« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

one by one

夏が来て。ここ標高150mほどの山は若干以前の平野部よりも涼しく。風の通り道を確保すると、お約束通りの風が流れ。来週から「暑い」の予報。先日、家に戻ると来客。Tシャツにサンダル、何階の人かな?と思えば、東京からの設計士。聞けば、「沖縄に新築する100室のリゾートホテルの設計のための視察」でと。傾斜地の環境に即した段状の躯体とその意匠のおおまかなデッサンの勉強で」と。なるほど、それでここ?  僕が今住んでいるところは、菊竹清訓の手によるもので、圧倒的な規模・計算された形状は、40年も前の設計とは思えないほどサスティナブル。若い設計士との話はその後も続き、(web site では彼の事務所の多くの作品がリストアップされて)ソレデハ3年後に招待状をいただく(笑う)、という結論に達し、別れました。(その後は近くのやはり傾斜地のマンションとその斜行エレベータを見てくる、と。)

多くの夢や希望を表現する一枚の紙が、これからその紙に関わる多くの人の幸せを具体化するという設計士の器量。愉しい仕事だと実感し。
さて我が家、布・紙・発泡スチロール。この三つの素材でできた各々のベッド。三者三様、夏はヒトリににひとつづつのベッドにて、お昼寝のようです。
2017062512410000

2017年6月27日 (火)

あ、これ、ここ。

このホール、いい。

聞けば、三分一愽とのこと。氏の事は、好きな建築家の一人でもあり。
「直島ホール」。客席はフレキシブル。椅子でも座敷でも。サイドは風の通り道。上部は吹き抜け。自然のサーキュレイション。
笛と残響を調整した電気のピアノ、シンセなら、非常に高い解像度をもって客席に音を届けられると思う。見ただけでそんな気がした。このすぼまっていく天井付近に一つスピーカーを配すことができたら、願い通りの音場ができるかもしれない。
Photo

2017年6月24日 (土)

グミ好き。HARIBOも。

少し離れた輸入食料品店には、この辺りでは珍しい食品を取り揃えており。HARIBO の グミが20数種類あって。  この類のお菓子、特別おいしい、とかはなく。でも、ムニュムニュした感覚が好き。

本日は季節柄ということで「HAPPY CHERIES」。隣の皿には「佐藤錦」が、デン、と居座っておりますが、本日は、ハリボ、大好き。
2017062415090000

2017年6月23日 (金)

J alert

J alert、どこかの国の爆弾が着弾することを想定しての避難訓練、の報。ちょっと、ちょっと、これは戦争そのものじゃないか。そのどこかの国と平和の祭典 OLYMPIC GAMES を共同開催しようと考えるヤカラ。ところで「ジェイアラート」ってコトバ、なんか、変だけど「ふつー」に、緊急避難情報とかじゃいけないの?

ドイツをはじめ、各国が脱原発の方向を打ち出している今、再稼働や、後進国と呼ばれている国々は電力欲しさに原発を建設する。それを輸出するのはアメリカや日本だ。東芝はババ掴まされて赤字の体。「電気代が安くなります」が嘘だと、どうして言わない?
メガソーラーを建設しようと計画すれば、頭から反対する住民。歩み寄りできない?
原発や基地の存在ありきで生活の糧を得る人間が口にしない施設の連鎖。
ゴミ処分場にした瀬戸内の島々を綺麗な島に戻して、文化・観光を確固たる素材に変えた政治・住民。音頭とりの周到さ。すてきだな。
天下りの不手際、トップでの憂鬱の矛先を、職を辞したあと、「告げ口」するヤカラ。
たしかに金はあるけれど、たかが、地方自治体の選挙に国政を持ち出す政党党首。
一生タンクを作ったって作り足りない福島。作る先から錆びてゆく。先を読めない国の行方や税金や、世界情勢を無視して何万年も危険物を押し付ける。百年持った国家すらない。誰が管理する?。
百万円を返しに と、ハゲおやじ。表と裏だけ真札であとがフェイク。やるなあ。今度はなに?
マイホーム。35年も払うんだぁ。それじゃ問題あっても転職出来ないね。
で、だから、結局、なんでもツケはみんな未来に。清算の手段もなく。
一流役者の妻、若くして逝去。日本じゅうが訳知り世話焼き親戚おばはんになって。
知らなくていいことを知るようになり、情報という名の喧騒が小さな端末で蠢く。知っているつもりでも知らないことは山ほどあるのに、それに気が付かない「物知り」というヤカラ。
なんのこっちゃ、わからなくなりました。

aji-sigh

紫陽花を見ると花火を見ているような気持になる。

Yjimage
面倒くさい環境が多々生まれるので、この際、エイッとばかりにCPUを、i7-7700に格上げした。これでしばらくは(2,3年?)問題はないだろう。
先日、「健康ウォーキング」というお題目で、パークゴルフへ。
!!!!!!!!! ちょっと、ちょっと、聞いてくだされ。 
パー4で、「アルバトロス」でっせ。!!!!!!!!
そりゃ、たかがパークゴルフではありますが・・・すーっとカップに消えていく軌跡は奇跡でございました。未だ、なんのパーティーも開かれておりません。どこからかの賞金の報せもありません。

