« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月29日 (土)

麹町

今度は麹町泉谷。むかしからコレ。浮き輪のクッキー。

20210526_103500

取り立てて美味い!ってものではありませんが、やはり、美味い。「慣れ」っちゅうか、「基本的」っちゅうか、「おヤクソク」っちゅうか、それ。申し訳のような小さなドライフルーツがなんとも参るネ、こういうの。おいしいものは、そこらじゅうにゴマンとありますが、こういうのが、困る。美味いんだか、そうでないんだか、、結局美味い。中身より猫の缶のほうがいい、という間違った(?)ファンも、いるのが事実です。「とらや、さかぐち、いずみや」の旅でした。

急に場所は変わります。20210528_133225

柿田川公園内のリリコ。お茶しちゃいました。看板に登る「看板ねこ」。これが美味いです。

そしてさいごはmoon eclipse。かなしいかな、曇り空でルナちゃん、精一杯のサービス。イベントの最後にすこしだけ片鱗を見せてくれました。さあ、ツギに見るまで、ワタシ、生きてますでしょうか。

20210526_212543

赤いものは赤い光以外を吸収するから赤く見えます。白いものは全部吸収するから白く。錐体を4つ持つと言われる鳥類は、紫外線も見ることが出来るらしい。こういうのが、鳥類の優れた能力に直結する。どんな絵を見て生活してるんだろうか。

2021年5月24日 (月)

monaco

HONDAだぜい。HONDAだよ。ことしのモナコはフェルスタッペンのレッドブルHONDA優勝ということになりました。めでたいめでたい。

Photo_20210524125201

でもね。気をつけてください。IOCのバーク会長のようなお金の好きな輩がゴマンといる、上級階級のモータースポーツです。ヨーロッパ以外の参戦は許しても、トップは許さないという暗黙の了解があるので、この優勝は命を縮める危険も孕んでいるので。むかし、あのF2カテゴリイがなくなったのは、ひとえにHONDAの「おかげ」です。HONDAを積まないと勝てないとう事実がロケするやいなや、レギュレーションを変え、しまいにはこのカテゴリイをなくしてしまった。だから、「普通に」勝ち過ぎちゃイカンのです。ドライヴァーの失敗や、スタッフの失敗、偶然の接触事故、悪天候、などなどの必然の敗因と、他チームの敗因との狭間で、勝ったり負けたりする「策略」も長生きのひとつです。いずれこのカテゴリイは脱ガソリンや脱CO2などの看板の前に終焉を迎えるのが予想され、E1にシフトすると思われます。おっと、そうなると、エンジン・マシンそのものに遅れを取っていた新興国や金持ちの下位のチームが、なんと、ステージの真ん中に立つことが可能な状況が生まれるワケで。今、もう電気スポーツカーのレースが一般化してます。面白いのは「あの音」がなくなること。タイヤの軋む音がしても、ウィーンという高回転のエンジン音が聞えなくなるのであります。

20210522_174322 上記とは何の因果も脈略ございません。我が家のアジサイ、小ぶりのそれです。

2021年5月22日 (土)

登米市、ヒロシマの議員。文句ばっか言います。

宮城県登米市は、市が日時・会場を指定した葉書を高齢者に送付し、トラブルなくスムーズに接種している模様が偶然モニタに映し出された。コレが普通のやり方だと思う。ヴァクシンン予約を取る方法がいくつかある。電話やネットワークを使うのは一見公平に見えて、実は公平でない。タイミング、偶然、運、対応の相手が左右する問題だからだ。ボクは別に誰より早くと思っていないから、「焦る」とか、「困る」とかないけれど。いつか大切な接種が出来るから待ってればいい。なぜこの方法が全国的に波及しないのかが不思議なくらいだ。この方が普通だと思うから。誰かが決めた「順番」でいいじゃないですか。東京だって、これから、きっと、モメます。こう言ってはなんですが、「オモロイ」。選挙の手法がどうしてとれないんだろ。

逃げ出した「ニシキヘビ」が見つかったそうで。この動物はボクは大嫌いあおで、報道があっても見なかったけれど。だいたいだれが飼うんだろう。どんなひとが飼ってるんだろう。誰が何を飼ってもいいけれど、他人に迷惑かけたり、コミュニュケーションまったく取れないような動物がペットとして存在するんだろうか。掛かった官公庁の経費を飼い主は支払いましょう。そうだ、あの議員の歳費も返していただきましょう。

