« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

Arnold Mcculler and Jimmy Johnson

一枚のDVDの中にまるで30年を詰め込んでしまったかのような、不思議なタイムトラベルを経験してしまった。その時間旅行はずっと続いていて、これからずっと先も継続してゆく。    あれは高校生になったかならないかの頃、APPLE RECORD から発売されたLP「James Taylor」だ。芝生に寝そべった髪がふさふさの彼だ。1968年のもの。僕がみたアメリカはそのLPに入っていたアメリカだった。きのうも、40年前もおなじことをしている。変わったのは髪の量。     いままでは、2,3のライブヴィデオをみていたんだけれど、今日は91年のリハーサルのV.。あれ?サンプラザで見たのは、いつだったかなあ。あのツアーのリハーサルのVかなあ。     で、カルロス・ベガとドン・グロニク登場。このオッサンたちには呆れるくらいツボを突いてくる。ジミ・ジョンスンは、言ってみれば、岡沢章のようなベースを弾く。どこがどう違うのか説明できないけれど、すこぶる気持ちのいい低音が、彼の音楽を豊かにしてる。で、マッカラー。この声は宝物だ。ところがどっこい。彼のギターと歌の前には、みいんな霞んでしまうのだ。   欲しかったCDをカミさんに買ってもらってすこしだけクリスマスの気分。そこにこのDVD。得した気分の年末でありました。いえいえ、そんなんじゃなく、バイブルとでも言うべき指針でございます。   今日はオヤスミ。明日からは恒例の「さか屋年末年始大歌謡ショー」の始まりでございます。  本年も各方面の皆様にお世話になりました。ありがとうございました。来年はもっとお世話になりたいものです。   

2009年12月24日 (木)

娯楽はNOW、鹿じゃん。

娯楽には政治色やメッセージや啓蒙は似合わない。3Dで「AVATAR」 見たよ。こりゃ、手抜きがないな。よおく出来てる。飽きない。アメリカの力というか、CGの力というか、金の力というか、すべてが、すんごいですね、の映画でありました。単純に、面白かった。こういうの、好きだな。でもね、帰るときにふと思い出したんだ。こりゃ、「ナウシカ」じゃん。大監督のキャメロンさま、もちょっと、捻ろうよ。       ひょっとすると「かいじゅうたちのいるところ」(Where the wild things are) の方が面白いかもしれないな。来年のオタノシミ。    メリ・クリスマス。

2009年12月15日 (火)

あの蕎麦、で、Cafe Dian は帰りに。

ひまわり先生よ呼ばれるひとがいてね。豪快に笑う。ひまわりのようなセンセイ。でも、獣のセンセイ。いつからかナカヨシにさせていただいて、昨日は中伊豆へごいっしょ。目的は蕎麦。いつか報告したあの蕎麦屋。土日月だけ開店20食予約のみのあの店。言っときますが、敷居は高くない、いや、ない。ようやく予約が取れて、芝町カフェのご夫婦とカミさんと5人で豪華な昼飯。といっても、たった○千円。あのご馳走で、この値段。「あ、あの蕎麦食べたい、」と急に思っても、急には無理なんで、そこだけが敷居の高さ。予約がとりにくいのではなく、予約をしにくい。スナワチ、店の都合ではなく自分の都合。   教えちゃいましょ、献立。昨日は牛肉タタキ、大根ささみのサラダ、宮城牡蠣の蒸しものレアで。譬えようのない豆腐。佃権ダネと地モノのおでん。そして湧いてくるようなそれ、蕎麦。  目の前は広大な芝生。奥まって山容。背後にはせせらぎ、森。建物は瀟洒という言葉がぴったりのウィットネス。こうい書くと、旅の本の1ページのようでありますが、ほかに伝える術がない。お料理は「おいしい」と口ぐちに。ほかの形容詞を用意できなかったのが悔やまれます。あえて、山の奥とか、古民家を改装してとか、謎の蕎麦とか秘伝のなになに、とかでは一切ございません。ふつうの、ふっつーうの、ごく自然体のすべて。   旦那さまの所作は言ってみれば4ビート。静かにものを作る。にこにこしながら。で、音を立てない。意識して立てないのではなく、立てる必要がない趣の所作。  いいことばかり書いているように聞こえるとおもいますが、ホント、いいことづくめ。   芝町カフェのご夫婦とは最近お知り合いなったのではありますが、旧知のような。この蕎麦屋は、気になっていたところであったそうですが、仕事柄、チャンスなかった模様。お店休んで来ました。  で、蕎麦。だから、蕎麦。「シアワセ」になる蕎麦。ジッサイのところ、麺は透き通ってはいませんが、透き通ったがごとく。清冽な、で、由緒正しき、で、柔らかなお人柄の蕎麦。出汁はいってみれば、ご主人の姿勢。  別室でコーヒーと栗、パウンドケーキのデザート。  これって、もしかしたら、倍くらいのお値段請求されても、文句言えないくらいのもてなし。軽く2時間のひとときが過ぎたのでした。   行きたい?前にもかきましたが、べつに秘密ではないので、お問い合わせください。  そして帰りには、お隣の(すこしありますが)Cafe Dian へ。自家製のウメジュースをお出しになる、ゲージツ家の石丸だんなさまと染色家の石丸奥様の一瞬アトリエふうのお店。開放的な空間に、家具、照明、オブジェなどがきっちり配置。  なんという一日でしょう。  ほんと、カメラマン連れて旅の秘密拝見の特集に載せてしまいたくなるような、昼食。  まいったな。  誰か連れだってまた、ちかいうちに。写真撮るのをすっかり忘れてました。 そんな。

