« 猫も喜ぶ。 | トップページ | 「仮定の話には答えられない」 »

2021年4月 6日 (火)

知りませんでした。

双葉がドーシタ・コーシタなんてこと、ショウガッコのリカダッタカモシレナイ。双葉の次はすっかり4葉になるのかと思ってました。

このトシになってこんなことに気づくなんてのは、世の中なんにも知らないってことがバクロされちゃうんだろうけれど、かわいいかわいい植物の芽がでてきたんで、報告報告。

あのね。パセリの種を蒔いたワケよ。順調にあっという間に双葉が芽をだした。で、暫くしたらまた2枚出てきて(十字型になって)4枚になるのかと思ってたわけよ。そしたら出てきたのは一枚で、合計3枚。その3枚目、既に「あの」パセリでした。もっと遅くにシワシワするのかと思ってたワケよ。

20210406_114305 

オマケにその3枚目は、いつも口にするときのように既にあのパセリのシワシワなわけよ。ああ、知らなかった。 
今年はパセリ植えました。あと2週間もすれば、イケちゃうワケよ。

そのツギ、「中型春菊」なるものも植えました。こちらは地上に現れた時は既にあの春菊でございました。こちらはあと1週間もすればムシャムシャとなります。

20210406_114340    

紫蘇も芽を出してます。ルッコラもそろそろだな。バジルは乾燥させたモノがあるんで、まだ、様子見。

種の袋の裏側にいろいろなコトが書いてありますが、どれをとっても原産国は、外国。外来植物の繁殖がどうのこうの、と言いますが、これってそのうちのヒトツの状態だよね。ただ有益で、生態系を壊さないから、の理由で、だあれも文句言いません。というより、生粋の国産種だけの生態系のほうが異常で、何でもかんでも混在のなかから、環境に適応したものが残り、有益なモノが「栽培」される、ってこと。5年10年のサイクルじゃなくってね。100年単位のことなんだよね。人間だって、100万年そこそこ。ボクたち、どこから出てきたんだろ。ニンゲンなんかいなかったら鳥類の天下になってただろうね。つくづく毎朝声をききながら起きて、彼らを見ると、その躯も色も動作もみんな優れてる。適応能力も兼ねている。種として最高じゃないかな。化石が物語ってオリマス。

« 猫も喜ぶ。 | トップページ | 「仮定の話には答えられない」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫も喜ぶ。 | トップページ | 「仮定の話には答えられない」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