« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月29日 (木)

知らない人は驚く。

カミさんの事務所、知らないで訪問したヒトは、大抵驚く。というか、「あれ?何か通った?」「?」。

庭に放していればイヤでも目に入ります。窓の隣に物体。「なんか見えた?」「これ、ナニ?」

 20210425_160638

窓の外、こんなモノが動いたらそりゃあれ?って思うよね。

20210425_160624 

以前の「ろば」に、仲間が増えました。今度は「ポニー」。これで出来上がりサイズ。(遠くに映るは、山羊。)

飼い主は普通の人ですが、普通の人は飼わない。飼えない? 言うこともきくし、利口だし、なによりかわいい。

下はろばの耳。

 

まったく、どうなってんだか。

面白くないことばかり書いてたんで反省。これなら面白いでしょ。

2021年4月28日 (水)

それで、「接種」はどうなった。

再度の受け付け開始で、朝から、お電話させていただきますと、例の「ただいま混み合って~」おアナウンス。わたしゃ、これから検査ですよってに。十回以上おなじこと。検査(睡眠付き)終わって夕方アクセスすれば、今度は「締め切りました。次回は~」ですと。という顛末。これ、怒ってませんよ、呆れるということ。要するに町の対象人口にたいしての電話受付窓口が少ないのと、受け入れ体制が出来ていないのと、両方ってことですよね。選挙の時のように効率良くやるなら、【A】①、〇〇地区〇〇番地~〇〇番地は、〇日。9時~17時。〇〇公民館 ②、同じく①の地区違いで。当日これなかった方は③、〇〇センター9時~21時 とかね。【B】自治体内すべての病院と名のつく場所を接種場所にして、病院ごとの受け入れ人数を前もって告知、電話にて各病院に受け付けする。病院ごとの定員以上の場合は、即座に次々へとアクセスできるようなシステム、これは電話・ネット回線ひとつとコンピュータの処理(自治体が負担)で出来ないコトはないだろうと思うけれど。ひとによっては遠くの病院を指定されてしまうかもしれないけれど、そりゃ、シカタない。いちにちシゴトになってもシカタない。

会社休もうがガッコ休もうが、「何らかの方法」指定された日時に接種する方法を採ればいいのに、と思うよ。こちらが希望するのではなく、お上が指定をするってこと。接種のいちにち、罹患のいちにち、隔離のいちにち、入院の一日、天国へのいちにち、どれを採るかって、そりゃ、接種のイチニチを無駄に過ごすのがいちばんでしょ。その「何らかの方法」を探すのが優秀な「役所」のシゴトじゃないだろうか。

と、実際のところ、この業務に携わっているわけではないので、状況もわからないし、よりよい方法も、まったくワタシの範疇を超えているので、ただの文句にしかなりませんが、ごめんなさい。文句を言ってるのではなく、知恵絞ってほしいという懇願です。

函南町の無秩序の責任は担当者か町か国か?

昨日コロナワクチン接種のオシラセ届きました。まだその年齢じゃないぞ、と思いながらも、やあやあ、「ありがたいこってぇ」。

開封、わかりにくい書類が何通も。中の一枚は接種の券、切らずにそのままと。別の書類には「ここに貼れ」と。どっち?

予約の電話をしてください」の指示どおり電話。0570からはじまる例の?電話。おかしいなあ。0570かいな。また有料なわけ?

案内開始「予約は満員で締め切りました」と。

どういうことですか?どこそこの何時しかお取りできません、とか、調整中ですとかなら、ま、前向きだけれど、満員ですとはなに

役所に電話、「どうしたらいいですか?「あした、また受付を新たにすべく作業しておりますので、明日もういちど電話してください」と。

何のことだかさっぱりワカリマセン。

限定された人数に接種の券を送付し、ワケのわかりにくい書類を数枚、指示通りに連絡すると、満員、定員ですと。???

