« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

みかん

みかんをいただきました。昨年、久保田邸、日本平ホテルに来てくれたお客様から。本日は清水。館長・赤堀氏の配慮にて開催した、「新春コンサート」。(新春というには、すこし遅いカンジ。ほ・ほ・ほ)会場は満員。早々に締め切らせていただき、ありがたく。小学生から高齢の方までまさに老若男女入り乱れてのリクエストコーナーはマルチジャンル。その中から数曲その場で譜面もなくくりひろげ、本来のプログラムと併せての100分。タカコ姫もおつかれさまでした。みなさま・満足なご様子。CDも沢山お買い上げいただき。   

で、どうなっているかと、3枚パノラマ処理しようとしたところ、真ん中の写真がないではあーりませんか。しょうがないので、端と端の2枚をゴーインにくっつけたのがこれ。笑う人、泣く人、瞑想中、歌う人、小学生(飽きたかな?)などなど、いろいろと取り揃えております。(本番中にすこしだけパチリとやらせていただきました。ごめんなさい。) 

なお、清水の山の中・久保田邸で再びやれるかもしれません。4月から5月がいい季節かな。そのときは告知いたしますので、ぜひ家族・ご友人または愛人と御一緒に。ハイキング・物見遊山・自然観察・お絵かき・・なんでも目的に出来るロケーション。ひとまず、フォマルハウトは2月末まで小休止。(2月末は由比。)

          事情ある方もいらっしゃると困るので、クリックしても画像は変わりません、あしからず

Photo

2011年1月29日 (土)

さぶ。

さぶ、冬であります。アメリカも真冬であります。霧島は噴煙あげてます。さぶ、は渋谷東にあったオ●マバーであります。今は渋谷警察裏。此処で会った忘れられない人は「岸田森」。亡くなりましたが。とにかくカッコいい。おばか。紳士。天衣無縫という言葉はこのヒトのためにありました。ヘインズのTシャツにサインしていただきましたが、散逸。散逸といえば、LP。みんな覚悟して捨てたけれど、10枚くらいとプレスリーもの20枚は、失敗でありました。CD化してあるから、音源は捜せば手に入るけれど、そういうものではありませんです。ジャケットが問題であります。最近の若いヒトたちは、ジャケットも歌詞も要らないらしく思えてならないのは、通信によって手にいれる音源で満足しているように思われるのです。

昨日まで、フェルマーとパスカル、二人の数学者の手紙のやり取りを記した「世界を変えた手紙」を読んでおりました。フランス語を英語にしたものを日本語にしてあります。今、有能な数学者が考えれば他愛ないテーマについてのやりとりが、互いに敬愛し、尊敬し合う学者同士の緻密な構成による洞察を基にほころんでいる、書簡集であります。いま、ここに文章を書き、あっと言う間に世界じゅうどこからでも閲覧できるような時代とは隔絶というか、まったく異質な文化がみごとに具現されております。手紙でものを伝えるという伝達が好きであります。

明日は清水。情報によりますと、満員であります。それも多くのヒトで。ありがたいことであります。満足なさるように、弾きとうございます。それでは、アシタ。なおこれから、フットボールを拝見いたしますゆえ。宿敵オーストラリア。6点くらい取ると嬉しうございます。

2011年1月25日 (火)

ヲシテシルベシ昨日の続き

「GRUN」はこんなです。Grun03 ストーブ燃えてます。グランドピアノあります。蓋閉めた。鳴りすぎた。シンセ使います。ユキちゃん話ます。エンジロウくん控えてます。WEBでわかりますが、目の前は野菜畑。燻製用の小屋まであります。う~ん、絵に描いたような可愛いレストランでござる。コーヒーおいしいです。写真の右が座席。

Photoそして「やさい暦」。外の景色を強調したくてわざと店内を暗くしました。L字型に配置された店内の縦線方面でござる。厨房はこの写真の右手。左は庭と段差あって川。贅沢なロケーションであります。コチラもストーブ燃えてます。入り口近くにパンの工房があります。

M110123046

それで、敷地の山側に木工所と公園。木工所は、趣味の人にはタカラノヤマでして、材料や機械が、ピアノもギターもチェロもなんでもおいてある音楽室と、隣り合わせと言った寸法。で、←このヒトが、木工所の主。今なぜか楽器作ってます。ハピドラ風なもの。気も~ちヨサそなところをカコ姫がパチリ。こちら側はL字の横棒の座席。演奏するのは今回そのL字の曲がり角に設定しました。たくさんの写真を載せたいのだけれど、敢えてこれだけにしたのは、「おしてしるべし」にしよかな、という魂胆。ダシオシミではございません。

