« tokyo olympic games | トップページ | 2018年のヤオコー川越美術館 »

2018年7月21日 (土)

EUROPE

黒いヨーロッパが停まっている。これだよね。白でもいいけれど。

ボクがロータスが7好きなのは、たったひとつの理由だ。生沢徹の信奉者だからだ。
ポーシェが全盛の頃。印象的なのは、200㏄に対抗した1600㏄0のロータスで3位入賞したあの生沢の1971GPがわすれられないからだ。
ヘルメットに鶴のマーク。赤色で。反骨のひと。福沢、桑島、風戸みんなi逝っちまった。富士の30度バンクのある6kmのコースは、あそこにむかっていくあの時代のスターたちが眩しかった証だ。そのスターが駆っていたロータス。ボクは実際にはLOTUS47GTという車をフィードバックしたロータスヨーロッパを知ることになるんだけれど、それ以来ロータスの言葉が離れない。
イギリスのバックヤードビルダー。Eの付く車の名前で通してきた。エラン、エスコート、エリート、エクラ、エスプリ、エリゼ、イクシージ、エヴォラ。みんなすてきな車だ。

« tokyo olympic games | トップページ | 2018年のヤオコー川越美術館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« tokyo olympic games | トップページ | 2018年のヤオコー川越美術館 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