« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

12月18日川越ヤオコー美術館

恒例のクリスマスコンサート近づきました。

ヤオコー川越美術館にて。開演16時前後。詳細は同所へ。
料金は無料ですが、予約が必要です。
近所の方は、散歩がてら、絵画鑑賞がてら、フラっと。近郊の方は観光「川越」と食事「川越」をお楽しみのあと、いらっしゃってください。素敵な街並みと各種オイシイゴハンがお待ちしております。
Shimoyama_yaoko
毎年毎年呼んでくださる。素晴らしい絵画が所蔵された瀟洒な建物の中で行われるコンサートは、多くのお客様に支えられて5年目を迎えます。今年からグランドピアノが設置されたので、ピアノももちろん使う予定です。
デジタルピアノと生のピアノと違いについて、尋ねられることがありますが、一番はタッチ。だんだんDも生に近づいていますが、まだまだコントロールしにくい部分があります。けれど、弾き始めれば、いっしょ。グダグダ言ってるわけにはいかないので。しにくい部分をそうでないように弾くのが別の意味での醍醐味。ここでは横長の客席配置なので、いままで「L1」と、いう、FOMALHAUTのスピーカー機材を使っていましたが、ピアノとデジタル群とバックの絵画との兼ね合いで、いままでと違うセッティングをする可能性があります。ですから今回はYAMAHAのセッティングにしようかと。当日様子をみて決めます。
それでは川越で。

2016年11月23日 (水)

所謂普通のごはんだけど「上」

こういう言い方ないんだろうけれど、高い得点であります。

普通のランチであります。
2016112213380000
どこにも高飛車なところがありません。
こんなに干物がうまいとは。
何が違うんだろ。どこが違うんだろ?
美味しい「和助」のいランチです。
店内は所謂干物屋とは全く違う造作でございます。
オーナーとライブの打ち合わせ、というか、どんな風に、という提案を
させていただくところですが、まずは雰囲気を。こんな店内です。
2016112214330000
感じのいい・干物やとは思わない・響きのよさそうな店内です。
ゼヒ、近いうちに。

2016年11月22日 (火)

一段落

記念の?コンサートが終わって一段落。さてこれから来年も。

換装したスタッドレスにてどこまでもでかけちゃいます。ただチェインは持ってないので、それが必要な場所は遠慮しちゃおうかと。
FOMALHAUTの新しいCDができましたので、一応ほーこくを。
初回の限定版の装丁と若干変更しているところがありますので、初回の方は再びどうぞ。中身は同じですけど。

FOMALHAUT vol. 3

私ににては?珍しく長いオハナシがつづきましたので、3にておしまい。

「天国からの手紙」
その手紙は天国からの手紙
U氏が会場から私にプレゼントを
U氏の妻はユキちゃんの生徒
僕が知っているのは彼女の最後の数か月
細い指でオカリナ吹いてた
見送ったはずの彼女からの手紙は
プレゼントの中にあった
U氏は自分の名前のあとに妻の名前を
ぼくにとってそれは彼女からの手紙

FOMALHAUT vol. 2

盛況の裡に終わったコンサート。音作りやほかの仕事の関係で、リハは当日だけでしたが、予定通りの時間内に収め。

2016112013580001
開場時刻前から多くのお客様を迎え、こちらからパチリとやらせていただいたので、数枚。
(この画像はおおきくなりませんので)
2016112013580000_2 2016112014290000_2
で、本番中のユキちゃんは、喋りがとまらなくなり。
2016112014530000
8月のメリークリスマスからコンサートは始まり、アンコールのSTARGAZERまで総勢約400歳ジジババ軍団は、会場のジジババに負けじと大奮闘の巻。

FOMALHAUT vol. 1

20日、多くのお客様でいっぱいのBEN。オリジナルを中心にゲストとのタノシイトークを交えた140分の演奏会は無事終了しました。まずはお客様にありがとう。

さてここからは、思い出しながら少しずつ。

 

Vo. MIWACO

 作りたいヴィデオのイメージを探していた時だった。この「ツクリ」がいい。真似したい、おっとぉー、そこにあった曲が、「WHAT'S UP」。あれ?、これ、どこで聴いたんだろ?~さかのぼること数年まえのMIWACOの歌だ。

10周年のコンサートの企画のようなものをしながら、このシンガーをこの曲で、一緒にこの歌できないかな、って。で、ユキちゃん、半ば強制的に打診。

子育てを機に暫く遠ざかっていた(らしい)歌声が、実現しちゃいました。

 

BAND

 Dr)FOMALHAUTはふたりのバンド。どんな構成の音楽もふたとおりの楽器で処理するバンド。しかしながら、今回はベースとドラムをいれましょかって。電光石火、、盟友ユキちゃんは「ガンタ」指名。異議なし。歓迎。問題は相手のスケジュール。即電話。

歌うように叩くガンちゃんは、(結果・歌も唄うのですが)いつ会っても、昨日も一緒だった・みたいな存在。ユキちゃんとは、ながあい付き合い。私とはその半分の付き合い。サイズだけ渡して「あとはヨロシク」状態。 奥様のボーカル含めて「あとはヨロシク」状態が、ほんとに「ヨロシク」実現しちゃいました。サイズも抑揚アーチキュレイションもみんなアイ・コンタクトで。

