« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月28日 (火)

とっておきの昼ごはん

「山のホテル」の風花膳。期待しなかった蕎麦が旨い。ほかのものも勿論旨く。まとまった質の高い昼ごはん。

Dcim0276
を、食べるコトになったのは、
Dcim0269
27日日曜、17時前、湖畔はは若干冬の国。
目的地に駐車。おシゴト。
3時間後は北国。風びゅうびゅう。吹雪ってヤツ?
こら、帰りがアブナイ。ってんで、そのまま宿泊。
Dcim0270
上記のような景色が展開されるワケで。20㎝位積もって。
ゆっくりした朝、いろいろ済ませて、「山のホテル」でコーヒー。
どういうワケかそのままランチに突入。
ぽっかりイチニチが過ぎてしまったのでした。まる。

BMP

25日、なんだか、懐かしい人たちに会う場所のようになった感アリの、BMPライブ終了しました。あっちこちの曲やら和気わからないMCなどの入り乱れたライブでございました。シンガーの花岡さんがきてくれて、急に打ち合わせもリハもない曲をふたりで。あれあれ、覚えているもんで。イントロ2小節余分に弾きましたが、問題はなく。不思議なタイムマシン効果。急に30年前の絵が浮かんでくる。まずいな、このカンジ。やめられない、っちゅうか、続けたいカンジ。~のライブでした。チャンチャン♪ 同じく野田さんのギター、懐かしいギブソン335の音聴いちゃいました。こちらのカンジもまずいまずい。たまに聴きたいカンジ。今度はリーリトナーいっしょにやりましょ。♪

2020年1月23日 (木)

♪きぃよぉしぃ、こぉのよるぅ♪ライブのお知らせ、いくつか。

♪さて明後日25日は東京BMPのライブ。いつもどおりの高齢者オッサンの集いです。若干名の余裕はあるようですが、若干、若干。一応譜面は書きましたが、あってもなくても、まあやっちゃうので。とはいえ、秘密のアレンジとむずかっしいところも少々あります。日曜に雪が予想されているので、東京どうなるんだか。ま、行ってきます。で、で、で、日曜は箱根、雪です。

♪2月3日は「松韻~せせらぎ亭」での観梅ライブ。FOMALHAUTでの出演です。昼。45分2回勝負。勝ち負けなし。通路が狭いので、お気をつけていらしてください。

♪3月20日の「BLITZ」のライブも順調に準備進んでます。(なんの準備?)

武漢(ウーハンと高校で習いました。こう読みましょ。現地のVに駅が映ると、ちゃんと、ウーハンと書いてあります。)からの悪い知らせが世界じゅうに広まっています。不都合には隠蔽をする回数が多い国なので、様子がどこまでどうなのか不明ながらも、認めるのは認めているみたい。

と、雑誌を去年ですが捲っていたら、、、8分の6で書かれた譜面を見た。「きよしこの夜」。グルーバーが作曲したその日に作詞者が書いた譜面だ。何気なく見ていたら、8小節目が左下にあって、問題は次の9小節めだ。キーはDなので、「ミ、ミ、ソ、ミ、ド#、レ、ファ#」が、普通うたわれているけれど、「ド#、ド#、ミ、レ、ド#レ、ファ#」と書かれている。あ、ホントはこうなんだ。オリジナルはこうだったんだ。かなり判別しがたい譜面でごめんなさい。で、だから、どうだ、こうだ、って問題じゃなくて、この先もいままでどおり弾くんだろうけれど、ネタにはなるな。

Dcim0248

♪井上靖の文学を主体とした伊豆市のイベント「ふるさと文学」に、またありがたく参加することになりました。天城会館でのライブもありますので、どうぞ。2月16日13時から。天城会館。問合わせは伊豆市役所まで。

2020年1月17日 (金)