Yチャンの病院帰りのお土産は、一口坂「さかぐち」の煎餅。頑固なお味。ごちそうさま、いつもありがたく。一口坂って言ったらスタジオくらいしか浮かばない田舎モンですけん。缶の中には「東錦」。向田邦子ではないけれど、「持ち重り」おする煎餅。(この、「持ち重り」、という彼女の言葉が忘れられないほど、ボクはその言葉が好きです。)で、この煎餅、「わたしゃ、煎餅です。海苔も褒めてちょうだい、」って言ってる。

20210521_100542

今日のTV、ゴルフはどうなってるのかと思ってスイッチ入れたら、相撲が映っちゃって。わけのわからん団体に放映権と名の付くお金払ってるわがもの顔のNHKさん、お互いに止めたらいいのに。また誰か力士が約束破ってネエちゃんとこ行ったって、コロナの最中、クビだな、八百長忘れたワケじゃありません。ほかのジャンルのスポーツ界のトラブルにはうるさいのにね。ニュースと天気予報と長い取材の自然の世界のドキュメンタリイと教育番組だけやってりゃいいですよ。ほかは民放と有料で。全国のNHKの放送局も閉鎖、売却しましょう。(ついでに不透明な給与体系も見直しましょ。ったって、他人の懐、いくらでも、いいけれど、受信料金払っているほうからしたら、そんなのありゃしない、ですよ。)番組の外注もやめましょ。あのう~、腐った肉や野菜買いませんよね、美味そうじゃないから、不味い、と、文句言っても(視聴者センターに)直してくれない、紅白ウタ〇〇の演出についても直りません。近所の八百屋ならすぐ交換してくれます。民放やスポンサーに電話すると、気がつかないうちに改善されてることがあります。

ででで、そしたら、飛びこんで来た力士の名前が「天空海」。???「あくあ」と読ませるらしい。「阿武咲」読めません、わたしには。ときどき書くこのブログでも言いましたが、フリガナ付けてください。(あ、相撲に限らず、普通のヒトにも。)

てなわけで週末。また愉しいホリデイと来週が訪れますように。

2021年5月21日 (金)

ときどき

雨が降ると

向田邦子の

文字に

会いたくなる。

山口瞳の

節回しを

聞きたくなる。

景山民夫の

描写に

晒されたくなる。

みんな死んじまったけれど

ときどき読んだあの昔の本が

いまでもときめく。

なよなよしていたきもちが

すうっと一本のみちになるような

そんな言葉たちが

好きだ。

20210520_051642

 

2021年5月19日 (水)

雨がいい色を生み出してくれてます。にわか農夫、サンデイファーマーを数日間しただけで、こりゃ、いかんな、と思ったのは5年前。半端な気持ちじゃ出来ないコトがつくづくわかりました。

最近は「だけ」ファーマー。種を蒔くだけ、水を遣るだけ。ホッタラカシ&テラス農業をしているこの頃。ルッコラ、葱、パセリ、イタリアンパセリ、紫蘇、こんなものだけ、テラスで育ててます。ローズマリーがほしいと思いつつも、これ大きくなるとすごいんだから、と思ってやめました。ん?レモンも欲しい欲しい。で、これだけで食事にアクセントがつきます。なんといっても簡単手間いらず、摘み立て。

20210519_113934

おいしいくいただいてます。

ねこの「おんぶ紐」、こんなのあるんだ?!でもウチのオバサンたちには使えません。嫌がるし、じっとしてないし。でもこれで外に連れてったら、おもろいな、と。というより、おもろいオッサン、もしくは、変なジジイと呼ばれます、きっと。やめたホーがいいか。

