« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月29日 (土)

ヤ・なこと。嬉しいこと

 

少し前のシゴトで、しようもない演奏をしてしまって、猛省の毎日。なかなか頭をはなれないものです。ヤーな感じ・

♪ 夏梅木の蕎麦屋のオヤジが「柿、もっていって」と。袋をいただき、剪定ばさみでチョッキン。次郎柿と富有柿2種類。「今年はカメムシの被害がなかったからよかった、」と。いただきます。 おかげで秋の果物がまた増えました。うれしいなあ。

20221029_135543

葡萄は先日の長野でいただいたものもあります。Nちゃんありがと。

ナシはウマイ、リンゴはウマイ、蜜柑はウマイ、葡萄はウマイ。柿はうまい。ジツに正しい秋になりました。嬉しいなあ。

いまから秋のイツモの箱根に向かいます。あしたも箱根で、ビジターセンターでFOMALHAUTのライブ。

寒いですよ。んなことより、指動くかなあ。皆様は、「防寒具」をお忘れにならぬよう。平地の冬と同じです。

ではでは。

 

2022年10月25日 (火)

びっくりしたよ

富士山、真っ白で、びっくり。

昨日長野から戻りました。道中は降ったり止んだりの雨。此方に着いて「寒いなあ」と、朝が来れば富士山雪ですか。

 

       20221023_171333 

    20221024_121243 お約束の蕎麦はさておき駒ケ根ではソースカツ丼がまちじゅうにあふれているわけで。   で、宿泊は駒ケ根と中川村。なんだかんだの麺はしっかりいただいております。

         20221024_133427ついでにリンゴを松川で購入。それから、日の出」というナシがとてもうまいです。   ああ。眠い。

2022年10月20日 (木)

毎年

10月10日は毎年「由良」の侯。今年は去年よりも作柄がよろしいようで。段ボール箱に三つもあって、こりゃ食べなくちゃ、とはいったものの、そんなに食べられるもんではありませんが、10個や20個くらいは食べてます。サイズはいつもスモール。沼津西浦の〇さん宅に伺って配送を頼んでおります。

20221020_010508-2 

おっと、箱根道の駅でスイカ発見。1200円なら、で、買い。早速食せば、つぎの日に〇さんから同じように平井の秋スイカ。まったく美味い。

それから内緒ですが、この道の駅にはたいてい生姜がおいてあって、それが100円、スーパーにあるものの4倍くらいはいってます。もちろん国産。これも買い。キノコも安いです。どうぞ。ソレカラ、グミ。これは西東麓では見たことのない、個人宅で製造しているグミ。いかにも包丁で切りましたふうな切断面と、サイズが疎らな感じ。一般のあのグミとは一線を画した「家庭の味グミ」です。

20221020_010444-2 

2022年10月 4日 (火)

丼ころころ

どんぐりこ。小さな丼の中に各種どんぐりこ。どんぶりころころ、どんぐりこ。へ、へ、へ。日本語乱れて。

「蝶々、蝶々♪」蝶々20221004_154219などという動物はおりません。何度言ってもだめだ  

ころがった団栗。使う予定も、ましてや食べる予定もなく。でもなんだか可愛くってポケットに入れるんだ。「どんぐりコロコロ、どんぶりこ」って心の中で歌いながら。結局すてられちゃうんだけど。どうしましょ。大きなクリは食べられるな。食べないけど。20221003_095741 

粉砕の術

痛みを防ぐには、忍法粉砕の術式で、石を砕くんだそうです。今痛みはなくても将来これらが悪さをしないように。実際先週動けないほどいたくていたくて。それが今日のCTで見ると、あった石がなくなっているのがようっくわかります。クレアチニンのデータも正しい。まだまだべつのところにある売れない石。さてどうしますか。一応入院が必要だそうですが、ごく短期。術後はすぐにでも動けます。麻酔は基本ナシ。1時間程度、などと医者が申しております。

2022年10月 2日 (日)

結果はさておき

ひさびさの快感。アルファタウリ角田。最後まで走って「なんぼ」のリザルト。内容での評価はまたべつのもの。

Alfatauri-singapore2022  

ま、車とはすこしばかり違いますが、いつか日本人が表彰台の真ん中に立つ、なんてのがゆめじゃなくなってきた。最近の若者は元気で、外国人と伍して戦うに十分の体力と知力を得ているから。たまたま見た江村美咲のフェンシングに対する考え方には共鳴を覚えた。え、おおたに?年俸はさておき、あいかわらず、評価高い。まったく張本のジイサンの口をミシンで縫いたいくらいだ。MVPはどうなるかな?

沼津の音楽会は無事おわりました。22日は長野宮田にでかけます。ずっと先だと思っていたのに、もうすぐになってしまいました。ああ、また歳をとってゆくわけで。さっき上がってきたジュピター、箱根で見るとやはりここよりきれい。今夜はハーフムーン。病んでいたハーフムーン。夜中にはFOMALHAUT。夏が過ぎて、星ゾラやさしくなりました。

街じゅうにに車、クルマ、急にコロナが終わったかのような日常が、知らないムコウから押し寄せてきます。いいんだろか。知ってるムコウの国から洗車が押し寄せるよりは、ずいぶん平和ですが。

寒くなりまして

今日は箱根にて。寒いです。あっという間に秋というか、冬に向かって、気温下がってきました。12月頭にはスタッドレスにしないといけません。いつ雪が降ってもいいように。で、三島まで下がって、あたたかいかな、と思えば、似たような天候気温でございます。

どなたが亡くなった、で、右から左までピーチクパーチク。是非や国情の相違があった女王陛下と元総理大臣の国葬の大きな違いは設えられた景色があまりに違うもので比べるといってもしようのないものでした。荘厳な歴史を語る建造物と、張りぼての祭壇、歴史的背景と政治的背景を差し引いても儀式である葬儀が国民に無言で語ったのは、ありがとう、と、これなあに?のドラマ。色々なことを思わせてくれた対比豊かなイベントでございました。

翻ってアントニオ・猪木。熱狂を煽ったレスラーがただのオッサンになった日。ヒーローはずっと不死身のヒーローではなく、そこにある現実の病気と老い。これからそういうものを迎える僕らには、なかなかの現実です。ご冥福をお祈り申し上げます。

また翻って水害。清水あたりの台風禍。お見舞い申し上げます。知人宅も被害甚大。復帰はいつになる?食べ物やさんなので。非常にわかりやすい被害の写真や動画が贈られてきました。シモヤマ個人的には昔から台風の水害を幾度となく経験しているので、「絵的」には麻痺というか見慣れた風景ですが、それにしても、こんなのあり?が、そこかしこに現出する自然の驚異は、いつも忘れてはいけないものです。備える、という感覚を忘れないように。

やった、やらない、ほんと・嘘、の繰り返しのロシアの暴力は報道をかなり差し引いてみても、軍配はロシアには上げられない状況です。狡猾で野蛮な国の指導者はいつか歴史で辛酸をなめることになりますが、その間国民はどこに国家を見ればいいのか、そういうことがわからない筈はないと思いたいのですが、現実はちがうようです。今日はブルキナファソのクーデターが報道され。ミャンマーはどうした?いや中国はどうした・北や南の半島国はどうした。きな臭い匂いばかりしてくる構図はいつもかわることなく昔から継続されています。

さて明日は沼津文化センターで合唱のぴあのお手伝い。本番の出番は3曲だけですが、頑張りましょう、メンバーのみなさん。もちろん一般のかたの入場歓迎です。お待ちしております。13時開演です。