2017年6月18日 (日)

dynamite body

朝、いただいた、山梨のトウモロコシとヤングコーン(そのまま芯まで食べる)をいただき。                    
                             甘い甘い。
2017061817160000
こちらは、たまねぎ。  
 
昨日届いた玉葱。たまねぎ、玉葱、タマネギ。
あまくておいしい淡路島産のタマネギ。料理の味が変わる玉葱。
2017061816490000
いくらあっても困らないのは、玉葱・ジャガイモ・大根。いっそ、ひとつの茎かなんかに全部ついてりゃいいのに。

2017年6月17日 (土)

HONDAの誤算、松山の勝算。

マクラレンはホンダとてを取り合ってゆくんだろうか。ホンダはほかのティームにエンジン供給するんだろうか。マシンの規格はまたころころかわるんだろうか。3年目くらいからは優勝候補の一角に挙げられるもとを望んだんじゃないか。「フツウ」にTVでF1を視ることが出来なくてネットの配信で少し遅れて見る録画の隙にインディでは日本人が優勝していた。

死ぬまでに一度行きたいモナコグランプリ。いやいや、行きたいところはたくさんあるさ。でもこれは格別。金のかかったオアソビのようなショウだけど、本気モードも存分に。

かと思えば、本田。ミランに入団した時の勢いはなく。ただ、僕はびっくりした、いつかの予選での長い長いシュート。日本人でこんなひといるんだぁ、と感心した。けれど、こっちも誤算。
松木さん、フットボール=テレ朝の中継の「解説」辞めてくれませんか。いらイラする。いっそ音声消そうかと思うけれど、そうもいかず。
今朝は松山選手、アメリカオープンでバーディーラッシュときた。いいぞ、おお。こっちはスカッとする。イケイケイケ!
17baht2vanxpb1764x510

マエカワ見栄晴

久々に「見栄晴」を見たと思ったら、「偉い」人でした。
政治家の「ヨロシク」も、一般団体の「ヨロシク」も、「忖度」(はやりのコトバになりました。)という観点からすれば同じことで、優遇や厚遇が受けられると期待するならば、挨拶、お願いしたほうが良いのは当たり前。これは全世界でまかり通っていることだ。よしよし。
役所は役所で、その取り計らいの優位性や重要度で仕事の配慮をするもので、ちいさなこと(利益が個人的なこと)や後回しにしても問題ないものは、そうして、処理され。長いものには巻かれたほうがいいのです。
さてさて重要な法案をサササとゴリゴリと、無茶クチャに、通してしまうほうが問題ではないですか。
問題はどこにありますか。みんな秘密にしなければいけないことを秘密にしなかった人がいることです。そりゃ、まずい、と感じたことを嘘だということです。
結局元気な見栄晴?を拝んだだけ。
あほらし。平和なニッポン・ちゃちゃチャ。
あ、ソレカラ・・・どこに市場をもっていこうが「東京都」のハナシ。ですよ。自分の国のハナシじゃありません。ア・ホ・ら・し。

シゴトの手順

吉岡忍先生から、早速台本が届きました。

といっても何のことかお分かりにはならないことで。
10月8日に修善寺で開催される「川端康成の作品・世界」という文学談義・講演・音楽の複合イベントの台本です。打ち合わせのあ、なんと、数日で手許に送られてきました。
これを書き終えたらそちらに移ろうと思ってます。
このイベントでは、わがFOMALHAUTに白羽の矢(?ふるーっ)らしきものが立ち、いろいろな意味で音楽を担当することになっているワケで。
しかし、センセ、やることが早い。「ヌカリはない」の体。さぁ、といったら、その瞬間に一本の筋道が見えているんだろうな、と。経験もさることながら、「作品(イベント)」を導く手際に見習うべき点が多く。ドンドンやろう、っと。
追って、イベントの詳細を反映します。待っててね。

2017年6月 3日 (土)

中国万歳ですか?

「オデッセイ」と同じことが行われるのは中国のマーケットを意識してのことだろう。

映画は「メッセージ」。エイミイ・アダムスのそれ。突然の来訪者とのコンタクトに挿入される彼女の人生や学問がインサーションされて、数ある劇的な瞬間を支える要素を構成する。ウマイ造りだからおもしろい、面白い。さすがに日本映画と違う。画面にリアリティがあるし、脚本もいい。カメラの一番手前にちゃんと人がいるところからはじまって・・・・・ところがどうだ、この映画につきもののクライマックスの「失敗」(ではないけれど)を取り返す最終「手段」がお隣の中国ときたもんだ。あれ?、これはオデッセイの、あの中国の輸送宇宙船となんら変わらない解答じゃないか。
中国に対して特別な気持はないけれど、オデッセイと同じじゃないかあぁ。・・・・それ以外はたいへんおもしろい映画でございました。まさに娯楽SF作品。割引料金で見させていただいたので、料金どおりの評価。
Topic_32221
来月からの「LIFE」。「またもや火星」の今度はナゾの生物の映画。よしよし、また1stデイ、メンズデイ、高齢者割引デイなど、割引が使える日に見に行かなくちゃ。