Screenshot_20210519065639_yahoo

2021年5月14日 (金)

rehearsal

visitor center サウンドチェックする我が良き友。まだ朝10時前、これから昼になるところです。

20210509_101206 

と、と、と、意外にみんな知らないこと=皆さんよりずっと早く入ってセッティングなどしたりしてるのですよ。歌手などのおしごとで、大きな会館などでは、本番4~5時間くらい前には入ります。昼のコンサート・特に野外や天候委が不安な季節には、前日移動・リハなどという2日間拘束の時もあります。TV局などのウタ番組で夜8時くらいのオンエアの場合(生)、内容にも依りますが2時には入ってることも。セッティングや待ち時間は、思ってるほど楽なシゴトではありません。特に待ち時間。テンションは10分間上がったり、120分間下がったりを繰り返します。超有名歌手、若しくは超キツイスケジュールなどの時には、代わりの歌手でリハ・ランスルーをして、当人は本番イキナリ、というのもありますが。あとはカラオケ使用で、バンドさんは絵だけ、なんちゅう2時間くらいの簡単な仕事も時々、ホントに時々ありました。(おつきあいした歌手の方々は、基本的にカラオケ使わない歌手の方ばかりでしたから、ちゃんと搬入セット本番バラシ搬出の手順を踏むのです。)

面白いモノで、シゴトを始めた頃は、まだ、「興業」という世界が眼前に拡がっていました。今で言う、イベンター、プロモーター、主催者などのことばのほかに、「興行主」ということばの世界があって、スコシだけ、知らない世界の方々のジェニ稼ぎの手段であった時代でした。いまでももちろんその関係の方のオシゴトもありますが、仕事の発注者は〇〇興業などということはなく、〇〇〇〇などというカタカナの品のいい主催者・公演になります。昔はそういう世界の方々の仕切りでの現場は、どことなくギコチない性質を帯びていて、ときには、開演前に一室だけなにかご相談をしている楽屋があったり、終了後に、経験したことのないような、高級料理店、「大」宴会、ヤケに綺麗な内緒のママの店などがご用意されていることもありました。アリス、吉田拓郎さんなどのニューミュージック勢のツアーが一般化するのと並行して、地方のイベンターが確実にコンサートの送迎から会場の整備、歌手演者への「オモテナシ」、宿泊移動の簡明なシステムを作り上げてきました。これはとてもいいことで、各地のイベンターが右にならえをして、マニュアルがあるかのように、与しやすくなったのが事実です。ケータリングなどという言葉が普通に使われていますが、ひとつずつひとつずつ先輩がやが、よりよい楽屋環境などを揃えていってくれた恩恵です。暴力団対策法が整備されると、さらに、「知らない世界の方々」との接点は消えて、ある意味「安心」して地方での公演がしやすくなりました。金を稼ぐコトは悪いコトではありません。売れているひとを売ることはちゃんとした商業行為です。だから、安心安全な音楽に接するのに、適正な料金を設定、四方丸く収まるシステムを構築することはとても良いことです。どこかの社長さんの個人的な散財も含めて、呼ぶ方も呼ばれる方も、聴く側も聴かせる側も、町の飲み屋も料理屋も旅館もホテルも、みんなが、ニコニコできる公演がイチバンいいのです。

さて、そんなツアーをわがFOMALHAUTが展開するのはいつになりますやら。先、あまり時間と体力が多くないので。大丈夫、遠いところや、ヘンなところでも、車でガンガン行っちゃいます。新しいCDもうすぐです。イマドキ売れないCDを、コツコツふたりで作ってます。

sawayaka

爽やかという漢字がさわやかな今朝のお山。空気が澄んでいる。陰影というか、抑揚というか、凸凹というか、お山の麓の様子が良くわかる朝。

20210514_054501

2021年5月12日 (水)

類は友を呼ぶ、か?

Louis calls his friends.(?)

Birds of feather flock together.

なんのこっちゃ、

むしゃくしゃしたり、上手くいかないコトがあったり。

その挙げ句に

一時停止義務違反。

2点。

なんのこっちゃ。

またむしゃくしゃする。

 

 

拙速

我が町にはWEB予約のシステムはない、と間違いを犯しました。

役場へのと問合せでは、WEBSITEの案内は一切ありませんでした。

その「まちがい」の素は、下記の文章に対するわが判断力の欠如ということが判明しました。

Img003

接種会場を探すのには、ナビを確認と、

「コロナワクチンナビで直接予約は出来ない」の一行。

Img004

web予約開設は町ホームページでご確認ください。

 

