« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月23日 (土)

雪、関東甲信は・・東海は、、、

の、アナウンスがされております。いまは、雨。気温がたかいので積もることはなさそうです。クルマはスタッドレス履いてるし、もしもチェーンも積んであるので、よほどのことがない限りはどこでも出かけちゃいます。といっても降雪地域はそんなに広くない。オールシーズンタイヤはヒジョウに気持ちを持っていかれるのですが、いまいち、凍結に不安ありで。箱根に行くことがあるので、やはり、こっちかな。箱根はいきなり北国ですので。といいながら今年はまだ一度も登ってない。COVID19の為。世界じゅうがこの足枷はめられて四苦八苦。オリンピックじゃないよね。っていうか、4年伸ばしにできないのかねえ。(2024になって状況が変わる保証はないけれど)世界選手権と名の付く競技会があっても、やはり、オリンピックなんだな、アスリートのみなさん。

これからの大会の競技にブレイキングというカテゴリイがあるのを知って、いったいこりゃ、なんじゃい?と。ま、ダンス(?)なわけだけれど、こういうモノがあるのが釈然としない。印象中心の競技だから。数字に表れる競技がいちばんわかりやすいのにね。スケートのフリーだって似たようなもので。

暮れにCDを出したシンガーのジャケットに、とんでもないものが使われていて、びっくりした。担当者は「ふふふ」とは言っていたけれど、これだとはつゆ知らず。自分でもいつどこで使ったか記憶にない。撮影場所はわかってますが、

いったいどこでこれを探してきたのか、マホウのスタッフでした。Dsc_0061  

2021年1月17日 (日)

hPa

天気予報をスクロールした下部に住居あたりのデータがあるんだけれど、スマホを手にして以来気になっていたことがあって「おたずね」をしたらご丁寧にお返事いただきました。(たいしたことじゃないのですが)ウェザーニュース社の方、ありがとうございました。

気になっていたのはこの画面のある数字だ。Screenshot_20210115182120_yahoo

気圧が956hPaと表示される、これって、台風が来てるの?くらいの数字だ。で、訊いたら、「指定された地域の海抜0mの気圧」とのこと。「お住まいの地域の標高ほかに左右されることがあります。」あ、そうですか、、と、納得したけれど、半分納得してない。内陸部の平野で約1000hPa、で、ここ、標高150m程度の場所で気圧が50hPaも違うのかなぁ。ま、富士山頂は600hPaくらいだから、そう言われると、そう、かな、と。今度、950hPaの台風が来たら見てみよう、900hPaくらいを示すのかなあ。

雪はなくても富士山

いま、石川佳純が全日本決勝を勝ったところだ。卓球がこんない面白いと気づいたのは、この間のオリンピックだった。それまでは、ただなんとなく見ていた競技だった。5年ぶりらしい。美誠ちゃんもお見事、準優勝。美が名前に付いた選手が多く、実力は伯仲していて、実に愉しい。個人競技がいいと思うのは責任の所在がはっきりしていることだ。ティームで戦うと、責任の所在があやふやで、またひとつずつのプレイがその前後に全部結びついているから、なんだかどこまでが、その実力か不明な点が、個人と違うおおきなところだと思う。まずはおめでとう、カッコ良かった。判断力の早さと対応する攻撃の選択、これが0.5秒もないような状況下で展開する。なにより競技そのものが速い、わかりやすい。

あれ、ゴルフの松山、ハーフ28で優勝争いに、などと聞くと、ホントにすごいなと思う。ワタシャ、ハーフ50点ですから。(比べル方がオカシイ。)こちらのイシカワ、がんばってね。若手の男子プロ、あなただけのような感じですから。

先日の江尻生涯学習交流館の帰り。由比から富士山がきれいだった。由比あたりは東西交通の要衝、狭い土地に国イチ、旧国イチ、東名、JR,新幹線が集まる場所だ。たかだか幅150m程度の場所に、これだけのものがあることがすごい歴史だ。これが要因ではないけれど、新東名や新しい幹線鉄道が必要とされたのは当然だ。  リニアはどうなるのかねえ。

20210109_160749_20210117145101

 

 

いままでの40年間、土曜日曜はどこかに行っていたのが嘘のようだ。歳のことや仕事の内容や取り巻く昨今の環境のせいもあるけれど、毎週家にいるというのも、なんだかヘンなきもちだ。どこか、出かけたいな。

2021年1月12日 (火)

1月9日清水

江尻生涯学習交流館のコンサート無事終了しました。

COVID19の最中、各方面で中止・延期の開催が報告さrておりますが、こちらは「安全対策をしっかりして、可能な限り文化芸術活動を支援していきたい、」との、館長の判断で開催されました。ありがとうございました。前2週間くらい、開催の可否について、やきもきしておりましたが、結果、奏者にとっては良い方向へ進みました。もちろん今後もこのような判断を現場ではしていくことになろうかとは思いますが、臨機応変の対応をみなさまとともにしていきたいと思います。

通常の4分の1の人数制限のなか、その人数とは思えないほどの温かい拍手をいただきました。今回は古関 裕而・筒美 京平両氏の作品をとりあげてのプログラムと、季節の歌などを織り込んだ構成でお届けしました。ソレナリの編曲を与えて古庄、磯部との3人のサウンドが会場を埋めました。

もちろん、いまのところ来年の催しものの内容は未定ですが、また何かのきっかけで、「それなり」のタイムリイな音楽に接するコトが出来ればと望んでいます。

みなさま、ありがとうございました。

2021jan

2021年1月 7日 (木)

清水江尻生涯学習交流館

恒例の新春オカリナコンサート。今年は諸状況を鑑み、定員あり、告知ナシ。リクエストなし、換気あり。休憩あり、の下での開催です。今年は、依って、「いらして下さい」や、「お待ちしてます」の台詞はナシ。

今日夕方緊急事態宣言が出されました。たいへんだな、政治家、役人。状況の把握と将来に於ける過去の清算を一緒にしなければいけない。でも予防を重ねることに異論はありません。もっと強い強制力を持った宣言、条例が敷かれても文句の言えない昨今でした。また国民もいい加減な気持ちのままな冬~年末を過ごしたツケがまわって来るのは仕方ないことです。

ユキチャンの家のシェルくん、亡くなりました。ウチのリンちゃんももう同じ歳で18年生きてます。ニンゲンなら100歳くらい・足腰弱って認知不全ありです。あとすこし、も、すこし一緒にいようね。それに比べてワカモノのマルくん。走り回って疲れたら、グーグー。ことしもよろしくおねがいします。20201229_152002

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