« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

シライ3、RFLのおしらせ

シライ・マルコ。いつものように腕にもたれてスイミン。気楽な猫でっせ。若干写真撮りにくいアングルではあります。

2015091620350000
10月3日は、毎年恒例のリレイ・フォー・ライフのイヴェントで。長泉桃沢公園にFOMALHAUTで出演。夕方からずっと演奏してます。お気軽にどうぞ。
4日は清水区ハートピアにてコンサートのお手伝い。ソロではなく、ずっと伴奏君です。なんでもありのコンサートです。

2015年9月24日 (木)

穏やかな海3

しずしずと知らぬ間にタグボートが船尾右横に付き、次第に歩みを緩めて入港の準備。
2015092009320000
これまた初めて甲板員が細いロープとおもりの付いたもの=名前わかりません=を、岸に投げるところ(次第に太い綱にかわってゆく)を見ることになりまして。
2015092009360000

さてさて、これで船は土佐清水に入港。岸壁の母。

ト、イウコトハメンバーは下船ののち、高知空港または羽田へ向かう算段。
港では、市長などいらして歓迎のセレモニイ。なあるほど。なんかいいもん見たって感じ。
お客様のほとんどは四万十川へのツアー。
で、一行はというと、くるまにて空港へ・・・と、と、と。港の反対側で緊急駐車。お写真の時刻であります。意外にみんな観光客じゃん。
2015092010310001
というワケで、夕方、にっぽん丸は下船するヒト以外で再び仙台に向けて出航。ボクラはヒコーキでなんとなくフツーの移動。帰りも船のほうがいいな、と思ったデバナクジカレの3日間でございました。いろいろなツアーが用意されています。にっぽん丸、あなたもどうぞ。
022

穏やかな海2

音もなく滑るように出航した初めての大型船は一路四国土佐清水へ向かうことになりまして。

その日はすぐに夕ご飯。のち、明日の会場下見含めて船内案内を受け。ホールは400人収容ときいていましたが、割合こじんまりと。
おtttt、揺れます。特有の揺れ。0.2Hz/sくらいのゆったりした揺れ。気持ち悪い揺れ方、いや体験したことのない揺れ方。で、おやすみなさい、となりました。お夜食やお酒やコーヒーなど
各所で深夜までやってますからお腹すいても大丈夫。
次の日、鳥羽不寄港のかわりに伊豆七島の方を迂回してくださる。
2015091911210000
利島、御蔵島、新島、三宅などを左手に見ながら穏やかな海を、クルージング。
お世話になりたくない救助艇をパチリ。これで150人乗れると書いてありますが。
2015091911290000
で、昼食はお蕎麦のついた定食。
時間が来るまではヒジョーにゆったりした
図書室で。ドリンクのカウンターもあります。

2015091822050000

散歩もありで。大浴場もあります。
因みにカジノもゲームルームもあります。
 
2015091912360000
などと、船内くまなく見回り。夜のステージにつながります。昼はあれ?アリちゃん?
(松田幸一さん)
久しぶりにお会いしたマルチプレイヤー、本日はアフタヌーンコンサートで乗船。なんで、またこんなところで?~~~出航の不確定要素の多い中、エンターテインメントとしてスタッフが急きょ、これまたお願いしたそうです。
当然ハーモニカの演奏。いやいや、いつものことながら、圧巻、カンドーのハーモニカでございました。
 
 

穏やかな海

2015091818310000

にっぽん丸はボクラを待っていたかのように、乗船後2分くらいで仙台港離岸。
のは、出航が9時間ほど遅れたためだ。あわただしく。のは、チリ地震の影響で津波警報が出ていたので船が接岸できずに沖に停泊していたからだ。
その日は夜に名古屋泊、翌、鳥羽からの乗船が予定されていたのですが、鳥羽への寄港がキャンセルになり、昼間急遽、出航地仙台に向かうことになったワケ。ボクラ以外の乗客は朝から夕方まで、さる体育館にて出航待ちをしていたとか。
「ゆっくり」荷造りのワタシは、「さっとさっと」攻撃に出遭い、新幹線に飛び乗りとなったのであります。それからは自分ではどうしようもない交通事情に身を任せ。仙台駅に着くとなあんと「嵐」の、どでかい幟、、というかテキスタイルというか、垂れ下がるアレ、数公演が予定されており、20万人の観客動員は近隣市町村まで宿泊客を飲み込むウレシイ経済効果だそうで。いやいやそんなことは、いま、関係なく。
乗船後ブリーフィングを経て各部屋へ。
2015091822040000
2万トンの船はハジメテ。フロントからは各階へエレベーター3基。そこらのホテルよりも設備は整って。お部屋は、なんちゅうか、ま、フツー。船ですから。とはいえ、これは低いほうのクラスで上は上でさまざま。これから船旅開始ですワ。
2015091818550000

2015年9月16日 (水)

