« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月20日 (月)

1973

あれから何年経ったかは計算すれば、かんたんなことだけれど、変わることのない「歌」がそこにはあって、凍りついてしまった。3時間以上に及ぶMSGのライブを今日になって見たんだ。1曲目はsixty years onだ。(反故にしてしまったあの約束~が体じゅうにのしかかりながら~「あなたが60歳のときに、ライブをやろう!」といった~遠い昔の約束を守れなかった自分が情けなくて。そんな思いがこの曲にはあって、それで泣いてしまった)

ドスンとひびくベードラの音はNオルソンだ。1時間すぎたあたりでゲストのW.ゴールドバーグに紹介されて出てきたのは、なんと作詞家プロデューサーのBトーピンじゃないか。客席には今をときめくクリントン氏の旦那=元大統領、あれあれ。
コンサートの内容は各自見てください。ともあれ、エルトンジョンのライブを偶然今日見てしまい、困ったなあ、困ったなあ、と繰り返すのみ。最後のお約束はyour song。このBトーピンの詩にはボクにとって宝物のような表現がちりばめられていてね。my gift is my song and this one's for you なんてところにはグググっと来ちゃうんだな。
ビートルズはポップなバンドだったけれど、シンガーソングライターの範疇ではなかった。だけれどこのひとはいつでもシンガーソングライターなんだ。
ときどき音楽と時間の相関についてMCをすることがあるけれど、聴くたび・演奏する度に40年以上も変わらない新鮮な気持ちを持って演奏する曲はそうそうあるもんじゃない。いいなあエルトンジョン。
松崎。生憎の雨で花畑突入はなりませんでしたが、春の松崎、花の数に負けないくらいの盛況にてコンサート無事に終わりました。ママ、いつもありがとう。ごはんもね、カボチャ苦手でゴメンナサイ。また来年。また春に。(でもその前にあそびに行くけれど。)
26日は富士「和み」さんへでかけます。ここは蕎麦や。蕎麦やで音楽しちゃいます。
29日は富士山なんちゃらで再び富士へ。
それから急ですが5月5日は河口湖楽園。
ここは、わがフォマルハウト誕生の聖地でございますが、そこの施設「コカリナの店」が今季を以って閉店というありがたくない報せがあり、「じゃ、行かなくちゃア♪君に会いにいかなくかちゃぁ♪」といった次第。内容も演奏者もお客もなにも決めてありません。出会いがしらの一発。でも「行かなくちゃ」の大切な場所。足を運んでください。

2015年4月 1日 (水)

松崎~FOMALHAUT

春のさそわれるかのように、フォマルハウトは松崎「丸平」に行きます。4月7日火曜日19時開演。遅れないでね。盛りだくさん?の内容で。

朝から雨降ったり止んだり曇ったり晴れたり。洗濯物が乾きません。
体長は良し!いや、、、イマイチ。このあいだから、左太股のなんちゅうか、皮膚と骨とのあいだの皮膚寄りの肉のどこかがぐずぐず言ってます。なんだろね。気持ちわるっ。
頼まれた演歌のような曲(演歌ではありませんが)が出来あがって発送したばかり。ひさしぶりにこのテの曲をすったもんだと格闘いたした次第。悪くないな。ん?いいかもしんない。
ピアノの生徒さんが別宅をお持ちで、では、と、おうかがいしたところ、なんということか、ここから15分くらいの別荘地でありました。陽がさんさんと入る南向きのログふうのお宅。♪犬も喜び部屋駆け回るぅ~♪状態。一番喜んでるのはジツは旦那さん。一緒に畑でもやりますか?などと話しているのもそれなりに「ごきげん」でございますが、思い出したのは借りてた畑。6畳間ほどの畑ですが、冬のあいだはなんにもせず。イカンイカン。またそろそろやらなくちゃ、と。いま、わが家のテラスでは水菜を少々。も・すこししたら、トマトやろうかな。
12日に箱根に行きます。箱根はいつも言ってるように車で20分ほどの近~い観光地ですが、今回は名の知れたオーベルージュへ。演奏演奏。それよりお食事がタノシミであります。(な、こと言っちゃいけません、ほほほ)。一般人、アーティスト、演奏家、得体のしれないヒトなどが集う独特の宴会?であります。
やはり、なんといっても海・山が近い場所というのは、いいもんであります。4日は月食。天城での演奏の最中。中断してみなさんと観月会とでも洒落こむのもよろしいかな、と。