« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

荒唐無稽

東京都知事選。発明家・ドクター中松はまた出馬する。かれが出た番組をかつて見たことがある。「私は当選する。それは、私のこの本に書いてある~『選挙に勝つ方法』(題名忘れました)。はたまた 「永久運動機」~燃料が要らない~だと。  彼が今回の選挙に当選するか否かはどうでもいいことです。今日書くのは、荒唐無稽だということをやってみないかなあ?という荒唐無稽なハナシ。

例えばね、水となにかを加えるとガソリンになる、とか、一度回すととまらないプロペラ、とか。なにかをするとドブの水が清涼飲料水になるとか。夢のような話や、無理かもしれない、や、あとちょっとで実用化が可能だ、とか。そういったものを国のお金で審査して、2~3年の期間で、実験、挑戦をするプロジェクトだ。  当然お金は必要だ。学者も必要だ。然るべき施設も必要だ。たとえば宇宙になにかを運ぶお金。不透明なODA。○○助成金。戦闘機1機分と飛ばす費用。(今自衛隊の皆様は東北で復興のおおきな仕事をしてます。一番頼りになる公務員です。たまに戦闘機を海に落としたりしてます。謝りもせず、クビにもならず。)  国家の一大事な時期、借金だらけの予算、どこからお金を出すったって、それはキビシイ状況だ。でもこれはひょっとしたら全世界の人間に役立つ結果を生む可能性があることなのだ。

題して「ドラエモン作戦」。審査の対象は、圧倒的不可能と思われること、または、実現可能に見えるなこと、夢を与えられること、なにかの役に立つこと。審査員の資質も問題になるが。審査通過の暁には、当人をリーダーとする研究グループをいくつも造る。法人格を与え、職員に給与を支払い、実験の経過・結果、要した費用・経費を必ず定期的報告させる。だから監査役も必要になる。オアソビだと捉えられるかもしれないこのプロジェクト。でもね、ホントになにかとなにかの組み合わせで、食糧や燃料ができるなら、それこそ、人類最大の発明になる。そんな目的の為のお金を政府が拠出したらいかが、という提案なのだ。  やっぱり荒唐無稽かねえ。

2011年3月28日 (月)

イシカワ

予選落ちばっかりでも平気だよね。さ、マスターズだ。アルバトロスでもやりましょ。そういえば、ワタクシゴルフは(もちろん下手くそ)10年以上やってない気がします。シューズはスパイクついたままというくらいの。

忍者カムイは8位完走ながら失格だと。毎度おなじみレギュレイション。決まりごとを掻い潜って新しいディヴァイスを装着したんだから、ま、違反と言われればしかたないかな。そんなことより完走というのがいいワケで。また金持ち興業がはじまりました。ヨシヨシ。

高橋ユウイチロウさんがチャリティライブをやるんで、出演どう?って。スケジュールは4月17日。あとで、返事しますね。決定後、告知します。

4月24日はフォマルハウト&Takacoで、こちらもチャリティ。多くのお客様がいらっしゃるときいております。電気なしでも対応できるような構えでおりますので停電でもご安心あれ。

今月27日に予定していた加須のライブは延期となりました。夏くらいかな、と勝手に思ってましたが、ひょっとするとクリスマスくらいになるかもしれません。こちらも追って。

イシカワさん、BENのイシカワさん、お元気ですか。お子様は大きくなりましたか。そのうちまた行きますんで。

清水の生涯学習交流館のAさん、延期になったスケジュールは6月でいいですよ。

2011年3月26日 (土)

夜の過ごし方

計画停電が行われる日の昼間電話が鳴る。「夜、演奏出来ませんか?」こんな日にもお泊りのお客がいるとのこと。停電のあいだに出来ることを模索した模様。幸いサロンには薪の暖炉があり暖房は問題ないので、食後そちらにお集まりいただき・・ということで出かけた老舗の宿。   音楽家?はどこにでも行くのであります。     「非常灯はあと30分ほど点いておりますが、その後はろうそくと電池によるわずかな灯りになります。」   

当然鍵盤も譜面も見えません。が、きっちりした音楽を発表会のようにするのではないので、ポピュラーな曲を次から次へ。こんな夜の過ごし方があるんだな、と、羨ましいような、ピアノ弾きとしては嬉しいような複雑な状況。  お客様ごとの誕生日のエピソードを本から探して懐中電灯の灯りで読み上げ({音楽の366日話題辞典」・朝川博・永島昭男著、モーツアルトからビートルズ、日本のフォークまでありとあらゆるジャンルのその日に因んだエピソドを集めたカレンダーのような本です。)すこしのお話をしながら曲を続けました。いい感じ。

