« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

絵に描いたような

西の空に金星。ハーフムーンに木星。絵に描いたような夜空。見てますか?

F1中継は地上波では打ち切りだそうで。ワンシーズン通してのイヴェントがとうとうワンスポットになるということで国内の人気はどんどん下がるだろう。ましてやエコの時代。ガソリンスタンドは一時の半数。ポーシェだって電気自動車を作る時代だ。ワクワクするようなイベントが形をすこしずつ変えていくのか、「ナシ」になっていくのか。親方は金にきたないヨーロッパの富裕階級だから、手を変え品を変え儲けを模索する。レースの開催そのものは俗に後進国と呼ばれた国が、生産国へ転化して行く中で富んだ国に変化するのを見計らって開催を促す「よい」根性。レーシングカーの技術を一般車へのフィードバックする、などという文句は、このジャンルに限って言えば通用しない。このイベントはイベントのためのイベントなのだ。いいもの、ないもの、すごいもの見せての一大ショウなのだから。   大好きなんだけれどね。

電子レンジが導波菅の不具合で出火。庫内の一部が焼けた。TOSHIBA製。部品は300円、経費が約5000円。あれ?あとすこしで、新品になる値段じゃないか。故障の扱いだけれど、ボクは事故だと思っている。劣化が原因というけれど、劣化して不能になるならワカル。けれど、出火じゃ、ハナシにならないのが僕の考えだ。修理に来た作業員に手落ちはまったくない。ワカランのは、最初に電話した企業の担当者だ。これは、もう一度メイカーと話をもどさなければいけないかと、今考えている。

いま電化製品やマスプロダクトはすべて「修理」ということばから乖離して、消耗品になっている。これを書いているCPUだってそうだ。買い換えていくのがいちばん利口な方法というのはどこか違うような気がする。だからといってどうすればいいのかがワカラナイのだ。

2012年1月23日 (月)

埼玉県羽生市

昨日は、三度目の羽生市。先週は清水。2週とも日曜に少し遠出。雪の心配少しありましたが、問題なく。清水ではいつもの赤堀さんがお出迎えしてくださり。サウンドチェックがすこし長引きましたが、開始は予定通りに。Ⅱ部の最初にいつものリクエストコーナーがありますが、まあ、いろいろな曲を書いてあります。系統は似ていますが、中にはガチガチクラシックやガチンコ演歌などがあり、こんなん、どこから切り崩せばいいのやらといった曲もあり。聴きたい曲というのは非常に大切なことで、演者と聴きてが了解しあえるわかりやすい瞬間です。

終わってみれば都合2時間以上。今回のステージは、Tacacoの写真も音楽とコラボ。滋味深く。いつものことながら参衆に感謝。

帰りになにかタベマショ、と、由比に立ち寄り、桜エビの蕎麦。ウマイウマイと前回と同じ感想を口にし、清水のシゴトは暮れゆくのであります。

羽生はワークヒルズ羽生という多目的会館にてのイベント。小原流の新年会のゲスト。おはながそこかしこに。しかし、ま、サブっ。雪じゃなくてよかった。約1時間ほど、ポロポロ。バリバリ弾くといった趣向ではないので、最初の印象がタイセツ・と、思いつつ、えいやっ!と始めれば1曲目、サブいままの指が動かない動かない。とは言いながら、それ用の曲をチョイス。3曲目くらいでもと通り。いやはや恐るべし指冷たい症状。帰りにはいろいろなモノいただいてしまいまして車はパンパン。往復400キロの行程は無事終了。また呼んでくださいな。

2012年1月 5日 (木)

ことしもよろしくです。

昼間は南から陽光温かく居眠りしそうな、と、書こうとふりかえれば、既にいい気分で睡眠をとっておりますところの「りん」と「ふう」。本日はこんなカンジ。

Rimg2095

仲良しのふたりであります。

さて、猫やは7日から。14日は、エフエム三島の(ヴォイスキュー)小坂嬢が御来店です。カフェの特集をやっているので、とのこと。14日は取材、15日に電話でのインタビュー予定。清水に行っていますが。宣伝宣伝。てか?

3日夜を区切りで、年末年始演奏会が終わりました。この1週間は概ね天気が良く星空がとりわけ綺麗であり。天城までの道も空いており。しかし皆様お金持ちでいらっしゃる。つぎの演奏会は通常の㈯夜に戻ります。スケジュール空いている方は聴きにきてくださいな。

というわけで、今年もはじまり、はじまり。