« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

sold out

来年のはなしですが、1月22日は、FOMALHAUTライブ2本立てでございます。14時からは富士市ZAPPA、19時からは長泉町CAFE GRUNで。 ですが、19時のGRUNは、目出度く12月を待たずして満席・SOLD OUTとなりました。ありがたく。で、いまからの申し込みのかた、ごめんなさい。また三島・沼津での日程を出しますので、少々お待ちを。なお、ZAPPAはゲストに「えんじろう」(理科の実験の「ぜんじろう」じゃ、ありませんので)くんを迎えます。こちらは残席少々。よろしければ、ご予約を。 

 と、来年はさておき、12月1日は半年も前から決まっていた某幼稚園でのクリスマスコンサートです。半分はリクエストから。とんでもない曲まで含めて沢山の曲を保護者からいただきました。ま、4時間いただければ全部やっちゃいます。覚悟きめてきいてください。(そんなに、やらないよ)お子様+保護者+職員ともども良いイチニチになりますように。

昨夜も「さかや」からの帰り。夜中の星がきれいで。東の空には22歳くらいの月が昇って。天城からの帰りの道は、空を見るのがタノシイのであります。誰が言いだしたかしらないけれど、「癒し」というフレーズがアンケート用紙に自然にでてくるような音楽会を続けております。いろいろなジャンルの曲やってますが、よくこのコトバが紙に書かれているワケで。

そして、なんと、2日は内緒の蕎麦屋のパーティ。なんだかわかりませんが、スーザン・ボイルのCDの曲をリクエストされており。で、きのう聴いたらその曲の作曲者は我が師と仰ぐデヴィッド・フォスターではありませんか。どうせだから、音だけは似せちゃおうかと。どうせだから、クリスマスギフトでも弾いちゃおうかいなと。

2010年11月24日 (水)

勤労感謝の日

ガンタさん、ジンちゃん、ありがとうね。まず今日は身内から。なんたって遠い遠い調布からのゲスト。そして、大本営発表によると、満員のお客様、ありがとでした。(大本営発表はウソが多かった。)秋の祝日・昼間、どんなふうになるのかは、風まかせで始まったENでの2ndライブは2時間をこえて、色とりどりの曲になりました。パチパチ。

内容は所謂アメリカンフォークソング、トラディショナル、ヒーリング、ウチナー、ロック、バラッド、はては坂本龍一まで。とりとめのないカンジにきこえるかもしれませんが、ぜーんぜーん。予想に反して、新曲と新境地を開拓した来年を予感させるGIGでありました。

不思議なもので、曲はそれに必要なものがあれば(楽器)それだけでいいのだけれど、ひとつ何かが加わるだけで、演奏出来る範囲がぐんと広がる。ひとりよりふたり、ふたりより三人。これもあれも要らないけれど、欲しいものをひとつにして、噛み砕けば、なんでも出来ることをまたまた実感いたしたワケで。

無事にENは終了。来週は待ちに待った幼稚園でのクリスマスライブ。ちいさなお子様のまえで演奏することはありますが、幼稚園そのものはボカァ初めてでございます。膨大なリクエストをいただいており、そりゃ、全部は無理ですが、テンポをみんな3倍くらいにして、ワンコーラスでやれば処理出来ます。(しないよ。)では一般のかたにはすいませんが、関係者のみで楽しい演奏会しちゃいます。では。

2010年11月19日 (金)

おっと~。

気がつけばライブは4日後ではありませんか。

ありゃ~。日曜にリハします。ガンタは当日。ENはライブの時間がいつもとちがうので、勘違いなさらぬよう。ふつ~は夜8時くあいにはじまるところですが。

何時に入ろうかな。

とうことで、ふたたび告知

FOMALHAUT LIVE at EN

11月23日(火曜日・祝日) 開場14時、開演15時  チャージ¥2,000

富士市厚原2092-1  0545-71-9048  http://live-en.com

で、ございます。

2010年11月12日 (金)

物見遊山リニアの現場

というわけで、突然富士急の線路頭上にリニアの橋梁。Rimg1794

あ、これか?TVで見たあの絵は。予期せぬ新プロジェクトの出現。キョロキョロあたりを見回す単なるイナカモン。ん?そしたら、見学出来るみたい。

Rimg1801

線路っちゅうか、ガイドウェイはこんな。

で、こんなのが、走る、というか、飛んでいくワケ。びっくりする、というか、こりゃ、なんじゃ、というか。見学センターはちいさな場所ですが、中にはちゃんと案内のオネエさまとお土産なんぞを売ってるところがあったりして。   で、その日、その時刻、見学センターの客は、ワタシひとり。まてよ、これも、どこかからの税金かな。  しかし、このリニアモーターの技術の仕組み。到底ワタクシの発想などからは数万マイル離れたトコロにあるわけで。ま、みなさまのお役に立つことを願って、シゴトに向かうのでありました。