さいしょからオーバーブッキングなわけよ。誇大広告、約束違反、信用ゼロ。

この接種に関しては、こちらが望んだ経過ではなく、国の基準指針に従ったもの。指示に沿うように取った手順は、「混乱」

怒るというより、あきれてしまった。それから、心配。明日手続きして接種の段階で、今度は現場での右往左往が見えてくる。ソレカラなんとか接種したあとの21日後の2回目の接種に関する混乱の予想。それから、年齢で選ばれたひとくくりの希望者にたいしてこの有様なので、これが低年齢の方々に順番がまわる時の同じく混乱への予想。注射器を持つ看護師ほかへの信頼の欠如、および絶対的ニンゲンの不足の予見。明日を争う状況でこうなったらという不安。国の指針と現場の乖離。期せずして見えた「函南町のけんこうづくり課」の統制力の無さ。こんなんでいいのかしらねぇ。先が思いやられ。

ほかの市町村でこのような対応がないことを望みます。ワタシャゆっくり待ってます。

ワタシャあした病院。やりたくないような、いろいろな検査です。これは、いままでのところ、ちゃんと機能しています(というんだろうか)。明日はしらないけれど診察、予約の段階と事前の処方はちゃんと機能しています。というより、ふつうに進んでいます。普通だからなにも問題なく。

2021年4月20日 (火)

ジャガイモその2

Redullhodaroma 

HONDAやりました。フェルスタッペンやりました。ツノダは惜しくもポイントなしですが、完走。

で、じゃがいもその2

ジャガイモ皮付きのまま茹でます。出汁で茹でる。和風顆粒だしの素で結構。濃いめに。ゆであがったら鍋のまま、そのまま1日。放置。

1,フライパンに芋を手で千切って(大きくなく、小さくなく)並べて、油をひたひたになるようを入れます。(ワタシャ、オリーブオイル)

2,火をつけて揚げます、狐色になるまで、転がさない方がいい。ほどよいところで、引き揚げて、鰹けずり節をドサッと。和えます。

3,パセリなどのお好きな香草をこれまた和えて、食べ直前にお塩をぱらぱら。これで、できあがり。

フェルスタッペンもびっくりの、「ジャガイモ揚げ」。これのミソは、和風だしでゆでて味を染みこませるところです。

【Info】5月9日★箱根ビジターセンターのFOMALHAUT野外音楽会は開催します。COVID19、N501Yの蔓延下ですので、自分を取り巻く環境に配慮のうえ、薄での上着など、お好きな飲食物をお持ちくださって、ご観覧願います。声かけ、現金、商品券、肉。魚、野菜、果物、各地方の名産品、健康食品、銘酒、家電製品、文房具など受取り拒否はいたしませんので、どうぞ段ボール箱にいれてお持ちください。11時13時14時の3回を予定していますが、そのときの気分でどうなるか不明です。黄金週間の最後の休日をFOMALHAUTの音楽と風優しい箱根高原でお過ごしください。

2021年4月18日 (日)

今週はこの方々

睡眠不足になってもよかったよかった。深夜早朝新聞テレビ、「一色に染め上げた成年の主張」。一年間に世界中で一人だけが出来る栄誉なこと。そういえば世話になってる宗幸さん、彼のアマチュア時代、オーガスタにマネージャとして付き添ったことがあるのです。今でもずっと良好なお付き合いしてます。ミドリのジャケットの似合う遠いお方ですが、宗サン方面からアノ手この手繰り出せば、会える方かもしれません。ま、繰り出しませんけど(!?)。わたしゃ、この選手好きです。

Screenshot_20210414005432_yahoo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Screenshot_20210414140044_yahoo

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは、シーズンオフおよび来年からお金がもっともっと入って来そうな、メジャーリーガー。各種の成績・数字が報道されてますが、なにより立派な体躯、良さそうな性格。技術の高さ。毎年毎回、張本が彼のことを「見下した」言い方をしますが、あれも張本の芸風なのかな。隔日の感あり。あんな程度の野球選手じゃ、メジャーにはなれなかった好例。(とはいえ、日本に於いては彼の数字も一流でした。)ボクはこの選手好きです。

