« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

kentさ~ん。

kentさん、お元気ですか。ハーレイに乗ってあなたが来る日をお待ちしておりましたが、一向に兆しは見えず。私のAGUSTAに畏れをなしたのならば、シカタありません。嘘うそウソ。  などと、急に。  温かくなって、今日は半袖。少し朝はあめが残って。あしたは25度くらいまで気温があがるとか。するってぇと、しばらくで、またあの暑い夏がやってくるということで。  

30日は河口湖。ゲストもいるようで。路の混雑はどのくらいなのか予想もつかず。第2東名新富士経由で行こうかな。山梨県内の状況が全くわかりません。9時くらいに着く予定で行けばきっとダイジョブとは思うこのごろであります。

2012年4月24日 (火)

TV局のカメラ、選択の自由

国会周辺の記者会見や発表の場に手話通訳者がいるのだが、垣間見るTVの中継や録画などにはその姿は映らない。ボクは記者の為の手話通訳者だとは思っていない。カメラの反対側にいる視聴者への配慮だと判断している。なのに、画面はスピーチなどをする人間の上半身のみのカメラワークになっている。これじゃ、意味ないと思うんだ。

またも宮里優勝かぁ。強いな。何の世界でも上手い下手・早い遅い・あるなしの構造はピラミッド状になっていて一握りのひとや一部の人たちが頂点になるようになっている。みんなが100m10秒で走ったらトップじゃないもんね。みんなが金持ちじゃ感持ちじゃないもんね。プロゴルファーだって構造はイッショでしょ。たまに懐かしい名前や珍しい名前をきいたりするけれど、俗にいう上位常連はおなじような顔ぶれだ。それがすこしずつ入れ替わってゆく。イシカワはここのところ優勝がないけれど、内容はやはり一流だ。彼の台頭を待っている。

なんだか最近読売野球団のはなしをきかなくなった。報道も少ない。中継も少ない。ダルビッシュのほうが数倍おもろい。スポーツの報道や中継は強い・上手い・早い・ところを中心に回る。   それに比べると音楽は当然売れている人を中心に回っているけれど、売れない人や「オタク」や特異なものなどに陽が当たったりする。細々とずっとずっとやっている人に焦点が合ったりする。それがみんなイイ。面白い。

中東の国のF1。ひょっとしたら、あのデモもリクリエイションだったりしてぇ~。暇つぶしだったりしてぇ~?。

藤田弓子:「向田邦子さんが還っていらっしゃらなくなったこと・・・もう書いてくださらないので、この国のドラマはレベルが落ちて行く一方だ。薄っぺらな登場人物が、下品なせりふをただペラペラしゃべるだけ。だから何なの?というドラマばかりになってしまった。書き続けてくださっていたなら、この国の人たちは、もっと深く、ものを見たり考えたりすることが出来ていたんじゃないかと思ってしまう。もっと賢く、優しい人間になれたんじゃないかと思ってしまう。」    このコメントを見てふむふむと頷くのです。

2012年4月23日 (月)

FOMALHAUT ライブ

4月30日(月)河口湖楽園。13時スタート。終演時刻未定。無料。

5月19日CAFE「GRUN」19時スタート。残席僅か。申し込みは同所。食事込み2500円。

連休最初は河口湖から。ドライブのついでにどうぞお寄り下さい。森の中で聴く温かな音楽。食糧持ち込み歓迎。自分の楽器持ち込み歓迎。歌でも結構。一緒にやりたい曲があれば譜面を持ってきてください。

GRUNは半年ぶりです。グランドピアノがあるので、いつもの3倍くらいは音色を楽しめます。あの楽器は不思議でいくつでも音色を出せる。錯覚かなあ。

で、あさってはユキちゃんとリハーサルかましちゃいます。

2012年4月22日 (日)