 Bs)おなじくこちら半ば強制的に連れ出されたのが「ヨシダ」ちゃん。風貌に似合わず、譜面をよく理解してくださり・・(ジツはロクに音符を書いてないのですが~on your feeling とは書いてあります)ワタクシの意図するところを温かい音で包んでくれました。現場にアンナカワイイ奥様連れてきちゃ、だめっすよ。で、石は転がる~奥様もなんだか手伝いしてくれて忙しく。本人、本番中見れば、おや?立ち上がって歌うたってたりして、完全にこちらのペースにまんまとはまってくださり。直さない関西弁は「やっぱ好きやねん。」

 

o)麻紀ねえは、練馬から。一時南の島に在たんで、うちなーで、喋るかと思ったら普通の練馬コトバに戻ってました。この人とは何百曲一緒にやったかわからないくらい。その中でも大好きな曲を今回セレクト。リハなしで、みんな自然に参加。どうだ、と言わんばかりの出来栄えになりました。4小節ごとの白玉音符の隙間でいろんなこと思い出させてくれました。大体いくつになったんだろ?知ってますけど、そんな感じのままいつもの麻紀節炸裂。

 

o)ナ・トモは2時の母、いえいえ二児の母、いえいえ、到着するなり、二人のお子様と旦那のドラムセットの手伝いしちゃってます。蕎麦ありがと。低めのヴォイスで一番このバンドに欠けているところをサポートしてくれました。いわばビオラ的な。曲名は書きませんが、十八番シリーズの中から19番目?を、びしっと。わたくし譜面2ページいただき、本番まえにコピーして、弾き始めたら右ページ2まいがセットになっていて、若干あせ、あせ、りましたが、なんだか雰囲気でやっちゃいました。だれも気付かなかったんで、黙ってようかと思いましたが・・・白状シマシタ。歌声?文句なしでショ。みんな惚れ惚れ。

 【Chorus

コーラスが、それも三声で入るとは、企画段階では二声かなと、が、それはそれで、日が経つにつれて、そーゆーことになっていくわけで。ザクッと書いた譜面をユキちゃん清書してくれて、あとは3人マカセ。放り投げたボールがピカピカ光ってお★様のようにモニターから還ってきました。絶妙な鹿嶋市若女、ってなもんでっせ。(読めますか?)オカリナのリードでの三声コーラス、あまり聞かない編成でしょ。実現しちゃいました。

 【PA

 長い付き合いのミキシングエンジニア、E-C-COWA  SING-YEAH さん。開演の240時間前くらいからFBなどで、当日のやり取りを、メンバー単位で個々にしてくださり、ありがとう。だから、当日はセッティングもスムーズ。ほかの現場でもこうであったら、と、思うほど。わたしからの注文は芯のある柔らかな音を。で、しっかりとお応えになった、と客席の人間から聞きました。ステージからはわからないんで。また頼みます。

では、またあとで。

2016年11月19日 (土)

20日

★明日20日は富士市「BEN」にて、FOMALHAUT のコンサート。(10周年記念と大層なサブタイトルをチラシにいれてありますが)気がつけば、10年。★とりもなおさず、10歳歳を重ねたというか、余計な数字を背負わされてしまった次第。

★「毎年行っていた町のあの飲み屋」にも、ツアー省エネバンドでは行くことがなくなり、ご無沙汰する始末。でもダイジョウブ。ここは最低年に一度はやる場所なので★ですが、いつもで続くやら、・体力それなりに落ちてますから。20周年記念ができますかどうか?
★~ってなワケで、明日は富士市「BEN」。開場14時開演14時半。お待ちております。
8なお、残席は少々=ホントに。ですので、2階席(普段入れない)へのご案内になるかもしれません・ことを、一応お伝えします。
★久しぶりに久しぶりな人が来たりします。明日はイベントというか、お祭り半分なので気楽といえば気楽です。雨もあがりそうだし。体調だけが、気懸かり。では、早寝早起き。

2016年11月14日 (月)

連絡遅れました。

埼玉「シャムロック」。5日のライブはレコード1万枚を誇る(誇っていませんが)棚棚棚棚。きちんと和洋に分離しアルファベット順とあいうえお順に整理。コレなら、さがしているものを探せます。朴訥な感じのマスター・ママ。儲けは度外視した経営。ゆとりってやつですかぁ?しかし、集めに集めたり。お気に入りのLPが一緒だったことから始まった、不思議な企画。無事に終了しました。次回のお約束も兼ねて。また伺います。

13日は平和島で、さとう宗幸恒例コンサート。コツらも無事何事もなく、す、す、す、っと終わりました。ビッグファンビルの3階ホール。帰りは久しぶりにトモダチのところへ、闖入。騒ぐだけ騒いで帰ってきました。たのしかったヨルでござ~い。
っさてっさて、差し迫った20日のFOMALHAUT コンサート=10周年記念ライブ。1400開場・1430演奏開始。10年きねんとはいえ、ずいぶん時の経つのが早いことで。はやいものだなとつくづく感じる次第。多くの方にご予約いただいておりますが、若干ならば余裕あり。興味のある方はお問合せください。BEN 0545-53-2008。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