で、ツギは富士山。

20210409_061149

 

 

 

 

 

スコシ西に行けば、長閑な富士山。箱根の山麓、我が家から続く尾根のイチバン西側からはこんな景色。ぼくはこの景色好きです。

まったく平和な富士山。あした噴火するかもしれないけれど。だれも知らない地面の下で起きていること。専門家というかたが、よくどこそこのハナシをしますが、誰ひとり地震も噴火も予見出来ない。所詮無理なこと。何が起きても甘んじて受けるだけ。こうなりゃ、せめてワタシの残された数年?のあいだは大騒ぎせずに済めば、というイヤラシイ自分本位の考えがふっとよぎります。あちゃちゃ。

それでは、また来週。

2021年4月17日 (土)

またまたK国頑張る・頑張る

K国また噛みついてきた。核発電所の排水について。日本は日本のやりかたがある。(ここでいうのはその是非ではなく)国際的基準に照らし合わせて。そしたら、「そりゃないぜ」と。自分の国の垂れ流しはシランプリ。

そしたら今度はジャスティン・ビーバーの衣装が海軍旗に似てる、こりゃアカンと。旭日旗、いつの時代のはなしをしてるんだろ。ずっと、これ。歴代首相が替われば替わるたびに「これこれについて謝れ」と。自分の国は謝ることを知らない国。フットボールすれば、格闘技まがい。朝日新聞と吉田の例の「嘘」記事から、ここは噛みつきどころ、と、それまでなかったK流正義を振りかざす。だいたい戦勝国だといいう意識そのものがオカシイ、その気になる。K国とは戦ってないのよ。

今の首長はこんど何の罪で投獄されるのかな?なにかといえば日本叩き。オリンピック中止になったらいちばん喜ぶのはこの国。いろいろなこと、おかしいと思ってるK国民も何割かはいるみたいだけれど、いつもいつも何かあれば文句を言い始める。スポーツも音楽も「いちりゅう」なんだから、日本で稼がずにワールドワイドで稼ぎましょうよ。

っていうより、ムシムシ無視無視。すぐ取り上げる日本のメディア、もう黙ってましょ。といいながらワタシが喋ってどうするの?台湾はいい国だ。中国じゃないよ。ちゃんと独立認めるにはどうしたらいいんだろ。何処に行ったって台湾人のマナーはいいよ。ま、西洋人から見ると一緒の顔だから日本もK国も中国もないけれど。(マズイことあると、国籍を詐称する輩までいますし。)ソレカラ、東南アジアの国々はこういうK国のような日本責めをしない。N501だ、COVIDだの、わからんヤツに引っかき回されてるこの2年。なんかこう毅然とした態度をお互い取れないものかな。

じゃがいもを揚げる?焼く?

ジャガイモ〔メイクイーン)を、だいたい1cm拍子木にして、水に晒して数分。水を切って、片栗粉と強力粉(スプーン1杯くらい)で袋に入れてバサバサ。しばらくしたら、水を振りかける。(手のひらからぱっ、ぱっ〕強力粉をもう一度さっきと同じくらい投入。、股バサバサ振って。フライパンにいれて、中火~弱火。オリーブオイル投入まわしかけます。どのくらいかなあ、~多くなくすくなくもなく。じっとがまん。3分、4分後からひっくり返してまんべんなく焼きます。もういいか、くらいになったら、そこらにあるハーブ類(ローザマリイ、オレガノ、バジル、パセリ、なんでもいい。)投入。少々焦げる手前。転がして転がして、おしまい。ペーパ―敷いた皿にどーん。塩を振ります。細かいのがいい。〇〇の塩とか深海なんちゃらとか、どこそこ島のなになに。食塩は食べる前にね。このフレンチフライが美味い。今日はおっきめのジャガイモ3個。あっという間になくなりました。

 

2021年4月16日 (金)