停電はいたしかたないのですが、夜は困る。本すら読めない。寝るに寝られない。食べてもおいしくない。でも、こんな夜ならいいのであります。

計画停電のぶんの基本料金の割引はあるんだろうか。しかし今回の津波による一電力会社の問題は、じつは国の問題ではないかと思う。(停電情報はフリーダイヤルでといって、かけてもずっと繋がらない。インターネットでと、いっても、持っていない人はどうするんだろう。)  すべてのひとの生活の基盤を担うこのインフラは、社会保険や税金と同じくらいの国家の重要なファクターではないのか。  すべての発電所などのエナジー問題は、一電力会社の問題ではない。  一電力会社の問題はいかに安く電気を売れるか?じぶんが儲かるかという問題でしかない。   そういえば、災害に伴い特別に野党に協力を求めたら袖にされるという事態は良いか悪いか。国家の一大事に、政策論争して無視するのと、必要な協力をして拍手されるのと、どちらがのちのち花円マークをもらえるのかな?

みんなが正義だ。それぞれがタダシイ。生活が均質化されていれば、意見は、それぞれがタダシイ。ただ、向かう方向がひとつなのだから、違う方向を向いたひとに「こっちのほうがイイゼ」という指針を与えるリーダーが欠落している。

2011年3月22日 (火)

安否

ずっと仙台の事務所が心配だった。しばらくしてから、しばらくしてから、と思って今日。電話の向こうはいつもと変わらぬ声。知り合いには不幸を負ったひとは幸いにしていなかったそうで。とりあえずはよかった。パーカッショニストのKは当日石巻で公演だった。命からがら裏山に避難出来たことを後日知った。

重ね重ねすべての人にお見舞いをもうしあげます。

演奏のほうでは、3月19日の会も月末も4月の初めも中止延期です。追って。また天城は交通・計画停電の煽りでしばらく様子見。こちらも追って。

きょうは、墓参りやカミさんの入院などがあって外に。彼女は、はじめての入院なので、神妙な顔してました。しかし大きな病院なので、コンビニまであるし、蕎麦屋まであるし、Dコーヒーまであるし、なんでも揃って羨ましいくらいの病院であります。僕は入院には慣れてるけれど、やはり不安はその時その時ありました。。  だから、う~ん、オペの最中に地震で大揺れしないことを祈ってます。    帰ると計画停電の真っ最中。そういうものかとは思いつつすごしたワケですが、前回の夜の停電。こりゃチトつらい。また順番でやってきますが。    電気が不可欠な生活というものに、見るもの聞くもの口にするものすべてが電気で成り立っている事実。演奏するにも電気が必要。   電力業界のどこかをなにかにシフトチェンジしなければならにことがよく分かると同時にそれは何かという疑問。ボクよりも頭のいい人間がそろっていながら、具体的な方策さえ見つけられず。ボクはこまめに電気消すくらい。   しかし、停電中は町が静かだ。

で、あいかわらず発端から情報公開が不明朗だ。なんでかんで調査中と来る。危険でないのにまちがって危険だというのと、危険なのに危険でないというのは、どちらが罪が重いかは、国民が判断した通りだ。 実際に必死に危険を回避する行動を取っているひとには、頭の下がる思いだし、がんばってほしいと思う。微力でも必要な手助けはする。しかしその行為を指して「調査中」であったり「現在不明」の返答の連続では、当事者は苛立つし、国民は不安になる。買占めの原因はそこにもある。

あしたは早起きしなくちゃ。

2011年3月21日 (月)

頭脳の構造

暫くTV番組が馬鹿番組を放映しなかったので気持ちの良い時間を過ごした。喉元過ぎればナントヤラで、また始まった。あまり見ないながらも基本的にはTV番組は好きだ。けれど、見ていると鬱陶しいことがよく起こる。ドキュメンタリイ調のドラマとか呼ばれるあのテの番組のBGM.音が大きすぎる。会話がききとれないようなものはオカシイ。たまにききとれないような状況というのは、そういう状況が欲しいからで、恒常的音量の大きなピイヒャラはごめんだ。それから、音楽番組のカメラワーク。右から左から押して引いての連続。ジェットコースターみたいなそれ。意味ないドアップ。生演奏しない生演奏風なバンド。ムカシのアメリカ的といえばアメリカ的。いいんだか悪いんだか。   ダカラ、たまに見るこのテの番組を、また見なくなる。クイズ番組の出演者のオバカ三昧。芸のない芸人。  また見なくなる。ぼくの頭脳の構造はこういうのを「ヨシ」としない構造になっている。

今回の天災と不運と人災の一件で、彼我の相次ぐ音楽会の中止・延期。予定されていた方にはご迷惑をおかけします。しばらくしたらゆっくりやりましょ。自然にそのときままで。べつに逃げていくものではありませんから。

停電のおかげで節電の現場に遭うことになりましたが、異常な明るさや不必要な照明がいかに多かったかを感じた方も多いと思います。看板なんか、このくらいでいい。ゆずりあいの常識さえ通用するなら信号だって要らない。  復興を目指す被災地の電力インフラをもしも一朝一夕でやらずに計画的にできるならば、地中化と、公共施設と非なるものとの電源配線の区別を目指したいものです。とはいえ、実際目先の電力が必要ですから、こういうことは二の次になるのは承知の上での提言。

原子力発電のコマーシャルや広告で潤った芸能人のみなさま、少しは考えましたか?昨今のこと。万が一という言葉、想定外という言葉は通用しない。

2011年3月13日 (日)

!!