   

2011年1月24日 (月)

番外は嬉しい涙で、の巻

CDをお買い求めいただいたお客様が「サインしてください」と仰る。     「今日入籍してきたんで」え?あれあれ。と、横には丁度カコ姫。「百年続きますよう・・・」の歌詞がふっとよぎって。「ハナミズキ」あげましょ。♪タータ・タータ・タア♪で、カコ姫ランラン歌う。そのまた横でユキ姫ピイピイ。正面に御夫婦。真ん中ピアノオジサン・たんたん。その場で出来ることは演奏。1番の最後で、とうとうカコ姫ダウン。嬉しくって歌えなくなりました。ユキ姫愛の手ピイピイ。オジサンタンタン弾いてます。店の出口を見れば。  みんなこっち向いてニコニコ。口ずさむ口ずさむ。当の本人たち、にこにこ。 

  藤枝「やさい暦」の音楽会は無事終了。予約入場者と同じくらいの当日急遽客で満員40名さま。足の踏み場があるくらい。約120分の音楽会は「買い」のひとこと。これは、お店そのもののロケーションや環境・スタッフの努力・演奏内容との見事なバランスで導かれた帰結。言いだしっぺ「マイ」ちゃんの人柄まで偲ばれる。  なんと、100点満点の出来でして。((マイチャンは藤枝観光協会にいるそうです。かわいい人なので、独身男性は用もなく当地を訪ね、挨拶代わりに、古民家などの案内をしてもらってください。))  終了後、しばしお茶をいただいていた時に起こる、冒頭の部隊がざざざ。小気味良い足音で近付いて、冒頭の舞台。暴投かと思いつつ番外の演奏会。音楽っていいな、と、素直に思った瞬間。暴投が「光る魔球」(By ☆飛雄馬)に変わりました・の巻。

三輪さんは、カフェGRUNのオーナー。最初はね、とっつきにくいカンジのオッサン。途中からひとのいいオジサンに変化する。この店は月に何回かライブをやっています。アマもプロも分け隔てなく。そんな店でのフォマルハウト第1回めのライブ。個人的にね、すんごっく嬉しいのがグランドピアノ。多くは語らず。あれば、演奏会の鍵盤部門表現力はかるく30倍くらいになる。いつもはデジタルばかりだからね。いうことなしだ。     で、内容?いうことなしだ。   その結果が5月28日の2回目のライブの要請。今度は予約お早目にどうぞ。ホントだよ。早くしないとまた満席で入れませんから。

ZAPPAのなんとも言えない建築家のアトリエふうな自由な空間には、甘いワッフルとアコチャン作る日本茶コーヒーなどのフレイバ。 並んだ陶器と沢山の本、家具。趣味のひとはタマラン構成になっちょります。会場に合わせたSRのサウンドディヴァイスに包まれた音空間は土曜午後ならではのゆるやか空気。風もない温かな冬の当に「ひだまり・サウンド」。   「ディア・フレンズ」の企画の相手はエンジロウくん。やさしい調べに、ときおり響かせる突っ込みのピイピイは、主宰のユキ姫のピイピイと仲良くピイヒャラと、フランク・ザッパになりました。あ、治美ちゃん、アリガト。

これにて報告おしまい。写真もカコ姫が沢山撮ってくれたので、追って載せますから。カンケー者のブログには、もう載ってるかもしれないけれど。

では、次は清水でお会いしまほほ。お茶屋の中村サン。来れなくて残念。やり繰りついたら、どうぞ。待ってますよ。清水地元の方は中村さんチのお茶買ってね。館チョーの赤堀さん、電話ありがと。

2011年1月21日 (金)

県境

ワルシャワの南クラクフは冬まっただ中。ときにはマイナス15度くらいになるそうな。北に向かう列車のコンパートメントの窓の建付けがひじょうに悪く隙間風といっしょに雪が入り凍る。さぶ。なんてのを少しおもいだしながらTVで各地の雪の様子を見た午後があり。

夕方から山中湖のスタジオで録音。情報では積雪なし。夏のタイヤででかけると、御殿場は林の間に残雪。あ?で、無料化実験の東富士道路を山梨側へ抜けると道路は凍結。思わず4駆にシフト。マニュアルだもんね。でも雪に夏タイヤでは、4駆もあまり意味ないのが事実。ごめんごめん。そういえば、河口湖楽園はどんなだろうか?

