« 奏法 | トップページ | 導体・絶縁体 »

2010年8月25日 (水)

猫の寝姿

かなり昔お嬢さんだったような気がする娘のリンちゃん。「し」の字や「つ」の字になって寝てたかと思うと次はHだ。フウちゃんに至っては手足短くステイプラーの針~コの字の横棒が短いかたち。その次はリンと同じくH型からよさこい型まで各種。どうでもいいけれど、人間と同じ形で睡眠。隣を歩くくらいでは起きません。幸せなんだか諦めているんだか。 

で、今日のお答え、ヴィオリラ。要するにバイオリンの仲間。音程は駒できっちり押さえるから、それの初心者のような不安定な音程は逆に出ない。ギターのフレットだと思えばいい。から安心して合奏出来ます。ただし、それに使われている金属巻弦は頻度にもよるけれど、駒の金属がかなり強力に弦を抑えるかたちなので、弦はすぐに傷が付き、切れやすい性格を持つと推察。     また左手は鍵盤状態になるめに早いフレーズを弾くにはそれなりの、ピアノのような運指が必要。2弦はオクターブチューンなので、システム上は4オクターブいける計算。和音はチューニング次第。ピックアップはノイズを拾いやすいそれ。しかし内臓ピックアップの常でイフェクトをかけるのは、容易く。ギター、キーボード用の物がすべて使えるので、組み合わせ、種類によりエレクトリックギター並みの音が作れます。仕様はヤマハならではの木製。まあ、表現力はバイオリンのそれに劣るけれど、それなりの表現力はお持ちで。劣る原因は楽器自体を平置きにすることに依るかも。  弓の自由度が低いため。そうは言っても、バイオリンと同じ手法を採れる弓使用。ボウイングのテクニックについては次回。鍵盤を理解しているひとにとっては、簡単にバイオリン弾くような感じかな。

帰ってヤマハから検索したら、まあいろいろメーカーさん、お書きになっておりました。弦をかえればチェロふうに。これにはぐらっときた。チェロ・・・そのためならボクにはいいかも。様子見、のち、お伝えすることがあればまたここで。

« 奏法 | トップページ | 導体・絶縁体 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奏法 | トップページ | 導体・絶縁体 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