« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月20日 (水)

森の里

レストラン「森の里」でのFOMALHAUTコンサートは無事終了しました。

20220417_094237 70名様の絶大なる(?)ご支援をいただきまして、「貯金箱」は重く重くなりました。ありがとうございました。再びは夏くらいかな?七夕の頃に。

このあいだまで、毎日毎日COVID19のニュースが一面を賑わしていたのに、今は、知らなくてもよかった地方の都市の名前まで覚えてしまうような「ウクライン」の戦争のニュース。戦争などあってはならないのに、戦争が起きているのは、一部の人のわがままに、ほかならない。ましてや民間人に被害が及んでいるというのは殺人そのものではないか。兵隊さんが亡くなるのコトの是非はまた別の機会に譲るが、この民間人や無差別とも感じる攻撃には閉口、怒りしかない。その中で、報道もしない国やこのことを擁護する国は、当事者の経済的援助を得ていたりするパラドックスだ。フェイクだ、フィクションだとハナからあしらうどこそこの国は、現実に今の社会状況を得ていない。が、実際に当事者を選びその方針に従う民がいるというのは、(選べない国もある)ボクには不可解だ。コレは間違った選択だ。間違った選択はいずれその国に戻ってくる。自分の身に舞い戻って来るに違いない。

さてさて今年も箱根ビジターセンターのオカリナコンサートが始まります。6f3daa6e2f664225bae128064b60f218 5月を皮切りに夏秋と3回のライナップ。野外なので催行が天候に左右されますが、それは神のみぞ知るのです。5月1日11時にお会いしましょ。13時、14時もあります。

2022年4月 8日 (金)

の・び・の・び

あれ、書こ、これ、書こ、って思っているうちに、時は過ぎ、4月もすぐ半ばというところに来てました。4月17日のFOMALHAUT「森のレストラン」ライブは、現在のところ催行予定です。おかげさまで詳細を伝える前に予約で満員になりました。今年中にまた同じ場所で再演したく思っています。が、このさき、COVID19が影響を及ぼすというところもまだまだ参考にいれなくてはならないのが、ここ2年間。もう2年か、って感じ。2年のうちに何があったのかなあと思うと、時間が無駄に過ぎた感覚は否めず。

東の空に金星火星土星がひとかたまりになっていて、得したカンジ。待ってましたのマスターズ、はじまりました。タイガーの復活やマツヤマの活躍。今夜はevenと、ワンアンダーか。さ、始めましょうか、で始まった言わば「始球式」。ゲイリプレイヤーとジャックニクラウス、トムワッスン、ときたもんで。なんというか、アメリカのスポーツ。朝は朝で大谷投げるっていう事実。なんというか、アメリカ。しかしなんでもそうですが、選ばれし者というのは、やはり選ばれし者。実力という以外に持っている天分や、潜在・詐欺的なギャンブラーの性格、周りの人との付き合い、ソレカラ、「配慮」をするという周りを見るチカラ。いろいろなものをさらりとできる人たちがちゃんと残っていく。僕らが自分と重ねて憧れるという思いを持つのは、そういう兼ね備えた人物像を理想にしたいからなのかな。

ロシア人は殺人者だ。親玉にしたって下っ端の兵隊にしたってみんな殺人者だ。それもこの世にあって、いまの情報社会に敢えて「フェイク」だというには、無理があるんじゃないですか?やった・やらない、見た・見てない。子供の喧嘩だって証拠だ仲裁だ、と、ジャッジメントがある。何が欲しくて権力の座にいるヤカラは、「命令」を下しているのだろうか。振り上げた拳で自分のあたまをガンガンやったら気が付くんだろうか。振り上げた拳をしまう場所はないのかな。もう、もう止めましょうよ。ゴメンナサイしたってもう取り返しのつかないところにいる。

おなじ「たま」でも方や球、方や弾丸。一つはゆめや希望の証、ひとつは人殺しの道具。同じ日同じ時間にモニターから有機的な未来と唾棄すべき人物国家が映るのは、理解を超えたデタラメだ。