仕事は急ピッチ。ブリブリいうベースとドンガンバタバタのドラムと洒落たピアノは収まりもよく本日の仕事はオシマイ。少々のことは目を瞑って、いや、耳をソラミミにして。帰り。雪だ。今冬はじめて。時刻は夜中の2時。気温はマイナス5℃いかんなぁと思いながら走ると、だんだんその気になって降っていらっしゃる。を、約15分。トンネル過ぎてもその気収まらず。しばし。再びの御殿場市街地からは降雪なし。なにごともなく帰宅いたした次第。

年に数度しかない夏タイヤの恐怖、とまではいかなくても、足元の心配。このあたりに住んでいると必要ないアイテムだし、周りをみても、冬タイヤは少ない。チェインもないしね。でも、やっぱり用意しておくべきなのかどうなのか迷いながら、今冬も過ぎてゆくわけで。また、近日ちゅうに同じ思いをするかもしれないし、来年同じことを書いてるかもしれないし。

あしたからは、音楽会連チャン。役満とまではいかなくても断公ドラドラくらいで終わりたいものであります。(満点以上ではなく平均点以上でということね。)

2011年1月18日 (火)

radio SBS 1404khz on Friday

朗報。過日SBSのオンエア及びライブが好評だったことを受け、制作陣が21日金曜日にフォマルハウトとシモヤマについての告知を曲込みでしてくださることに相成りました。夕方17時20分くらいに、電話ですこしお話をして、そののち「満月~Full MOon Wounded」をオンエアしてださるとのこと。今朝聴いて。あらま、びっくり。嬉しいかぎり。こういうことってあるんだな。こんな調子でずっと続けばいいな、などと、ニコニコしているシモヤマでした。

で、当日は当然次の日・22日のライブのことを話します。で、で、もう一度ここに書きます。

◆1月22日(土)zappaビル2F カフェスペース  
 富士市中央町1-10-9 0545-57-1057(この番号は予約できません) ≪MAP≫ 
 14:00~15:30 ◆1500円 お茶&お菓子つき 席のご予約・お問い合わせは  
  090-4119-0420 古庄まで。 残席あり。
 メール:wagmiza@mx6.ttcn.ne.jp  

1月22日(土)@駿東郡長泉町 農の食卓café grun 
   (アクセスについてはcafé grunのHPをご確認ください) 
 19:00~   チャージ1000円  
  +お食事コース1500円orおつまみコース1500円  満員になりました。

1月23日(日)藤枝「やさい暦」

http://oosakavegefarm.eshizuoka.jp/e685779.html

11:30~ ランチ、  13:00~14:30 ライブ、 ¥2000、 ランチ・ドリンク付です
先着20名様限定です。

希望の方は やさい暦まで  054-639-1055


1月30日(日)清水江尻生涯学習交流館 
 1階いきいきホール ≪MAP≫ 
 静岡市清水区小芝町3番35号 054-367-3321 
 13:30~15:30  
 無料 150名(先着順) 
  FOMAL HAUT with Tacako 
 wind:古庄由喜子 key:下山英二 vo須賀貴子 
 
主催:江尻地区三世代交流事業 
    まちづくり推進会 
 
問い合わせ・お申し込みは 
 054-367-3321 江尻生涯学習交流館まで。

2月27日 由比 こちらはまだ決定しておりませんが近日中にもう一度

告知いたします。

と、いうおことで、告知おしまい。では、ご来場お待ちしております。

2011年1月16日 (日)

本日は砂場にて

遅いランチは「大もり」。日本じゅうどこへ行っても、もり蕎麦、せいろ、タマにざる(海苔は不要だと前々から思ってます。出汁も蕎麦ももりとざるで、おなじものでは困る)。夏も冬もこればっかり。おやおやなかなかうまい。近所なので、なんとなく通り過ぎていた蕎麦屋。更科にかなり近い。1.3番粉だな。。出汁が好みだ。すこし濃い目のそれ。ねぎは要らないよ。山葵は必要だけど。トウガラシでもいい。いやはや、近所すぎて見落としておりました。ここに来ればいいんだ。いけないのはひとつだけ。座ったテーブルが囲炉裏になっていて足元を囲っている、足を延ばせない。椅子が作りつけで、食卓との距離が自分の距離ではない。と、そんなことはどうでもいいことでした。厨房では足でうどんを踏んでいる最中。ああ、しっかりやってんだ。    というわけになったのは、例のSBSラジオの生放送のあと、会場向けに30分のライブとお片づけのあと、というのがその理由。   

