« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月28日 (木)

満員御礼

24日の記事で、「空席があれば・・」と。申し上げましたが、ごめんなさい。満員で抽選、締め切りとなりました。また、・・・といっても、年度ごとに違う場所(都道府県)での開催になりますので、今回の企画は本当に「これっきり」の企画です。残念ですが、ご了承ください。

こちらは、まだ大丈夫のようです。
「観月会」10月4日。
Bannershop_15

2017年9月26日 (火)

J's memorial party & FOMALHAUT

24日、メモリアルの音楽会を静岡で開催。無事終わりました。関係者の方々、オツカレサマでした。またやりましょ。

さて29日は久しぶりに東京へ。「久しぶり」という言葉がなんだか、久しぶりですが。10月8日の「川端康成文学イベント」の顔見せと打ち合わせで。まあまあ、お歴々の方々ばかりですので、若干緊張をするかも。
10月1日は一路北川辺へ。ソロのコンサートでございます。お近くの方は「北川辺文化学習センターホール、13時」からとなります。問い合わせは加須市立北川辺公民館0280-62-3224です。特別な申し込みは不要ですので、散歩のついでにフラっとどうぞ。
10月4日は三島市佐野美術館隣接「隆泉苑」1730開宴の「観月会」です。サキソフォンプレイヤーの川島麻友美サンとデュオで懐かしい歌をすこ~し。問い合わせは佐野美術館へ(055-975-7278)。
で、で、で、8日は、伊豆市民文化ホール13:30開演、日本ペンクラブ主催になります「川端康成の伊豆」のイベントです。すでに抽選は終わっていますが、ひょっとすると空席があるかもしれません、伊豆市社会教育課にお問い合わせください。0558-83-5476まで。
先日衆議院解散選挙というこれまた一大イベントが決定。カナシイというか、ドウシテかな、という気持ち、毎回のことながら。またお金がいろいろと動くわけで。4年の任期を全うし、その4年間の動向・成果・活動の報告と、新しい目標を社会に問いかけるのが、議員の役目。ご婦人の日常の言動やオトコとオンナの関係など、本人たち以外にとっては、どうでもいいことで、税金の使途を決める方々がそれに対する取り組み・姿勢や国にとっての利益を詳らかにすることがイチバンなわけで。
雲の上を子供のけんかのような口撃が飛び交う太平洋の西東。雲の下のニッポンは、失敗してヘンなモノ落とさないでね、と、オネガイ。「強い抗議」ばかり強く言ってます。
25fomalhaut
秋の★、フォマルハウト。大きな大きなリングを持って25光年のムコウから。

2017年9月19日 (火)

説得力

しばらく書くのをさぼって(いつも?)いたので、きょうはふたつめ。

時々行く蕎麦屋が丹那にあります。が、特別どうこうとは思っていない蕎麦屋で・・・。イママデは・・・。しかし、しかし、
2017090911250000
「普通においしい蕎麦屋」が「ウマイ蕎麦屋」に変身したのは、その蕎麦屋のトナリの蕎麦畑を見てしまったから。こりゃイカン。目が「うまいぞ」、なんて言うもので、ウマイ蕎麦屋になりました。イー加減な評価。・・・「ほし~、みっつぅ。」

テカポ湖

オトモダチのY嬢、一路ニュジイランドへ。世界で一番美しい星空の見える町への旅。こちとらシロウト。予想はつく、ので、きっと、ジッサイ、予想以上の星がみえるんんだろうな。お土産話をたくさんきかせてね。

どこの国どのまちでも、星空見るには照明が邪魔だってこと。それとは直接関係ない話ですが、その照明器具を使ったいろいろな施設のイルミネーションとかライトアップとかいうシロモノ、どれも不必要なもの。きれいだなって思う部分といらねぇじゃん、という部分とで後者が勝っているので、軍配は不要論で。照明がもたらす美観は実感しています。問題は規模を競い合うこと。どこが素晴らしいのかわからない。昨日見た仙石原のススキの穂が(野山いっぱいの)照明よりもきれいだとおもうけれど。
「りれい・ふぉー・らいふ」。今年も長泉終わりました。台風のサナカ。偶然にコースが北寄りにずれたので、会は中止にはならずに縮小というかたちで催行されました。FOMALHAUTは、いつもどおりの演奏をしばし。

2017年9月 5日 (火)

引き続き~チラシ

★10月4日は三島市・佐野美術館友の会のイベント

             「月見の宴」雨天決行。(三島の秋2017参加)
三島市佐野美術館隣接「隆泉苑」にて「月見の宴」。1630開場1730開宴。
本年はサキソフォンプレイヤーの川島麻友美お嬢様とのデュオ。
お問い合わせ・入場券販売所は下記まで。おいしい「松韻」さんのお弁当がついています。
 
お茶席もご用意しております。一服のあとのお弁当、音楽で、おたのしみください。
☎佐野美術館 055-975-7278   お食事処「松韻」055-973-2678
または友の会を通じての予約となります。 
★10月8日は「川端康成の伊豆」イベント。
            裏面の出演者紹介のチラシがありますので追加。
Photo
お歴々のかたがたと一緒に、文学散歩のお手伝いをします。

2017年9月 3日 (日)

満員必至10月8日

などとタイトルをつけましたが、きっと…。

  というわけで、10月8日、わがFOMALHAUT が出演参加する大・大・大イベント!の
  伊豆市での「ふるさと文学2017」詳細が決まりましたので、御伝えします。
日本ペンクラブ企画「ふるさと文学2017」
   1部 映像ライブ「赤い薔薇の目になって」
        脚本構成:吉岡忍  映像制作:四位雅文   人形制作:山本高樹
   2部 朗読 
         川端康成 「掌の小説」より 
        朗読:樹木希林
   3部 座談会「川端康成の伊豆・日本・世界」
        浅田次郎、下重暁子、野中柊、ドリアン助川、稲穂照子、宇田治良
   4部 ライブ「川端康成の伊豆/印象曲」
        FOMALHAUT: 古庄由喜子、下山英二      
  10月8日㈰ 開場1300、 開演 1330 終演 1630予定。
  入場無料 ~ ですが、下記。
   参加ご希望の方は、往復はがき、メール、FAX(形式自由)に
   「川端康成の伊豆参加希望」と記し
   氏名・郵便番号・住所・同伴(1名まで)を明記し、
   4102592 伊豆市八幡500-1 伊豆市社会教育課
   まで、お送りください。
   9月25日必着(応募者「多数の場合は抽選)
   電話: 0558-83-5476
   FAX: 0558-83-5498
      メール: bunka@city.izu.shizuoka.jp
このようなイベントに参加できることをたいへん嬉しく思います。では当日お会いしましょう。Img20170903_17140500