以上の赤印の文言から、開設・予約はナシ、と理解シマシタ。

「ご確認ください」は、見に行かないとだめだということです。確認は(参考)はっきり認めることです。

はっきり認めるということは、見に行かないとだめということです。

町のwebsiteからリンクする方法が正しいそうです。郵送物の記載では、直接この情報のあるURLにアクセス来ません。

方法が二つあるとは記載されていません。予約センターへの電話と、確認してくださいの、文章です。

理解不足で申し訳ありませんでした。

次回の接種予約は月末に「あの頼りがいのあるスピーカーから流れる広報」と、

自治体のweb siteだそうです。もう一度、葉書とかで案内がくるわけではないのですぞ。

今回、繋がらない電話で対応・予約応募しようとしたわたしが悪うございました。

ワタシのような、ソソッカシイひとが、ナンチャラサイトで騙されるわけですね。

これからのワタシ:自治体からの郵送物の言葉遣いには百二十パーセントの理解力と持つこと。

確認とは、行かなくてはいけない。行けば出来る、ということ。問合せの際は、ほかにはないの?と、しつこく訊くこと。

アホさを十分自覚させられましたこの一週間。役所に、手抜かりはありませんでした。やることはやってます。

2021年5月11日 (火)

あれ?ハナシがちがう。

COVID19の我が自治体にもインターネットでの予約が出来るらしいと聞いたのが今日。昨日第2弾の受付が終了しましたが、あえなく落選。電話繋がらず。まあそんなものか、では次回と思ったら、ちゃんとあるそのサイト。郵送で届いたその関係資料に、その記述はなかった。(ので、電話してました)おかしいなあ。見る場所が違ったのかなあ。

接種の年代が下がってもこんなチグハグなことをしていたら、また混乱だ。(混乱はボクだけかな)

結局予約はとれませんでしたが、アクセスする切符は手に入れて、(登録もしたので)予約は次回。すると、今度は予約した当日のコトがふと、よぎった。この地は、車、2輪などのないヒトには不向きな山々たくさん、坂いっぱいの地で、公共輸送機関も思うとおりにはならない場所です。当日車で行って駐車場いっぱいのときの代替駐車場はあるのかな?なんてね。(輸送機関の優れている東京なんかは、受け入れ大丈夫なんだろうか、などと、ほかの自治体に口出ししたりして)何でも何処でもそうです。受け入れ側はあらゆるコトを想定して準備しないと、訪問側の不満を呼びます。況してやこのCOVID19の顛末なので、もっともっと気に掛けてもらわないと。因みに、。わが自治体に一万人いる高齢者に対して今1600人分のワクチンだそうです。アッパレにっぽんですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「たねや」じゃなくって

滋賀のたねや本店の環境がすごいらしい。質の良い公園ばり。いつか。藤森の作品ときいたけれど。

むかし、池袋三越の地下に行くと、まず目に飛び込んでくるのが「たねや」、それから「とらや」。三越などという言葉がなくなってしまう今日この頃ですが。ボカァ、たねやの羊羹好きでした。もちろん「とらや」も好きです。仕事で赤坂山脇方面行けば「とらや」。どちらも素晴らしい和菓子の店です。(中埜栄泉の「虎がやき」も好きです。

で、今日はとらや。真っ黒な出で立ちですが右上に刻印あります。いま「御殿場」の「とらや」で時々買い物などすることがありますが、どこの「とらや」へ行っても、いただいても、なんとはナシに気持ちよく。20210511_164656 20210511_164714

立派な箱を開ければ、ほら、このように、羊羹整列乗車。オイシクいただきます。

箱根晴天

FOMALHAUTの5月9日ヴィジターセンタ-の野外音楽会は無事終了しました。晴天。スタッフが風の穏やかな場所(風が来ない場所)を選んでくださったので、時折ビュウ吹くものの、さしたる影響はナシ。朝の9時に入りましたが終日天気の崩れもなく、若干肌寒い時間帯もありましたが、まあ、快適なイチニチでございました。

主催者は前口上で、「コレはBGMです。歩いていたら何かやっていたので、ふうの。と申しますのも、今この(COVID19)状況下でございます。BGMに関しましては、一応相応の距離をとっております。」と。(んなんだったかな?)