Rimg1804 Rimg1808

知らないうちに

知らないうちに11月も半ばだ。知ってるけど。知らないうちにライブは近付く。知らないうちに歳を取っていた。知ってるけど。隣の家の芝生が青いのを知っている。

ああ、そうだ。中伊豆の秘密(ではないけれど~すこしだけもったいつけて)の蕎麦屋から電話。うれしかったな。   順序だと「いついつ空いてます?」ってこっちが都合を訊くところなんだけれど、夜空ノムコウから「いついつ空いてます?」って演奏の依頼だ。蕎麦屋でシンセサイザー。それも10人の客。こんなセッティングはザラにはありましぇん。どこをとってもアレガコレガをいう場所がありましぇん。アレガコレガを言うなら自分のことだけ。ま、ゆっくりやりましょ。    

!あ、カメラ。今日は都留で演奏。ちいさな旅の途中でデクワシタ、リニアモーター鉄道の実験線。見学センターへ10分立ち寄りマシタ。ディスプレイで見ていたあの線路(というのかな?鉄の線路はない。コイルや磁石はあるけれど)あんなところで580kmも出しちゃうんだ。あ~ん。東京ー甲府20分。なんじゃそりゃ。死ぬころに出来るらしい。わかいひとはいいなぁ。なんちゅうか、乗ってみたいもんであります。   ダカラ、あしたカメラの処理しよっと。そしたらすこしアップ。

東富士道路が無料になって初めて利用。いままで払ったお金は何だったのでしょうか。このあいだは西富士道路を初めて無料で走り。  毎日利用する人はさぞオトクで。

2010年11月 2日 (火)

1123ガンタ

11月23日:14時開場・15時開演:富士市「En」ライブ。さ、ホットなニュース。ガンタがゲストで来ます。奈良ガンタがゲストです。ドラマー、パーカッショニスト、三線、ギター、ウクレレ、キーボード、歌。何でも来いのマルチ男。一見ムツカシク見える譜面書こうかな。なにせ、簡単な曲が多いので、そのまま書くとカンタンなっちゃうんで。見た時だけびっくりするカンジ。  といことで、今回は栗山お休み。奈良ガンタの登場でっす。

notation

某メーカーの♪入力ソフトは秀逸であったが、そのディヴァイスを使うべきCPUーMacは、沈没してしまった。仕方なく廉価版の「窓」用ノーテイションソフトを導入した。基本的なことはすべて出来るが、少しの量の重要なことが出来ない。手書きで書き加えることになる。開発者は使用者の意見・アドバイスを受けて開発しているはずだが、彼の譜面作りに必要でないものが、僕には必要な時がある。

ここのところ譜面を書く必要があって、2種類のソフトを使う。んだけれど、待てよ、と、思ったのは、手書きをしなくなってしまったことに気がついた。教室の生徒には、手書きと、CPU出力との半々くらいで渡すが、それ以外の前もってわかる4ピースくらいのものは、出力したものを渡すようになった。現場では、もちろん手書き。しかし万年筆。パイロット社のミュージックのペン先はへたって、買い換えもきかない。シェファーのそれは、癖がすこし違くて、しっくりこない。そうなると、鉛筆の出番だ。ミツビシのHBだ。(ハイブリッドじゃないよ)

そこが問題で。  手書きの物は汚いといえば汚いが、ノリが出る。機械のものは、きれいなんだけれど、ノリがない。しかし、対象者を絞らない場合には、機械の出力のほうがベターだ。誰にもわかる。ミだかファだか不鮮明ということは起こらない。臨時記号もミスしない。

譜面は地図と同じだから、曲がり角ひとつ間違うと、目的地に着けない。だから、目印や、指定個所は、はずさないけれど、省略できるところは省略したほうがいい。それが出来ないんだ。余計なことも書いてしまう。対話型の第何世代かのCPUが、そういう個々のの要求通りのソフトとともに動いてくれるなら、未来はアカルイ。

31日。静岡。木藝社さんのイベント。台風による「心配の雨」は無く、ヤマザトのような場所で、ゆったり演奏してきました。来年春くらいに、野外ライブが出来ればいいな、などと考えながら帰った夜でござい。shion さん、またね。ジンバブエの楽器使うチョコリンガーズというふたりのバンド。ヒッチハイクで京都からワザワザ。今日はどこの軒下で、ボロボロやってんだか。ワタシには、理解がチト苦しい楽器でした。ながらも、ワカモノはいいなあ、と、すこし羨ましかったりして。