« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月18日 (日)

dynamite body

朝、いただいた、山梨のトウモロコシとヤングコーン(そのまま芯まで食べる)をいただき。                    
                             甘い甘い。
2017061817160000
こちらは、たまねぎ。  
 
昨日届いた玉葱。たまねぎ、玉葱、タマネギ。
あまくておいしい淡路島産のタマネギ。料理の味が変わる玉葱。
2017061816490000
いくらあっても困らないのは、玉葱・ジャガイモ・大根。いっそ、ひとつの茎かなんかに全部ついてりゃいいのに。

2017年6月17日 (土)

HONDAの誤算、松山の勝算。

マクラレンはホンダとてを取り合ってゆくんだろうか。ホンダはほかのティームにエンジン供給するんだろうか。マシンの規格はまたころころかわるんだろうか。3年目くらいからは優勝候補の一角に挙げられるもとを望んだんじゃないか。「フツウ」にTVでF1を視ることが出来なくてネットの配信で少し遅れて見る録画の隙にインディでは日本人が優勝していた。

死ぬまでに一度行きたいモナコグランプリ。いやいや、行きたいところはたくさんあるさ。でもこれは格別。金のかかったオアソビのようなショウだけど、本気モードも存分に。
20160318oyt8i50015n
かと思えば、本田。ミランに入団した時の勢いはなく。ただ、僕はびっくりした、いつかの予選での長い長いシュート。日本人でこんなひといるんだぁ、と感心した。けれど、こっちも誤算。
松木さん、フットボール=テレ朝の中継の「解説」辞めてくれませんか。いらイラする。いっそ音声消そうかと思うけれど、そうもいかず。
今朝は松山選手、アメリカオープンでバーディーラッシュときた。いいぞ、おお。こっちはスカッとする。イケイケイケ!

マエカワ見栄晴

久々に「見栄晴」を見たと思ったら、「偉い」人でした。
政治家の「ヨロシク」も、一般団体の「ヨロシク」も、「忖度」(はやりのコトバになりました。)という観点からすれば同じことで、優遇や厚遇が受けられると期待するならば、挨拶、お願いしたほうが良いのは当たり前。これは全世界でまかり通っていることだ。よしよし。
役所は役所で、その取り計らいの優位性や重要度で仕事の配慮をするもので、ちいさなこと(利益が個人的なこと)や後回しにしても問題ないものは、そうして、処理され。長いものには巻かれたほうがいいのです。
さてさて重要な法案をサササとゴリゴリと、無茶クチャに、通してしまうほうが問題ではないですか。
問題はどこにありますか。みんな秘密にしなければいけないことを秘密にしなかった人がいることです。そりゃ、まずい、と感じたことを嘘だということです。
結局元気な見栄晴?を拝んだだけ。
あほらし。平和なニッポン・ちゃちゃチャ。
あ、ソレカラ・・・どこに市場をもっていこうが「東京都」のハナシ。ですよ。自分の国のハナシじゃありません。ア・ホ・ら・し。

シゴトの手順

吉岡忍先生から、早速台本が届きました。

といっても何のことかお分かりにはならないことで。
10月8日に修善寺で開催される「川端康成の作品・世界」という文学談義・講演・音楽の複合イベントの台本です。打ち合わせのあ、なんと、数日で手許に送られてきました。
これを書き終えたらそちらに移ろうと思ってます。
このイベントでは、わがFOMALHAUTに白羽の矢(?ふるーっ)らしきものが立ち、いろいろな意味で音楽を担当することになっているワケで。
しかし、センセ、やることが早い。「ヌカリはない」の体。さぁ、といったら、その瞬間に一本の筋道が見えているんだろうな、と。経験もさることながら、「作品(イベント)」を導く手際に見習うべき点が多く。ドンドンやろう、っと。
追って、イベントの詳細を反映します。待っててね。

2017年6月 3日 (土)

中国万歳ですか?

「オデッセイ」と同じことが行われるのは中国のマーケットを意識してのことだろう。

映画は「メッセージ」。エイミイ・アダムスのそれ。突然の来訪者とのコンタクトに挿入される彼女の人生や学問がインサーションされて、数ある劇的な瞬間を支える要素を構成する。ウマイ造りだからおもしろい、面白い。さすがに日本映画と違う。画面にリアリティがあるし、脚本もいい。カメラの一番手前にちゃんと人がいるところからはじまって・・・・・ところがどうだ、この映画につきもののクライマックスの「失敗」(ではないけれど)を取り返す最終「手段」がお隣の中国ときたもんだ。あれ?、これはオデッセイの、あの中国の輸送宇宙船となんら変わらない解答じゃないか。
中国に対して特別な気持はないけれど、オデッセイと同じじゃないかあぁ。・・・・それ以外はたいへんおもしろい映画でございました。まさに娯楽SF作品。割引料金で見させていただいたので、料金どおりの評価。
Topic_32221
来月からの「LIFE」。「またもや火星」の今度はナゾの生物の映画。よしよし、また1stデイ、メンズデイ、高齢者割引デイなど、割引が使える日に見に行かなくちゃ。