行き帰りはいつものように国道一号。快適なドライブ日和。先週はスカイウォークあたりで地域的大渋滞。箱根町の一部で渋滞しており、「ひと、いるじゃん}状態でしたが、今回は静か。また、夏・秋に開催します。ご案内します。いつものことですが、ピクニック気分でいらしてください。

 

2021年5月 9日 (日)

環状の虹

8日昼間、聞いてはおりましたが、見るのは初めてのような気が。?見たことあったかなあ。トニカク、見ました。これなんだぁ。

環水平アーク(かんすいへいアーク、英語:circumhorizon arc、circumhorizontal arc)とは、大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄虹色の光の帯が見えるもの。水平弧水平環 とも呼ばれる。大気中の氷晶太陽光屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しない」

だ、そうです。

20210508_124830

2021年5月 6日 (木)

おやくそくの。

5月5日、トモダチの誕生日、それはそうかとお思いになる方、この後が珍しい。妻、3月3日。息子4月4日。ね、珍しいでしょ。

きおうはオヤクソクのスイーツ。か・し・わ・も・ち。実家には柏の葉もあったし、筍はイヤと言うほど。弁当は葉ラン。柚はそこらの柚より柚、癖がすごかった。らっきょうは軒下、甕の中。ヤマモモは大好きな山の幸。桃も柿もいつでも。桑の実はそこらじゅう紫に染まって。ミョウガなんかは勝手に生えてくる。紫蘇、葱、山椒、今で言うハーブなら捨てるほど。同じ暮らしは望まないけれど、こういう当たり前のものが当たり前に庭にある暮らしは、やはり理想かもしれない。

おっと、ハナシが逸れた。おやくそくの品は、既に胃の中に入りました。

20210506_092911

いまや〇クザさんも乗らない「アメ車」。そっぽ向いていたら、ま、いいものが出てました。

FR捨てた新しいミッドシップのコーヴェット、新しいキャディ、Caddy

これなら、BMWのSUVに対抗できるな。2Lもちょうどいい。けれど、電気勢に対抗できるかな。

アメリカもこういうもの作れたんだ、って感じ。頑張ってね。

2021年5月 5日 (水)

肥前屋

宮崎の飲み屋「肥前屋」(日向じゃないんだな、これがぁ)の女将の作るつまみは、どれもこれも、向田邦子ばりの簡単・美味。ハナシは上手いし、昔ふうの美人さんで。35年も前のことで、ここ、20年ご無沙汰(っていうのかねぇ)してるんで、ひょっとすると鬼籍に入ったかも。女将さんのことだ、まだやってるだろう。と、カウンターのむこうで、「蜜柑(のようなもの)を包丁で剥いている・の・絵」。何してんだろ?で、饗されたのが。「日向夏」。美味かった。名前もいい。地元のイベンター〇岐さんは、長いツアーを何年も九州全土プラス南の島で組んでくれた。毎晩美味いモノ、珍しいものを演出してくれる。一週間や十日もいれば、東京へ戻るのも面倒で、生活や食のリズムが若い(?)ボクには嬉しくって、ずっと九州でもいいな(よくないけれど)と、思わせてくれた時代だった。などと、コレを前にして「回想」は続く。

20210505_174404

昨日宮崎からカミさんとこに届いた「日向夏」。コレコレ。庭先の苗から育てたそれのようで。接ぎ木しない柑橘のそれは実生というそうですが、それ。器量はあまりよくなく、サイズもばらばらだけれど、美味いなあ。ジェルのような食感、サワヤカ君が飛び出してきそうな香りといい、柑橘類のそれぞれにはソレゾレの長所があってどれもこれも美味い果物であります。

2021年5月 3日 (月)

行ったり来たり

ある部分をプレイバックしていると、ああじゃない、こうじゃない、が始まって、こっちがいい、あっちがいい、が、ひとりの頭の中でループします。で、今夜はもう止め。ご飯食べて寝よっと。

昨日の「OH PASTA」の演奏中、ずっと空と木を見ていたのでした。やっぱり外はいいな。

20210502_135410

で、また、この間の続き。隣の長泉町はコロナワクチン接種予約はインターネットで出来るそうです。今の時代当たり前というか、なんというか。

たった10年くらいのうちに、スマートフォンの台頭で世の中のシステムが変わりました。この先どう変わるるんだろう。洋服だって太陽光発電が出来る素材で作れば、歩いているだけで充電できる。歩く・走るという動作を電気に変えることはもう既に出来ること。フィードバックはまだだけれど。

M任谷サンは今テスラをご愛用のようです。何かの本で読んだので。そしたら、高速走ると宇宙船みたいだと仰っております。エンジンの音はしないし、それの補機類も不必要、と。200ボルト引けば自分の家で充電、ガソリンスタンドに行く必要ない。空気圧のチェックはしないといけません、と。タイヤにパンクはつきものだけれど、ノーパンクタイヤも実用間近だ。自動車の概念が変わってゆく。クルマのデータはすべて、とある場所に送信されている、と。電波のちからの大きさを知ることになる。