ブツブツ言う

これでもか、これでもか、と、イルミネーション花盛りの施設の宣伝がなされて。どこそこが100万球。・・・どこそこが、どれだけの広さ。なに較べてるんだろ。なに自慢してるんだろ。無駄な電気使ってさ。設備投資にたいしての見返りは、企業・施設自体の収益問題だから、集客数が多ければ多いほどいいのだけれど、意味がどこにありますか。しかし、あんなもの見て「感動」したり、「きれい」だと思うんだろうか。じゃ、うちもやりましょ、ってゴーサイン出す企業・施設。っちゅうより、なんか子供の塗り絵みてるような気がしてならない。ちょうどNHKの紅白歌合戦の演歌、歌謡曲演出のようなソレ。「いいなあ」「きれいだな」「ここにいたいな」、そういうジワジワした感動を煽れる演出は、この類の照明じゃないよね。

廃炉にかかった費用がすでに30兆円を超えて。助成金、保障費用、「袖の下」、みんな闇の中、計上されず。永遠に延々と減ることのない経費。こんな困ったパンドラの箱を開けた犯罪者はごまんといるのに、だれも犯罪者の顔を見せない。原子力発電なんて手を出しちゃいけなかった。外国の偉いおっさんと会って原発の輸出しましょ、って約束する日本のオッサン。乗る企業。ババつかまされた東芝。小さな国からのお返事は「やっぱり要りません」って。結局ナシナシ。だれを守るために電力事業はあるのだろう。

電気には、これを書いている今も、、世話になっている。無くてはならない。生活のベースが電気だ。安全な方法でみんなが利益を享受出来る一番の方法を政治家はしっかりと提言実行しなければいけない。税金の使い途を司る人は利口な人じゃなければいけない。

2020年1月15日 (水)

新春オカリナコンサート

無事(じゃなければ困りますが)に終了しました。今回もリクエストにお応えして。ちゃんとアレンジ(ヘッドだけれど)してリハーサルもするのですよ。FOMALHAUTはの普段のリハはというと、3分の2くらいが打ち合わせやアレンジ曲順,構成。あとの3分の1くらいが音出し。ふたりのバンドなので、構成=アレンジ、アレンジ=演奏みたいなもので、個人的な「アーティキュレイション」は本人任せで、肝心なのは、「合わせるタイミングや1曲の起承転結に関しての確認事項なわけ。あとは本編と関係ない曲をやっています。が。今回はジンさんと一緒なので、一応頭からお尻まで。

当日はちゃんと0845に開館に入って、ミナサマお迎えの儀式があるのです。大きな会場でのコンサートは搬入、電源、位置決め、フツーはこのあたりで照明渡しですが、ありませんので、・・・ない。回線チェック、サウンドチェック、モニタ決め、曲リハ、ラッシュ、軽いランスルー、などが儀式であります。

で、こんなカンジ。Dcim0261

簡単でしょ、といっても、結局、2時間くらい必要で、なんじゃらかんじゃら、スタッフを兼ねているので、時間かかります。ワタシの今回の陣地はありがたいグランドピアノと、鍵盤1シンセ2の普通所帯。モニタは相変わらずのL1なのでPA兼用。

で、、お着換えして、ミナサマお待ちし、よおいドン、です。今年もアリガトウゴザイマシタ。百数十名サマのおかげで、来年も出来そうです。

帰りはおヤクソクの蕎麦(誰がヤクソクした?)やっぱ、これが一番でしょ。で、「ふるさと」へ。ここは飲み屋みたいなメニュウが並ぶ店ですが蕎麦屋。1730の開店に合わせて、来るわ、来るわ、予約のお客さまも含めて、あっという間に店内30人ほど。満員満員。外には次のカタガタが控えて、ってくらいの人気らしく。しっかりした麺と優しいカンジの出汁。音楽、蕎麦、肉、グミ、この4点セットで今年もまいります。

2020年1月 8日 (水)

今年もよろしくお願いいたします。

Chuuchuu 2020年になりました。もう一週間経つけれどね。

                             皆様今年もライブにおいでください。

 

さて、FOMALHAUT 今年も清水から始まります。

♪ 「新春オカリナコンサート」・・・1月11日土曜 13:30開演 清水区江尻生涯学習館

               ♥ゲストに磯部仁さん迎えて。

♪「桃金桝平」1月25日土曜 文京区春日Bar My Place 19:30開演予定 

 「レギュラー」箱根は変わらず週2~3度出没します。天城は不定期ながら土曜日出没。