金持ちの国で

起きていること。国王に対する不満。不満を国際的にアピールする手段はデモ。デモの舞台はF1の開催時。簡単な構図。メディアが多く集まる場所でのデモは当然だ。国民が国政に不満を持ったりデモをするのはそれでよし。問題にしたいのは、F1を強硬に開催する主催者とF1の組織。昨年は中止。今年はデモと同時進行。F1は平和な金持ちの国で、一部の熱狂的ファンと一緒に開催する「おまつり」若しくは「興行」。ふさわしくない環境でビュンビュン走ってもなんの意味もない。基本的にモータースポーツと称される興行は宣伝がメインの、で、ないものねだりの仮想現実。いまの時代には迎合しない反エコ。フツーの国でノーテンキな時間にいいクルマといいオンナを見せるのが一番いい。技術をフィードバックしようにも要らない技術は要らない。昔や黎明の時代にはそれなりのエポックメイキングな側面から物質文明の尊さや利便を謳い、実質的な車の性能に寄与したことは事実だが、今はそういう時代ではない。

そのお祭りに現実的な国政の不満を被せるというか、利用してメディアに載せるやりかたが問題だ。その場に合わせてというデモが誰の策略なのか判然としない。そしてそんな国で開催することの意味がどこにあるかということだ。先に書いたようにF1はノーテンキな国で開催するイベントだと思うよ。

ホントは好きなイベントなんだ。神の子は10番手のようだ。

東京都が島を買う、いや政府が、なんて言ってるうちにどこぞの国は一日で軍隊を送り込んで国境警備という名目で駐屯を始めかねない。仮設テントは次第に鉄骨造に変わっていくだろう。銃器を構えて「ここは我が国の領土だ。入れば発砲する。」というところに乗り込む「軍隊」は持ち合わせていないし、それをすれば戦争になる。それなりの装備を持った自衛隊を派遣するにはハードルがありすぎる。

ゴミからバイオエタノールを作るという京都の計画の一部を見た。実験は成功した。事業として軌道に乗るか乗らないかはべつにして、そういうことに金を使うのなら万々歳だ。これからのさらなる進捗を見守りたいと思う。

廃炉だ、処分だ、核のゴミはどこへ?と喧しいこの国が、その元凶を海外に輸出しようとしている現実は、誰が制御するのだろう。企業には倫理がなく政府には論理と衿持がない。

2012年4月 8日 (日)

イシカワ来年ね。

おや、もう帰国ですか。イシカワ。見せてくれたねぇ、といいたいところだけれど国際映像は松山の方が多く、ナイスショットも多かったような。ま、今回は婚約ありで、おめでとう。来年も招待されるような今季の活躍たのみますよ。朝が楽しみなように。  さて、松山、右の林から木の間抜けてスライス打ってグリーンオンなんちゅうのは、プロだってできやしない、ウン、アマだもん。(?)明日の朝16番以内に入れば来年もアリだ。がんばれ、、、、ゴルフはいいな、と思いながら水泳。おもしろいな、これも。北島はロンドンへ行くけれど、100分の何秒かでロンドンに行けないヒト。じゃ、国籍変えるか。(?)などと、TVに向かってブツブツ。なんであの高速スイミングスーツ禁止なのかなあ。まえにも書きましたが、衣装など自由で結構。裸でも結構。これは個人技だから個人の体力のみで泳ぐ限り身につけるものは自由でいいと思います。禁止したり、素材を云々言うから、合法違法の抜け道を探す輩が出て来る。F1みたいなもんだな。スキーのジャンプ競技だってそうだ。日本人がスポーツで石鹸、いや席巻するようになると、煙たく思う欧米人が多いのも事実だ。

去年は諸般の事情に依り桜の一般公開のなかった目の前の某研究所。昨日は大賑わい。ワタクシはしごとの帰りに道路ですこし花見と軽食。平和なカンジ。平和か、まだアメリカは飴を某国にあげないのかな。貰えないと、凶器をかざすのは、平和からは遠いことがわからないのかなあ。癖にしたアメリカもアメリカだけど。日本はなんにも言わないままかと思ったら韓国と一緒になってからすこしだけ物を言う。これは平和な方法ではあるけれど。しかし、余談ながら、どこの国のどこでも大気圏外から覗けるというテクノロジイはすごいもんだな。

平和なカンジの続き。イヌを連れての花見というか、散歩する人の多いこと。今度猫飼うときは、ちいさな頃から外連れて、リードでも付けて一緒に散歩出来るような猫にしたく。今更ウチのリンやフウには無理なことで。猫は人間でいう肩甲骨みたいなのがないので首輪以外の体に嵌めるものは、あまりきっちりといかず、スルリと抜けるけれど、まあ、慣れだな。おっと、これは飼い主の勝手な望み。猫ちゃん、ごめ、、ん。

