« 中国万歳ですか? | トップページ | マエカワ見栄晴 »

2017年6月17日 (土)

シゴトの手順

吉岡忍先生から、早速台本が届きました。

といっても何のことかお分かりにはならないことで。
10月8日に修善寺で開催される「川端康成の作品・世界」という文学談義・講演・音楽の複合イベントの台本です。打ち合わせのあ、なんと、数日で手許に送られてきました。
これを書き終えたらそちらに移ろうと思ってます。
このイベントでは、わがFOMALHAUTに白羽の矢(?ふるーっ)らしきものが立ち、いろいろな意味で音楽を担当することになっているワケで。
しかし、センセ、やることが早い。「ヌカリはない」の体。さぁ、といったら、その瞬間に一本の筋道が見えているんだろうな、と。経験もさることながら、「作品(イベント)」を導く手際に見習うべき点が多く。ドンドンやろう、っと。
追って、イベントの詳細を反映します。待っててね。

« 中国万歳ですか? | トップページ | マエカワ見栄晴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国万歳ですか? | トップページ | マエカワ見栄晴 »