« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月

2023年8月29日 (火)

蒲原

交流館からありがたいというか、え?ほんとに?くらいの丁寧なごあいさつと皆様のアンケート一覧をいただきました。ありがたく。よろこんでいただければ、それで問題なく。また呼んでください。ふたつ返事ででかけますよ。

同じく(ずいぶん日程遠いですが)箱根ビジターセンターの夏例会もおわりました。エアコンは施設に最初から設置されておらず、(近々工事らしいですが)というより、当初は必要なかったくらいの気候天候だったわけで。

最近はどちらもこんなセットでやってます。

20230727_093409

グランドピアノがデジタルに変わるとシンセサイザーがひとつ増えますが、ま、だいたい、こんな感じ。小さな61鍵ひとつで行くこともありますが、曲目によって結局こうなる=の図でございます。

本当に今年は暑い。電気代が心配なくらい暑い。水道からはお湯が出てくる有様。米研いでいるとそのままお粥になっちゃうんじゃないか=くらいの湯温。馬鹿みたい。テラスと中庭吹き抜けに張った天幕・サンシェイドはかなり有効で、直射日光を遮っております。見た目も涼し気。でも雨は素通し状態。素材と素材の隙間からどんどん突き抜けてきますゆえ、「傘」変わりにはなりません。

なんだか本当に時が経つのが早くて、3か月先があっという間に近づく雰囲気。あれ、もう今月・って感じ。あれ、もう今週?って感じ。ESWLの治療はもうすぐで4回目になります。なかなかひとつ半端なところにある「石」が落ちてこない。割れてはいるんだけれどね。でもだいぶ楽(らく)になりました。いつも腰まわりが重くて痛くてね。何年も何年もグズグズしてたのが失敗でした。

いいトシのオッサンはあちこち不都合なところがあります。治るものとそうでないもの、急を要するものとそうでないもの。次第に機能が低下するもの。いずれにしたってよくなる方向、上向きに、というものはないのであります。その中でこれは低下や喪失はマズイんじゃないかというのもありますから、若干ビクビクしたりしながら毎日を過ごすわけです。

隣国二国は日本の核燃料汚染物質排水について紛糾しています。色々理由はあれど、程度はあれど、どの国の核発電所も汚染物質を放出・排水をしています。原子力潜水艦や空母にしたっていっしょ。便利のうらがわの不便(安全のうらがわの危険)を認めながらも続けていかなければならない各国、戦争なんてしてる時間や労力金銭のかわりに優秀な頭脳集めて良い答えを出すことは出来ないのかねえ。いずれは滅亡する人類はその時期を早めなくてもいいのではないか。などとエアコン効いた部屋で思ってます。グスングスン。

2023年8月 2日 (水)

夏のめぐみ

今回は「恵味」(めぐみ)という玉蜀黍。甘いよ。20230802_154148_20230802162801

糖度18とか表示してありますとおり。3本380円。まあ妥当な値段。物が値上がりしたり、これから値上がりすることがきまっていたり、と、自給率がすべて低いこの国は、何かあれば、即値上がりに直結するので、こんな時ばかりは農家になろうかと思いますが、そんなときだけ。農家だけでは値上げに対抗できないので。政府補助がなくなるガソリンなどにも影響が出てくるのは確実。この先どうなっちゃうんだろ。

今日はエアコンなしの午後。風が通っていくので、動かなければ、まあまあ過ごしていけます。あと一か月くらいで強力な暑さからは逃れられると思いますが相手は自然。どうなることやら、世界じゅう暑い地域が拡大しております。台風は南に停滞して。

箱根は31日から5日まで毎晩各所で花火が打ち上げられています。ずいぶん前に貸し切りの観光船でのディナー&花火という「お呼ばれ」があって乗船させていただきましたが、これは非常に完成度が高い企画でした。なにしろ人込みはないし、視界を遮るものはないし、トイレはもちろん至近、花火そのものは船のどこからでも見える、なおかつ、ごはんもあります。というスグレモノでした。貸切る経済力はありませんが、「お呼ばれ」する準備は整っておりますゆえ関係者の方々は「あ、コイツ、使えるな、」と思ったらご一報を。

でもね、何度も言いますが、本当に好きなのは、菊の花がポンポンと時間をおいて上がるノンビリした花火が好きです。「壮大な」スケールの花火はどなたか知りませんが御任せします。

五木ひろしさんが本人弾く(ギターうまい)音だけで歌う曲はとてもいい、と思うこの頃です。やはり、もちろん歌あってのものですが、楽器の音は3種類くらいまでが、繊細で華やかな印象を受けます。たくさん鳴っていても、ワタシの分解能がソレに応えているうちに、歌そのものを聞き忘れている状態になってしまいます。「インスツルメンタル」と言われるものとは一線を画していますよ。何かの宣伝ではないですが「作り手の顔が見える」。つまり、歌い手や弾き手の顔が見えるような音楽が好みです。総天然色の背景を従えた、複数の方々が歌う総天然色ソングは、どこかの誰かにまかせておけばいい。どちらが音楽的に勝っているかどうかの問題ではありません。どちらも選択の自由でございます。、、、、っちゅうより、トシとったかな。

きのうのPSG対INTEL。5万人以上も人集めているんだから、ネイマールを試合に出さなくても、会釈ひとつ、場内一周くらいさせたらいいのに、と思うのはワタシだけ?