« 悲しい景色 | トップページ | covid19 follow »

2020年3月27日 (金)

COVID 19 follow

イタリアの惨状は報道の通り。ローマの妻の友人にメールを送ると、まあまあ!明るい返事がきました。北イタリアとローマは離れていますから、それぞれ違うところもあります。彼女は「元気にやってる」と。いろいろな国、住む場所、立場、環境など、国・人、みな違いますが、なんとか、収束してほしい悪夢です。

今までは私信ですので、このようなこと、紹介したことはないのですが、今日は彼女の文面をそのまま引用します。

Ciao Age and Yoshie. We are glad to hear that you are fine, all of you. We are fine too, relaxing all day long, listening good music and eating tasty food. By the end of this lockdown we will be all fat and relaxed! The positive point is that now there is no pollution, the nature is having a rest as well. The air is clear and clean because cars are not running. In these days if we have a look at the city center by webcam on internet we can see ducks bathing in trevi fountain and in some other famous fountains of Rome. In Venice there are even dolphins swimming in the water channels. Thank you for your e-mail, gambarimashou. Nihon ni mo gambatte kudasai.

We send you a picture of Spanish steps taken one week before the lockdown. The country was already alerted so almost nobody was around. The rainbow is a sign of good luck, as you know

Maria-mar-27

数十万人単位の罹患者、多くの死者が出ている今回のCOVID 19 については、いまやすべての人が罹患若しくは罹患予備軍、困惑、困窮、閉塞を訴え、未来の見えない境地にあって、そして明日は我が身、どうすべきを探っているのが現状です。物がなくなるという不安が「買いだめ」をおこしたりするのは当然のことで、「待て、やめて」など言われても、実際、購入願望を消すことは出来ないと。自分も体の片隅にある。声高に叫ぶメディアの方のなかに、買いだめはしていないという人、ゼロじゃないはずです。どうしたらいいのかわかりません。ただ悲観的にはならずに、いつもより、健康的な衣食住生活をすごすことしか、アリマセン。少しでも危ないと思われるものやところに近づかない、くらい。

メディアは報道の度にに全世界での罹患者の増加を伝えます。僕はここに何か書くたびに、状況が良くなっていることを望んでいます。それから、神様はどこかにいるんだろうけれど、今回は神様の登場がないことがわかりました。

« 悲しい景色 | トップページ | covid19 follow »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悲しい景色 | トップページ | covid19 follow »