« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

灯油・タイヤ

4月の声きいて、もう要らないかと思っていた灯油、まだ必要か。と、タンクに給油しようと思ったら半分もない。どうしようかな。エアコンはもちろんあるけれど、念のために灯油買ったほうがいいのかどうか。

同じく、タイヤ。スタッドレスを履き替える頃、とは知りつつ。標高の高いところに行くと、トーゼン、里の雨も雪にかわります。立て続けに、雪に出会うわけでした。まずは軽めに。
2017032417220000
次は、3日後。峠は何事もなかったようなカオして、姥子に着けば20センチでお出迎え。
2017032719430000
♪とうきょうでぇ~みるゆきぃは~これがさいごぉねぇとぉ、♪ っちゅうカンジですか。

2017年3月20日 (月)

春はまだかな

17日、自宅は曇り、途中パラパラ、箱根峠は雨、仙石原は雪。あれよあれよという間に真っ白。中庭は雪国にUターン。お天気レーダー見るとタシカに箱根あたりだけ雨になってますが。  スタッフは「4月中頃までスタッドレス履いてるよ、」というのが現実になるわけで。モチロン、この程度ですから、普通タイヤでも問題ない走行できますが。帰りはリス、タヌキに見送られ。ここは観光地ではありますが、普通の「山」でございます。

2017031718200000
今日富士山は春霞。空気中の浮遊物の多いのが春。風もなく、お出かけ日和。
最近細切れのような時間を過ごすのが多く、ずっと長いあいだ(ほんとは苦手)「これを、」といった時間が取れない。取る努力がない。何十年ニンゲンやっていても性格はナオラナイ。
誰が何を言った、言わない。指示をした、しない、隠す隠さない、などと、裁判的なお話合いが続いています。ドライビングレコーダーのように、入り組んだオネガイをするときや、お金に絡むハナシあいの時は、お偉い方たちをはじめ皆さん、録音録画メモなどをちゃんと残しましょうね。
政治家の皆さん、教育に携わる方、矢面に立つのは、あなたがた「聖職者」ですからトーゼンです。天から下って来る方々も税金で生きてますから同じコト。

2017年3月16日 (木)

ここにあったんだ。

建築物が好きだ。家屋、集合住宅、工場、橋梁。

いつか見た雑誌に初めて見る構造の住宅があって、どんこでだれがどんな風に作ったのかなと思っていた。ある日、わずかばかり離れた別荘地に友人が住んでおり、尋ねる機会があり(夜間が多く昼間はあまり行かなかった。)。何気なく目を遣った方向にあったのがこれ。
設計は日本でも十指に入るであろうB氏と聞いていたが、見れば見るほどウツクシイ・わけわからん、、斬新・約束破り、機能的・非機能的のミックスジュース。
いいですか、2017022314230000  こうなっています。
左端が「U]字になってるでしょ。ソレが味噌、汁。
上から見ると2017022314260000
こうなっちゃうわけで、
つまり、えっと、雨樋の「U]字みたいなそれを、端と端からぐるっと曲げて馬蹄形みたいにしたもの、と思えば。
その半楕円の馬蹄形のパイプの開口部を地盤と直交にすると、半楕円状のそれが、床・壁・天井が、シームレスな躯体となる、っちゅう寸法。
開口部は全面硝子。部屋のようにしたければその空間を適当に区切ればいい。べつに区切らなくても家具やボードの配置でどうにでもなる。
上手く説明できませんが、タノシイ我が家の完成であります。
どんな方がお住まいか知る由もありませんが、この何年かで出会った一見奇妙ながら、実用的というか、興味をそそられる住宅でありました。
B氏はプリツカー賞もとったことのある名建築家で、世界じゅうの地震のあとに、ありきたりの素材で仮設住宅を建てている方であります。

2017年3月12日 (日)

まだ函南山中です

明日は箱根に参ります。もうすぐ家に帰ります。

函南山中

ただ今、山中で犬と戯れております。火を見ながらイモ食っております。