« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月27日 (木)

仙台ピアノ2

ピアノと書きましたが、ピアノにはかんけ~なく。

皆様は仙台や時代劇などの写真で、あの伊達様の勇壮な銅像を見ることがあると思
いますが今日はその伊達様を後ろから撮ったものをご紹介いたします。
2016102311370000_2
これが建つ山は標高115mくらいと聞いていますが、この場所からは太平洋をバックに街並みがすべて見渡せる眺望抜群の地でして、彼がここを選んだのは、なんだか、わかるようなわからぬような。海・山の幸に恵まれた素晴らしい町でございます。お世話になっている人たちがここを離れないのも、わかるような、わからないような。大都会でありながら町並みは緑多く、道路も広く。ものの数分で、緑豊かな土地が広がる大好きな町でありました。で、翻ってわが住居は標高150m。田方平野がすべて見渡せ、奥は天城。北は富士、東は箱根、西は駿河湾。景観は負けておりませんが、所詮、田舎の山の中でございます。
さあ、近づきました。FOMALHAUTの10周年ライブ。11月20日富士市「BEN」さんで。

11月5日は恒例のリレイ・フォー・ライフ(長泉)。
11月6日は埼玉県羽生市「シャムロック」さんへ参ります。

2016年10月24日 (月)

仙台のピアノ その1

仙台サンプラザホールのSTEINWAY。鍵盤が非常にいい。リニアで「噛み」ごたえのあるそれ。低音部は力強さと優しさ兼ねたスタンウェイならではの応答。キラキラの高音部は倍音豊かな羽二重。おへその前の「ド」はなんにでも使える万能楽器。骨太繊細。今までのスタンウェイのどれより弾きやすい一品であります。若干色気に欠けますが、イナカモンのわたしには、大好きな~買うことのできない~楽器でございます。

2016102218360000
とはいえ、いつものシンセのセットも持ち込んでおります。
左、約2K万円。右約0.1K万円のお値段設定となっております。だいぶ値段に差のある楽器でございます。
2016102218350000

2016年10月 3日 (月)

忙しくはないけれど、まとめて。

特別忙しくはないけれど、なんだかんだと、日程の決まったことをこなしております。と、憧れのひとからのE-写真。ジミイ・ジョンソン/BS と、共に。DRはガッド。

Lutchtanglewood7311454re
こちらは、ニッポン・サイタマでソロ・プラス・バッキング。久々のホール。
野外、公園、小さなレストラン、大小のライブハウス、ホール。どこでやっても、何人でも、なんら変わらずに、いつもの演奏。
2016100214270000
先日は、佐野美術館友の会の「観月会」。今回はFOMALHAUTではなく、ギターに増田氏を迎えて、なんと、お月様顔出し付きの野外コンサート。前回は曇り空・少雨付きでしたが。
写真の隆泉苑会場は、これからお客様を迎えるところ。
神職がお着きなると、ギターとシンセの音楽会がはじまるのであります。
2016091516250001_2
で、その前。苑室内では、お客様に妙齢の女性がお茶とお菓子のオモテナシなどがあったりします。
2016091516300000
「しろばんばの唄」という楽曲に巡りあい、アレンジとCDデザインなどをお引き受け。手間取ったのはジャケット。こりゃいい・と、思ったのも束の間。見た人から、「素人みたい。」のキツイヒトコト。だって素人ですよ。とはいえ、それじゃ、やりなおし。やり直し、ヤリナオシ。
クレヨン使ったら「某相田」氏のようになってしまい、行書にしたらしたで、なんか、そらぞらしく。結局無難なセンでスッキリと。