4月30日は、ひさびさFOMALHAUTのライブです。河口湖楽園にて。開始はいつもどおり13時前後。ゴールデンウィークの入り口です。大挙してどうぞ。お弁当もってのんびりとどうぞ。まさに平和なカンジ。待ってるよ。

2012年4月 4日 (水)

隣の芝生・彼方の光

JTからメールだ。今ヨーロッパツアーの真っ最中。今日はイタリーだ。会場はスタンディングオベイションだ。5人が肩を組んだ写真はいい。今度はオスロか。イシカワはカプルスとラウンドするらしい。マツヤマはワツスンだと。まあまあ。ベテランとルーキー。どの世界でもある構図だが、この構図は快感だ。イシカワ20歳だもんね。グリーンジャケットを着る時が来るんだろうか。北島は日本新記録だという。100分の1秒。これってボクには意味ないに等しいけれど先選手にはおおきな意味なんだろうな。ナカハタ新カントクか、核発電所の宣伝してたヤツだな。終いには参議員目指し落選。で、新球団ですか。Gチームにいたころは欲しい時に打てなかったな。おやおやそのチームG。また負けましたか。野球はあまり今興味ないので、どうでもいいか。桜綺麗に咲いてます。町内会のさくら祭り毎年いい時期に当たらない。例年は桜が咲き終わったコロ、今年は一分咲き。残念ですね。ビスタのサポート終わりですか。で、今度はエイト。家電製品だからつぎつぎに新しいことやっていかないとしょうがないわけか。光にしてよ、と、やってくるNTTのふりした外部法人。おいしい職業なのかな。昔のように暴利を貪っていた時代ではないので、キビシイ職業かもね。雨の日に配達してくれる新聞に梱包してある化学シート。必要といえば必要だけれど、すごい無駄な気がする。銃口を南に向けたままの彼の国。衛星なら東に飛ばすよね。自転の力を借りたいから。アメリカもそろそろホドコシをやめればいいのに、なにを逆手に取られているのかな。自分の国の核はどうすんの。ロシアみたいに海に沈める?そういえばわが日本国は核発電所の稼働を止める止めないでぐずぐず言ってるけれど、そんなことはたいした問題じゃないと思う。問題なのは今ある核のゴミとこれからも永遠に面倒みなければいけないそいつらの介護。100年も1000年も金かけてだましだまし怒らないように処理していかなくちゃならない核のゴミ。以前も書いたけれど、ほかの発電施設は廃業・使い終わった、と、なれば「更地」になったよ。

まいにちたくさんのことが耳や目に入ってくる。本は読みきれないほどある。CDもDVDも同じほどある。あの映画だって見なくちゃ。でもなにもしなければなにも入ってこない。なんでも中くらいでいいと思うよ、ただ、どこが中くらいだかわからないだな、これが。

2012年4月 3日 (火)

春のあらし

雨が降り始めた。これから台風並みの低気圧から延びる前線の影響で荒天になるらしい。先週の土曜日もそうで。いまはどちらかというと、しとしと降っている。
ほとんど毎週コンサートをして、ピアノの教室をして、ほかのこととあわせるとなかなか忙しい。忙しいというより、慌ただしい。(日本語ではどちらが度合いが強いのかな。)   アレンジをした曲を作曲者が気に入ってくれて、歌手を変えて、今度はキイを変えての発注をいただいた。   嬉しいね。   当たり前のことだけれど、なんのことでもお誉めに与ると悪い気はしない。アイデアが次から次に湧いてくる。ところが外にいると、それを記録・記憶する脳若しくはそれに変わるメディアがなく、湧いてきたアイデアの多くを忘れてしまう。昔みたいに留守電に録音しようかなあ。     ところで、その忘れ方だけれど、「若いころはそんなことなかったような気がする」というのは、老化のハジマリだな。

あれあれ、だんだん雨脚がツヨクなってきたぞ。因みに今、洗濯してます。猫は歌のように「まるく」なってすやすや。風鈴丸さんから展覧会の郵送物あり。まあああ、シブヤではありませんか。こりゃ、行けない。子供を抱っこしている猫の版画いいな。うとうとする時間が羨ましいような絵だ。  春の嵐の午後は過ぎてゆく。さくらは咲き始めだから、週末はダイジョウブだと思う。花見の週末にしたいもので。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