Rimg1932 人口3万人、行政面積8平方キロのちいさな町・清水町のレストラン・「バッカスのへそ」と大型SC・「サントムーン」で、の二日間。レストランは、東洋一の湧出量を誇る柿田川の隣にあります。この水は地元はもとより熱海まで運ばれておるわけで。で、施設は3区画に分かれております。ライブの会場は、母屋の東側に張り出したスペースで。収容は満席40名程度。すこ~し空席ありましたが、四人掛けの席が二人掛けの席になったところは、おふたりでまったりと。ちょうどいい感じになりました。テーブルでのディナーですから、基本的には皆様同じ時間でスタート。お味は好評。演奏も好評。音質も好評。おかげさまで一安心。新年一発目は無事終了。ここはもう一度やりましょ。

Rimg1926 で、三日経ってサントムーンでのライブとなった次第で。110115_110650_2 左はサウンドチェック前会場の周りの様子。右はサウンドチェック後のもの。毎週土曜日の11時から13時までの生放送でございました。パーソナリティは石島さわかチャン。最初はさやかチャンかと勘違いいたしました。と・こ・ろで・・・寒い。二重扉になっているとはいえ、寒風は忍び寄り。あのぉ、指、ツベタイです。しかしお客様、足を止めて30分聴いてくださり。  こういう場所での演奏はジツは初めて。むかぁし歌手との旅先で、こんな設定があったのを思い出しました。でも、決定的にちがうのは、むかぁしのそこには「歌」があったのですが、今回はナシ。演奏、それもワタクシひとり、なかなか、考えようによっては酷なもので。責任がぜぇ~んぶ自分だもんね。

なかなかタノシ~イベント2本。サントムーンのあとは天城へ。アンケートには「つまらなかったら途中で帰ろうと思ってましたが、よかったです。癒されました。」と。CDもお買い上げいただき、こちらがほんわかしたのでありました。でも寒かった(グスッ)。

2011年1月13日 (木)

25年まえの・・・

MCなぞをしないといけないソロコンサートが「バッカスのへそ」にて本日ありました。この曲はね、誰それが書いて、など、ナンチャラカンチャラ話をします。「つぎは古い曲を、すこし・・・」と、言い、「25年前・・」と言った瞬間に「まだ、生まれてない。」と、おやさしい反応。あれれ、声の方向を見れば少年が。少年Aは9歳でありました。広範囲の年齢層により、この反応が生まれました。   で、ホントにおいしい食事と(よかったであろう)音楽で、昨年来懸念のライブは無事終了。新年初のコンサートでございました。帰ったばかりで、片づけと、荷物降ろしたりがありますので、写真は後日。  また、同所でのディナーコンサートを企画しますので、ぜひ。

ついでに、告知。  1月15日はSBSラジオ生放送で、生演奏のスケジュールがあります。このあいだ(土曜)打ち合わせに行ったら、その場で、いきなり来週と言われ。  11時過ぎからの(番組は、11時から13時)出演となります(予定)。  13時からは、会場にいらしたお客さまだけへの特別ライブ30分くらいやっちゃいます。これはオンエアーしませんが。  場所は清水町サントムーン・センターコートのサテライトスタジオです。終わると夜は天城・毎度の「さか屋」に行きます。どちらも時間のある方はいらしてくださいな。

22、23日はフォマルハウトのカフェライブツアーです。22日は昼・富士ZAPPA、夜・長泉GRUN、23日昼・藤枝やさい暦http://oosakavegefarm.eshizuoka.jp/の豪華絢爛シリーズ。ここだけ読んだら、まるで売れっ子のようなスケジュールになってます。おほほ。   ZAPPAは残席少々。GRUNは昨年のうちに予約で満席となりましたので、早目に次回のスケジュールを組みます。   藤枝は初めてとなりますが、藤枝の「マイ」ちゃんが、スケジュールを組んでくれました。3か所ともそんなに大きなカフェではありませんが、オーナーが3店とも大きな気持ちの人達です。30日は清水市江尻生涯交流センターで。(昼)

というわけで、今年もソロ、フォマルハウト、新しいプロジェクト、がんがんやっていきますので、よろしくおねがいいたします。

2011年1月 7日 (金)

