« そうりゅう | トップページ | ミスド »

2021年2月15日 (月)

三者三様

リンは19歳になりました。歯も抜けたところあり。背骨あたりはステゴザウルスのように骨が目立つようになってきました。肉が無くなった。人なつこいところあれど、気分で寄ってきたりそうでなかったり。お利口で綺麗な洋服着てます。フウチャンは17歳。顔つきはかわいいのに、色が斑で、なんだかわからない顔・カッコ。おなかがいつもすいているようで(ちゃんとあげてますよ)ミャアミャア。寄ってくるのに抱っこされるのは嫌い。マルくんはイチバン若い5歳です。この子は人が好き。抱っこも好き。寝るのはいつもベッドのワタシかカミさんの肘のあたりを枕に。基本的に猫だとは自覚なし。

お友達が作ってくれたマルくんの兄弟の「おはなし動画」。といっても口のあたりがモゾモゾうごくだけ。で、コメントが(おしゃべり)入る。そのコメントの一部がなんとも言えない。コメントしてるのは飼い主ですが。マルくんの兄弟はウタ・チャンといいます。

で、「マルちゃん、元気?可愛がられているってきいてるよ。」・・・「よかったね、わたしたち、拾われてきて。」と、来る。この「拾われてきて」が、なんともいえない。確かに拾ってきた、というか、捨てられていたのを持ち帰ったのですが、う~ん、拾ったわけじゃない。彼らにしても拾われたわけじゃない。連れて来られた、程度かもしれない。そのまま、野山のノラネコになっていたかもしれないし、たべものも恋愛も自由にできて広い街中のさばっていたかもしれないしね。ここにいるのと、そうでなかったのと、どちらがシアワセかどうかわかりません。さほど広くはないマンションに一緒に暮らしているし、食べ物もバリエーションに富んだとはいえない環境。そんなこんなだから、三匹とも大切にしているし、面倒だってたくさんみてる。病院も行くしね。でも「拾われて」来た猫。いろいろ考えさせられるコメントいただいたばっかりに、気になるお言葉になりました。

そしたら次は、「きょうオリーブ先生の所行った。血ィ、採られた。」と。「何でも無かった」と。またまたいろいろ考えさせられた瞬間あり。

猫との暮らしは愉快です。部屋に戻れば、迎えてくれる。抱っこすれば、すやすやする猫。飼い主にとっては、ホントに嬉しいものです。

猫の気持ちはわかりませんが。20210203_104949

 

 

 

 

 

 

« そうりゅう | トップページ | ミスド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そうりゅう | トップページ | ミスド »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