今のまま知らなくていいこと

垂れ流すようにTVをみていると、次々に耳新しい言葉がでてきて、無学無知を曝け出す。ああ、なさけないな、勉強不足だな、常識ないな、っていろいろ。知ってた言葉がサイボーグ化した時は驚く。「まんぼう」蔓延防止のことだという。蔓延防止でいいじゃないですか。なんで略すというか、縮める必要があるんだろうか。「真逆」こんな言葉はまだ日本語にない。何度も書いたけれどこれは気持ち悪い語感がある。「はんぱない」これはなんだろ。「米国」米国って亜米利加のことだけれど、アメリカでいいじゃないですか。露国などと言う人はいないし、墨西哥に至っては読めやいあい、阿蘭陀ぎりぎり、埃及なんてのは書けもしない。で、本題、皇室に関わること。K氏およびその家族の一般的にいう借金の問題。問題あるのは当人たちだけのハナシ私たちは関係ありません。関係あるのは、どなたかという方が、どなたかと結婚するのしないの、という税金を使った婚姻、うらやましいな、国が結納金を出してくれるワケですよ。嫁だ婿だ、そんなことはどうでもいいワケです。「関係」あるのはその部分だけであとは浮いた噂のようなハナシや、シアワセのうな一家の日常を見聞きするだけのこと。こんなアホな報道を大々的にやるのはどういうもんでしょ。開かれた皇室の宣伝でしょうか。

で、二日前、小池都知事。はい、はい、わかりました、英語に堪能だということ。サスティナブルだもんね。今回は「エッセンシャルワーカー以外の方は東京に来ないでください。」という毅然とした物言い。エッセンシャルはエッセンシャル。ま、必要な方、重要な方、どう訳すかはわかりませんが「医療従事者・関係者の方」を指したコトというのは理解しました。英語でなくアルファベットで出来たカタカナ言葉を使う場合、「婉曲」な言い方や「曖昧」になってうまく収まるときと、ものごとを正確に伝えられない不透明な形容になります。自分の無知無学を知る年齢ですので、大きな声じゃ言えませんが、「これじゃ、ワカリマセン」。代わりに日本語が「括弧」であるんでしたら、括弧の中のことばで伝えてください。知らなくていい日本語を「まんぼう」したいくらいです。

2021年4月12日 (月)

本日は73点かぁ。

「2番じゃ、だめなんですか?」「うん、2番じゃ、だめなんです。」確かに2番じゃだめ。1番と、それ以外、という二通りしかないゴルフ。

英語で勝利コメント出してましたが、なんで日本語かしらん?英語使えばいいのに。イチローじゃないんで、そんなに細かいこと気にしなくていいのにね。それ以外は満点の4日間。愉しい中継をアリガト。楽な試合かと思っていた矢先のトラブル、相手のトラブル、いろいろ見せてくれたんで、寝不足気味の「マツヤマ劇場」でした。優勝オメデトウ。

 

2021年4月11日 (日)

65点かぁ。

7アンダー。いいね。あしたこのままの調子でいってくれたらいいね。10年目のオーガスタ。綺麗なコースに突然雷注意の中断。わたしゃ、起きてましたよ。再開はいつ?起きたらトップでした。あれれ。Matuyama65 

COVID19の(変種も)最中、いいねえ。だからといってマツヤマから「力」をもらうワケじゃないけれど、タノシミが目の前にあるってのは、悪くない。さあ、ごはんいっぱい食べて、中継に備えてまた寝ちゃいましょうか。中島、きのうの中継で韓国選手のことをボロカスに言っていたけれど、彼の気持ちや、環境を、少しは理解する努力も必要じゃないだろうか。自分は道具に矛先を向けたことはありませんでしたか。行為そのものは褒められたモノじゃないけれど、自分の失敗の怒りの矛先を道具にぶつけるという行為そのものは、他のスポーツにも見られる。品格という言葉からすると失格する行為ではあったけれど、ニンゲンみんなそんなに出来た人間ばかりじゃないことを中継でまざまざと見せられた二日目、マツヤマがトップに躍り出た三日目、ホールインワンの選手が霞んでしまいました。たくさんの有名な選手が予選落ち。楽しいゴルフです。