いちご

毎年いただく松井さん製作の「やよいひめ」。すてきな昔お姉さまのシミズさんからことしも届きました。ありがたく。甘くてほどよい酸っぱさ。旨い!  コタエラレナイ逸品でございます。Rimg1924 とにかく粒が大きい。で、写真撮りました。これはその中での中くらいのそれ。しかしこれで大福作ったら中華まんじゅうくらいのおおきさになるな、と思いつつ、ムシャムシャ。      となり町の韮山では、観光バスが自家用車と数珠になり、イチゴ狩りの最中。いまのシーズンは入場料1500円くらい。5月に向かってだんだん安くなります。あの~コンデンストゥミルク、ボクは要らないのですが~ で、とりたてて旨いものではないのだけれど、「イチゴ狩り」はじめ、「○○狩り」の醍醐味は、その場で自分が積んだり捥いだりしながらその場で食べること。これイチバンおいしい方法。特にくだもの、野菜はね。摘果してからしばらくおいたほうがよいものはあれど、フレッシュフルーツは、これが一番いい。ちいさな頃は露地栽培で庭というか畑というか、家の目の前で、4月から5月にかけて食べたイチゴは、マーシャルだとか、ダナーというアメリカ産の品種でした。粒なんて写真のそれの4分の1くらい。なにも問題なし。いまでもときどき春に朝摘みの1袋2~300円くらいのふぞろいのそれに出会いますが、あまり見かけない。十分おいしいけれど、商売にならないからだろうと勝手に推測。   

 昨日は新幹線にて東京。地下鉄の売店で「ぼんたん飴」などというものを、20年ぶりくらいに買ってしまい。  グミといえばグミのような、飴といえば飴のような。 パッケージは煙草でいえばピースのような頑固さ。 個別包装の素材はオブラート。 ただ懐かしいだけで美味とはほど遠く。おまけに歯にカラムコルム山脈。   しかしながら主張を持ったお菓子でありました。 そして食べながらさいきん・・お菓子に主張がなくなっているような気がした。へんなもの、あぶないもの、不味そうなもの。 製造は消費者あってこそだけれど、媚びているような。 

あしたはSBSアナウンサーの伊藤さんがサントムーンから生放送。おジャマしちゃいます。今度出演することになっているわけで、打ち合わせを兼ねて。1年ぶりに会いますが、最近はスポーツの中継が多いようです。で、去年から肩書が部長になっちょります。皆さん、オトモダチが、どんどん責任ある立場へ登ってます。ワタクシは部下がリンとフウちゃんの猫2匹。

2011年1月 5日 (水)

正月のTV

團伊玖磨にTVと書かないと怒られてしまうから、TV。この人はホントに文章が上手いと思う。語句は極めて国語文学者。調べは上品。で、ジャパングリッシュや略語は嫌い、ブとヴは、しかと使い分ける。何を以ても下賤なワタクシとは育ちからして違うワケで。で、そのTVを正月の昼少し見た。  ら。   ありゃりゃあ=なんということでしょう!家を買うの買わないののドラマをふんだんに再放送なさるキー局。違うんじゃないかなあ。タレントがギャーギャー言ってる番組(嫌いだけれど)のほうがまだ正月の気がする。こんな再放送枠があったとはつゆしらず。昼間2日間ぶちぬき。ほかの番組を制作する時間と金と脳がなかったようで。やることなければ地方局が30分ずつ都道府県のお参り場所や名物を、順番に紹介してくれたほうが、いいじゃないですか。ああ、こんなところもあるんだな、とかこりゃ面白いとか。「再放送」というのがどうしても気にかかるワケ。全然うまくいえないけれど、「なんか違うんじゃないかな」って気がね。「ほかのことを考えられないのかな」ってね。「面白いんだろうか」ってね。「じゃ、映画やってよ。」ってね。べつにどうでもいい番組だけれど、こんなのやるから、どうでもよくなっていく。アホくさ。Photo

今日はいただいたイノシシ最中。旨いようなカンジ。外側を鮎にした最中もありますが、これは天城の名物。「名物に・・・なんちゃら」。  餡はさほど甘くなく食べやすいです。

2011年1月 4日 (火)

えいやっ!

ひとしきり考えてから、勢いつけて30cmの高さのベッドに跳びのってくるフウちゃん。「えいやっ!」って。おデブだから、勢いつけないと登れない。それで、ボクの横にゴロゴロ言って睡眠態勢。で、こちらが寝た頃にでてゆくらしい。夜中起きるともういないし、朝も当然いないから、きっと。  必ず来るので、律儀といえば律儀だけれど、たまには、朝まで一緒にいましょ。因みに、リンおねえちゃまは傍には来ない。    などと、猫の話から、本年もスタート。きのうまで、音楽会は続き、一応年末年始の部はおしまい。これからは12日のコンサートの準備に入るところ。構成・メニュ・構成・メニュ。音の確認・弾くことの確認。  では、お待ちしております。12日19時頃開演。「バッカスのへそ」食事込み。4K円。(055-976-5959)18時くらいからの食事です。演奏は終わりを見計らって。えいやっ!」って弾けばいいかなあ。