいい方々がしているのは、やはりお金が欲しくってあの手この手無い手を捻り出しているわけで。

吉川議員は静岡県選出の比例代表議員ですが若い女性に金銭を渡して「遊んだ」と報道されました。こちらは頬かむりのまま、議員続けてます。続けていれば揶揄されても多くの収入が約束されています。「売春じゃん、」と、いいますが、ま、そのとおり。恥ずかしいといえば恥ずかしい、のは国会議員の身分だから。語弊がありますが、多く・少なく・この現象は一般男性にもあること。だから、あの時彼は、詰問されたときに「遊びたかったです。」「適当な相手がいなくって」といえば、その一般男性からは「無理ないな」という小さな賛同くらいは得たとおもうのですが。どこがいけないのかは。彼が国会議員であることです。皆さんの税金の行方を左右する立場なのに、その行方を自分のために使ったことです。

春になっていつもの花が咲きました。何にもしない、肥料もやらない、雑草も引き抜かない、ホッタラカシですが、毎年(すこしずつ背丈が低くなってますが)この季節に可憐な花をさかせます。ありがたいことです。

20240318_101107 20240318_101121