テレヴィ放送を見ながらふと思うんだけれど、電波は国のものでもないし、個人のものでもない。みんなのものだ。だから約束事をしないと、統制・管理が出来ない。国々はそういうことだって取り決めをしなくちゃいけない。低い低い周波数帯では、たとえば超長波で潜水艦から文字を送ろうすると(潜水中)、「こんにちは」だけで何分もかかる。高い周波数になればなるほど情報量は増えるし指向性も増す。マイクロフォンの音声にしたって、太いケーブル信仰があったが、今はワイアレス、即ち電波の方が純度は高い。小さなインナーイヤフォにしたって驚くべき性能、忠実性を誇るし、バッテリの持続も長くなった。

これから「道具・機械」は、どこへシフトするんだろう。だれにでも使えるインターフェイスさえあれば、垣根はない。垣根はバッテリの本質的なサイズと容量。D→A変換に伴う機材のサイズだけだ。むかしむかあし、「流星号、流星号」と愛車(愛飛行機)を呼んでいたスーパージェッターは今や現実のものだ。腕時計の送信機から自分の駐車場のクルマを呼んで玄関横付けなんて芸当はもう出来ている。デヴァイスひとつのことを思っていると無限にいろんなコトに繋がってゆく。ひとの紡ぐ音楽は感動を訴えるけれど、それにしてもこの先、機械が普通にヒトのうように演奏して同じ感動を与えることができるなら、弾き手はいらない。商業音楽はそれでいい。いままで偽の音楽だったものだって、ふつうに正しい音楽になる。なんて、のはニンゲンだけのオハナシ。動植物はなにも変わらずに久のときを過ごしておるワケで。

新聞テレビのメディアの方々にお願いします。今回は日本語のハナシ。制約や限界の問題もあろうかとは存じますが、ヒトの名前名字を漢字で記したときに、フリガナ付けてもらえませんか。ルビみたくてもいい。総理大臣も読めませんでした。お相撲さんのお名前だって暴走族読みみたいなもんです。別に全員にというもんでもありませんが、漢字では読めない名前があります。上の段落で悠久などと暢気な漢字使った瞬間「悠」という字をみて思い出しました。つい先日県内の自治体のある選挙区に立候補したお方、お名前が「悠」さんでした。読み方は「はるかぜ」だそうです。こりゃ、読めないな、って。んん、読めなくてもいいか。

2021年5月 2日 (日)

強風でござる

昨夜からの強風、本日止まず、箱根山中のライブも強風下で。アリガタイコトに雨は止んだのですが風止まず。セッティング時から大荒れの中、「OH,pasta」のみなさま、おつかれさま。ワタシャ、寒い寒い。箱根を含めて、各観光地はケッコー、ひと、ヒト、クルマ、クルマ。なんだかいつもの、例年のGWよりも多いみたいな。全体的に道そのものは空いているのですが、きまった施設の周辺が混雑混雑。そういう施設に限れば普段のGWより多い。行くところがけっこう決まっているんだな。圧倒的に県外のナンバー多く。みなさま、悪い伝染病に罹患せぬよう。食べられる場所・時間帯も決まってるんで、それ也の予想をたてて、みなさま、行動シマショ。

20210502_135421

20210502_144005

秘密(でもなんでもないけれど)の蕎麦屋は、残りが6人前というので、3人前予約して、ギリギリ間に合いました。蕎麦の写真、いつも同じようなアングルと色味。ん~、も、ちょっと、工夫出来ないモノかねえぇ。

といいながら、来週は写真と同じくこの場所で、わがFOMALHAUTの音楽会です。5月9日(日)11時、13時、14時。箱根ビジターセンターの敷地内どこで演奏するかは、来週・当日になってみないと、ワカリマセン。且つ、来週の天気予報は半分「雨」。雨なら中止。ま、そしたら、蕎麦10人前でも食べて、ゲホゲホしながら山降りて来ますワ。ウム、来週はお弁当にしようかなぁ。

本日は、なんだかワカリマセンが、「平和なニッポン」ちゅう感じ。なんだろ、この感じ。

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