ルッカの森

2~3か月に一度は箱根で蕎麦。(ま、どこへ行っても蕎麦なんだけれどね。)帰りは湯河原通ろうかと思ったら、右手に「ルッカの森」。ここかぁ。で、入るワケになる。で、何を購入するかというと、例のバームクーヘンではなく、「温泉饅頭状態」の「饅頭」。うんまいなあ。まさに洒脱な建物には品よくゲージツ作品などが配され、イートインも出来る設え。ここが「猫や」ならと、~申し分なし。設備投資も腕前も違うのはよっくわかりますが。


              2015090614020000
なんとも・・・イイ。
家に戻って「シライ」がお迎えに。窓に顔スリスリ。
はい、行ってきました。と抱えると、歯がない。っちゅうより、大人の歯が生えてきて、ただいま片側2本牙状況。片側は生え変わっており、残骸はどこにもなく。転がっているのか、ごみに紛れ込んだか、食べちゃったか、わかりませんが、合計3本の牙でここのところ過ごしているウチの「シライ」。相変わらず空中で見事な演技続けております。
2015091613330000
てな、わけでまたまた、おおきくなりました。

2015年9月14日 (月)

大福餅

昨日、長野へ行っておりました。快晴。
2015091214040000_2
善光寺西側「溝口餅店」の「ぷるぷる大福」。 
個人的に大福の中に果物を入れるのはやめてほしいと思っておりました。大福と果物を別々に食べたほうが確実に旨いと思う故。しかしながら今回は「これ、いいな」と思った次第。
大福餅の薄い緑色の皮(っていうのかな?)の中には葛と抹茶餡。水菓子が包まれていた次第。一個130円。値段は手頃。丁度いい。あますぎないのがいい。餅そのものもうまい。厚さも自分には丁度イイ。向こうが見えるような薄皮の大福もいただきますが、あれはよくない。中身とのバランスというか、餡が勝ちすぎてしまって大福食べてるより餡食べてるカンジ。これはそれがない。皮と中身のバランスがいい。それで、葛が絶妙なカンジ。これまた薄緑色に輝いております。それから抹茶餡も品よく。
最近スウィーツなどと称されておいしいお菓子がたくさんあるわけありますが、確かに珍しいものや、高級な食材や、手の込んだもの、色味がきれいなもの、など多種ありまするが、ナニシロ高額なものが多い。それはそれでいいのですが、普段口にするようなものは、この値段じゃあねぇ~と思うもの大奥いや多く。タシカニ、その値段になってしまうからくりもわからないではないのですが。  そこに咲いた一輪の花がこれ。味も値段も出来栄えもみいいんなイイ。130円で買えるシアワセがいいなと思った午後。「心温まる大福」。
2015091306440000
長野詣でをこれからする方、ぜひ、善光寺西側の溝口餅店で、この大福どうぞ。
夜は「仙壽閣」にて、FOMALHAUTのロビーコンサート。アンコールは地元・山ノ内町のコカリナグループと一緒に。こちらもまたまた「心温まる演奏・宿」。
蕎麦食べて、お参りして、大福食べて、温泉浸かって、コンサート。なにやら観光の比重がオオカッタようなフシギな(歳相応か)一日が過ぎたわけでございます。
つぎの朝・今日は、はよから、川崎へ向かって。こちらはショウガッコの体育館で老人会のイベント。始まれば、皆さん、お約束などしないのに一緒に歌ってくださる。間奏は拍手。あれま、こちらも「心温まる宴会」。若干移動距離の長い二日間ではございましたが、こうして無事にレポートしております。

2015年9月 7日 (月)

いいものめっけ。

20150806_jt_br_fenway_002700x406

いいなああ。いいなああ。いいなああ。いいなああ。フェンウェイパークのコンサート。

難民

ぐずぐず言ったところで、ワタシお国の為らしいことはしてないし、怒って出ていくワケでもなく。

国を捨てるということは、よく聞く話でも、実際のところ、なにも想像もできない。第3国から、とある国の情報を見聞きして、その国がどうだこうだと感想を述べたりもするが、実際その国民は、その情報を得たりしているのだろうか。
例えばその国のなにかが不都合で暮らしにくいと思っても、その国が好きだ、そこに居たいという理由で留まっている部分もある。それなりの希望や信念宗教など、寄すべき根拠を持って暮らしてゆくのだろう。が、ある日、画像に、とある国から、難民と呼ばれるカタチで国を捨てる場面が飛び込んでくる。
東ヨーロッパのあの時のショプロン(ハンガリー)からの国境の扉が開かれたのとは意を異にしているが、国を捨てるという行為は同じ理由によるものだ。
その政府はよろしくない。頼るべきものが何もない政府はよろしくない。

2015年9月 1日 (火)

視界約100m

昨日の記事の続き。

で、今視界は約100m。住居の向こうの木々の先は見えない状態。さっきはマンションの端が霞んでました。
2015090109270000
で、例の雲海はというと、
雨の後の写真。雲の下が函南・韮山・伊豆長岡・大仁・修善寺。
2014102707500000crop
伊東の、と、あるホテルのラウンジからは伊豆大島。
 
2015081818100000crop_2
とうとう。9月になっちゃいました。