12日清水区の音楽会は急遽中止・延期させていただきました。新しい日程が出ましたら、またご案内いたします。

被災地の皆様にはお見舞いを申し上げます。現地での援助をされている方々には、自身のご注意をも含めての健闘をお祈り申し上げます。必要とされることが出来ないことをもどかしく思います。日本じゅうのひとが同じ思いです。がんばってください。

2011年3月 4日 (金)

親ばかのここ数日

Rimg1956_3 きのうも今日も夕方いきなり雪。すぐ止んだけど。寒いと温かいを繰り返し、またや~な夏に突入する次第。眠るところはいろいろあるのだけれど、ふたりのお嬢さんは本日はこのとおりふたりでひとつのベッドで。寒いんだか、くっつきたいんだかよくわかりません。

朝3時くらいの空はとても☆がきれいに瞬いている。あっという間によるが短くなってすぐに曙だ。朝の車のフロントガラスは、氷がバリバリで、未だ解凍用の噴霧状ボトルの世話になっている。このスプレイは傑出だ。

ことしの冬、ふうちゃんは、ベッドにぼくが横になると飛び乗ってくるんだけれど、10分くらいごろごろ言ったあと、出てゆく、の繰り返しで、朝までいたことはありませんでした。

週末はまた天城。月ヶ瀬梅林が8分咲きで、きれいなそうで。河津はさくらに雪。白浜は砂浜に雪。目の前のソメイヨシノはつぼみが紅くなってきた。メジロはさくらのとなりの緑に隠れている。セキレイは尾をパタパタさせて玄関までやってくる。ムクドリは我がもの顔でギャアギャ啼く。月末の埼玉の音楽会。メニュー出さないといけないな。12日はまた清水区。今回の清水は只管伴奏オッサンになりました。次週は清水町にて。昨日のサンリッチ三島のひな祭り演奏は無事終了。そういえば仙台の少年の情報機器を使った悪戯。海のムコウではこの機器が国そのものをひっくり返してしまった。良い悪いとはべつに無限の可能性をひとつずつ現実にしてゆく。

2011年3月 1日 (火)

primavera

なぜかクレマチスの丘のレストラン。本日の演奏のお客は客二人。誕生日のための演奏。奥様の誕生日のためのディナーということで、選ばれた場所「プリマベラ」は品のいい佇まいと柔和な料理。リクエストいただいた曲は「別れの曲」「unchained melody」など数曲、あとはよろしく・とだけ。はい、承りました。弦・管・鍵盤・電子音各種ありのワンマンオーケストラからソロギターまでの豪華布陣。最初はね、二人というので、躊躇した。二人という数に躊躇したのではなく、こういう音楽のご注文をお出しになった方というのは、どのような方で、どんな音楽を日ごろ楽しまれている方だろうかということに躊躇した。ま、やるしかないわけでして。で、お迎えのクラシックの後、すこしの会話をして、このセンかな?と理解。あの曲この曲と都合90分程度。(途中お休みあり)。結果・・・たいへん喜んでいただきました。ああ、よかったの巻。

3月になりました。3日は高齢の方たちとの「雛まつり」コンサートがあります。一般公開ではありませんが。   次は今月19日清水町地域交流センターでの「渡邊実帆&FOMALHAUT」の演奏になります。お問い合わせは同所。

由比

広重美術館は往時を彷彿させる旧東海道に面し、交流館を併設された施設はあまり近郊では類を見ない「やさしい」構築物でございました。由比では初めてのこのような音楽会を静岡市では150回以上に亘り継続しているそうで、感服。   音楽会の類は継続という言葉が一番難しいイベントです。木造故か厭な周波数の残らないホールに、オカリナとシンセサイザーの音が混ざり合って「いいでしょ?」と意味なく訊きたくなる感じ。満員立ち見までの盛況でして。朝からスタッフにはご協力いただきありがとうございました。清水区のイベントに来て下さったお客様や三島からのお客様など、縁のある方、初めての方、お子様皆様に盛り上げていただき、感謝。フォマルハウトはこれからも行くのであります。  で、メシ。vocal のTakaco とうちのカミさんふたりで、散策中に見つけた桜エビの蕎麦屋。当然GOなわけで。ここは桜エビの唯一の水揚げ港。ひさびさの桜エビ三昧。ユキちゃん、解説付けます。 目の前180度海の見えるガラス張りの蕎麦屋。国1、東名、東海道線を見下ろす午後のメシ。本番ともどもなんともいい空気の中で、一日は過ぎたのであります。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