2021年4月 8日 (木)

「仮定の話には答えられない」

最近の政治家の常套句。?おかしくないですか。選挙や施行方針の中で述べるのは、過去の実績対処、現在の状況、それから明日未来の施策。明日未来の施策は「仮定」のハナシです。たとえば、「津波がやってきたらどうしますか?」「仮定には答えられません。」「増加が見込まれるCOVID19の罹患者の隔離どうします?」「仮定には答えられません」「砲火を交える可能性がありますが。」「仮定には答えられません」「今年の〇〇の達成見込みは?」「仮定には答えられません」。あのね、それじゃ、何にも答えになっていない。せめて「その仮定に答える能力がありません」くらいにして。家庭内でも、〇〇になったら、こうしましょ、とか話しますが、元は同じ。仮定です。仮定は今までの経緯・経験とこれからの見込み・推移を勘案して、より良い方向・利益を目指すための目安です。それを、わからない、言いにくい、ヒトツではない、自信がない、資料がない、予想する材料がないが為にこういう発言が質問に対してまかり通るのを見ていて、情けない方針だなと、感じます。正解・間違い、善し悪しは今判断すべきことではなく、未来、いや明日の行動を見せてくれる発言を「えらい」方には望みます。それが僕らの「仮定」に対する判断で、対処をする。何の指標もないのなら、会見などしなくていい。本当に「仮定」で答えられない事象もあるだろうけれど、なんでもかんでもこのひとことで片付けられると、これでいいのかなと思います。こんなモノを「記憶にない」発言から何十年も聞かされて、がっかりを過ぎて、「あんんぐり」をすぎて、無視を過ぎて、効かなくなる。勝手にどうぞ、になる。

マスターズ、今夜から。~また、睡眠不足になる。

2021年4月 6日 (火)

知りませんでした。

双葉がドーシタ・コーシタなんてこと、ショウガッコのリカダッタカモシレナイ。双葉の次はすっかり4葉になるのかと思ってました。

このトシになってこんなことに気づくなんてのは、世の中なんにも知らないってことがバクロされちゃうんだろうけれど、かわいいかわいい植物の芽がでてきたんで、報告報告。

あのね。パセリの種を蒔いたワケよ。順調にあっという間に双葉が芽をだした。で、暫くしたらまた2枚出てきて(十字型になって)4枚になるのかと思ってたわけよ。そしたら出てきたのは一枚で、合計3枚。その3枚目、既に「あの」パセリでした。もっと遅くにシワシワするのかと思ってたワケよ。

20210406_114305 

オマケにその3枚目は、いつも口にするときのように既にあのパセリのシワシワなわけよ。ああ、知らなかった。 
今年はパセリ植えました。あと2週間もすれば、イケちゃうワケよ。

そのツギ、「中型春菊」なるものも植えました。こちらは地上に現れた時は既にあの春菊でございました。こちらはあと1週間もすればムシャムシャとなります。

20210406_114340    

紫蘇も芽を出してます。ルッコラもそろそろだな。バジルは乾燥させたモノがあるんで、まだ、様子見。

種の袋の裏側にいろいろなコトが書いてありますが、どれをとっても原産国は、外国。外来植物の繁殖がどうのこうの、と言いますが、これってそのうちのヒトツの状態だよね。ただ有益で、生態系を壊さないから、の理由で、だあれも文句言いません。というより、生粋の国産種だけの生態系のほうが異常で、何でもかんでも混在のなかから、環境に適応したものが残り、有益なモノが「栽培」される、ってこと。5年10年のサイクルじゃなくってね。100年単位のことなんだよね。人間だって、100万年そこそこ。ボクたち、どこから出てきたんだろ。ニンゲンなんかいなかったら鳥類の天下になってただろうね。つくづく毎朝声をききながら起きて、彼らを見ると、その躯も色も動作もみんな優れてる。適応能力も兼ねている。種として最高じゃないかな。化石が物語ってオリマス。

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