« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月24日 (月)

由のや(よしのや)

今週は木曜に蒲原行きます。終わったら「由のや」行けるかな?FOMALHAUTユキちゃんといった蕎麦屋でございます。先日お寺の帰りにも立ち寄り。昼は13時くらいには蕎麦がおわってしまうので、ギリギリかな。20230618_131055

芦ノ湖「森」、「箱根茶寮」に最近通ってます。時々、蕎麦「夏梅木」、忘れたころに谷田「砂場」。そうそう、この間御殿場で打ったマイ蕎麦、旨かったです。見栄えは最低。と、外食は蕎麦ばっか。「福風」の蕎麦も忘れられない。

先週、電球替えたり網戸の調整したり、の家事のさいちゅう、わが愛車は突然黄色のアラート各所に点灯。あらあら、とうとうきましたか、非常事態。電池かモーターかHBの具合がわるくなりやした。確認するとそのとおりでHBの不具合。おかげでただの・フツーの1500㏄のガソリン車になりました。ま、何事もなく走っていますが、要交換で、その日が来ました。と、昨日、緊急連絡ありで、「手違いで部品が入らなくて代車の用意をさせていただきました、代車で伺います。」とのことで、代車(同じ車種ですが年式モデルが新しい)がやってきました。ま、いろいろ付いてる。っ便利なモンです。何もなかった4~50年前の時代のくるまが懐かしく思えるほどの装備。さて、と、あ?スタートボタンがないぞ、?、、、、ありました。ステアリングの左側。前は右だったので、一体どこにあんの?って。ソレカラ、ぶつかりそうになっても止まるってんで、ジイサンには、これがいい。ここ10年のうちに色々な家電製品やインフラの進歩がめざましく、スマホあれば何でもできる時代にあって、まだ、ブログをモニタ見ながらトントンしてるのは、ワタシくらいかな。いえいえ、作曲・編曲にはコイツがないと。

ここの約2か月、箱根は濃霧続きで、行きは昼なのでともかく、帰りの夜には20m先も見えない状態。GPS見ながら「50m先を90度左カーブ、曲がって、次はなだらかに右へ50m、50m先を右45度カーブ」なんて言って、横でドライバーは路側の白い線見ながら運転。これじゃ、ラリー、ナビゲーター気分。みたいなカンジ。(考えるにラリーの方々ってすんごいもんです)。スピードメーターは20kmから30kmくらい。ったく疲れるというか、かったるい道中になっていましたが、先週から「晴れ」の夜。やっと安心して帰れるということになりました。やれやれ。でも、箱根はまだこれからも霧が出るところなので、用心、用心、火の用心。

「真逆」ってコトバ、もう、日本語ですか?どうしても馴染めない。

2023年7月19日 (水)

西尾一男

ピザを囲む会に、ずいぶん前に行ってきました。忘れてた。

内容はともかく、なかなかあり得ないショウでした。こんな会ってあり?みたいな。

そう、この日20230507_191035のあとから「眼」の調子がおかしくなった記念すべき日なのでした。

suika

カードじゃないよ。すいかです。

玉蜀黍も元気に食べていますが、スイカも食べてます。旨いなあ、夏の果物。桃もいただいたりしておりますが、なんと、「いい」桃。わたしゃ、ほんとはね、柿みたいにコリコリした固い桃がすきです。ガリガリ食べるそれ。甘さは控えめですが。

そういえば、快気祝いで、Wさんからメロンいただきました。視力が90%戻ったんあで、と。これもウマイ。しあわせな果物。

不幸せな猛暑日つづき。ったく暑い。ではスイカ。

 

 

20220830_144809_20230719141301

2023年7月13日 (木)

あ、知りませんでした。

TVドラマで」垣間見たネジリンソウ。家に知らないうちに生えてました。鳥が運んだのか風が運んだのか、枯れてしまった花の鉢からニョキニョキ。へ、ネジリンソウっていうのか。20230622_100424

2023年7月 9日 (日)

七夕

七夕が過ぎました。眼の調子は日に日によくなっております。5がつのころは眼帯して弾いたりしていましたが、今は矯正で適当な視力を確保し、後日またレンズを作り直す予定です。医師は何処がどうこう、以前の履歴がないので、などと色々仰るのですが、カルテなどあるわけがないのは、眼科にかかったことがないからです。(今は投薬ですごしております。)どうのこうの言っても突然視力・視野に問題が出たのは何らかの原因があるはずですが、一体なんだろう?と。

昨日は忙しいイチニチでした。0930に入った現場は30分の本番を3回行うのですが、それが2時間おき。で、終えて箱根に上って例の演奏会となるわけ。どちらも一回の演奏時間は短いものの、一定時間置きにテンション上げるのはなかなか心が忙しいものです。

6回目のワクチン接種にいってきました。会場に着くと案内係がこちらの建物に沿ってお並びください、と。え?熱い中、風もない中、建物に沿って立って待ってろと言うのは、少し高齢者にはキビシイものではないかと、町の職員と話をしました。施設のキャパシティや部屋数などは豊富ですし、予約でいらっしゃる高齢者の人数も決まっているのですから、前室または待機場所を室内に設けてくれるとありがたい旨、話をしました。どうせ反映される意見ではないだろうとは思いましたが。ワタシは車に戻って決められた時刻まで待機しましたが、車で来場していない方は立っての待機。なんだかこれでいいのかな、と、思う午後。

キーボードやディスプレイを見るのにだいぶラクになり、いまこうして文字を打っています。そろそろ溜まっていた曲のアレンジしなくちゃいけない時期になりました。ちょっと前まではディスプレイの細かい↔などを見るのも探すのももどかしいばかりでした。さっとさっとやりまひょ。

そういえば、JAのグミのこと、若干反省してます。最初は、ようし、全銘柄食べよ、などと決心したまではよかった。のですが、どうもその後の「欲」が立ち消えてしまったのは、そのグミの味、形状、パッケージに問題ありと判断したためです。各メイカーから出ている各種のグミはそれぞれ、味や形状を工夫し、パッケージデザインも意匠を凝らしています。どうしたらウケルかな?面白いかな?目立つかな?オイシイと言ってもらえるかな・などとスタッフが考えて商品を提供している(であろう)のですが、前者のそれには一切その努力がない。お菓子そのものの形状は、すべて一緒で、違うのは、パッケージのお名前とグミの中に入る50種類のジェル状態の味の違いだけです。だから、面白みに欠けています。ま、その点についていえば、「ハリボ」の勝ちです。その種類の多さと形状、食感、食味には感心します。たまに不味いというか、趣味の味でないものに遭遇しますが。所詮おやつ、ガムの代替、補助栄養食品でもない、たかがキャンディな仲間。だから楽しませてください。努力がないというか、考えが浅いというか。他の人に「これ、旨いよ、とか、面白いよ」と、勧められません。ご愛用のミナサマには申し訳ありませんが、そういう理由で、全製品制覇の目標の旗は降ろしました。、、、、不味いと言ってるわけではありませんよ。なんというか、もっと「下品」でも構わないワケです。、、、、、、と、他愛ないハナシ。