2009年12月 7日 (月)

いつもながらの「急遽決定」

2週間くらい前に予定はあったのですが、正式には3日前に決定。突然ライブ。クリスマススペシャルコンサート。矢野つよCとシモヤマふたりでやっちゃいます。問い合わせは、三島市丸平055-975-0068 または、JSJ055-917-7890 昼の部1430、2,500円ドリンク付き夜の部1800、3,500円ディナーあり、で。     賞金王にイシカワ。当たり前といえば当たり前だけど。すんごいんなあ。これでマスターズも決定。来年はぜひベストテン入りを目指してください。朝から気持ちいいといいなあ。   猫は人間のヨーに上向いて手足伸ばして腹だして 寝ています。気持ちいいといわんばかり。この子たちはいったいどーなってるんだろ?ごはんも良く食べて、お水も沢山飲んで、駆け回ったかと思えば、ぐうぐう寝て。    あしたはお休み。掃除洗濯オジサンしましょ。少し新曲のアレンジあったりして。   AVATAR 見たいな。3Dで。このあいだクリスマスキャロル見たけど3Dよかった。まあ、あんなもんでしょ。ありゃ、あれでいい。そんな映画だから。   2012は、ま、やることなければ見てもいい、くらいかな。   ELVIS ON STAGE を5回くらい見た記憶がある。MJはこのひとの娘さんと結婚したから、関係なくはない。   商業音楽が右も左もわからないころ見たこの映画は革新的だった。まず、スケールにびっくりし、音楽の美しさとアレンジの一端を垣間見、「スター」の一部のプライベートを見、ドキュメンタリーが映画という作品になることを知った。いまではあたりまえのPVが2時間連続するようなものだ。電気楽器やPAなど音響関連の機材などは、いま見たら笑っちゃうくらいだけれど、そんなことは、感じないくらい、構成がすばらしかった。   いつもどおり、脈略のないハナシが続きました。Rimg1670

2009年12月 5日 (土)

伝家の宝刀

♪月がとっても青いから~と歌いながら帰る冬の夜でありました。久々にユーノスなんちゅうもんに乗ったのでありますが、普段高い着座位置であたりを見てるので、あれ?こんな景色だったかな、と、思いつつ。今夜は矢野くんとすこし打ち合わせ。奥様のお料理いただきながら。矢野家のコンピュータの着座位置は少しテーブルが傾いており、右肩あがり。?イシカワ、今日も最下位。どしたの?電柱斜め止めてよ気分のワタクシには、平らに置いてほしいわけであります。Mr.Hujiwaraの乱入ありで、ハナシは海から山へ、右から左へ、誰止めることなく無意味な雑談とギャグの応酬。今年はカレとはあと2本ライブ。そんなこんなの夜に湧き出たタバコ増税のハナシ。抜きましたな、宝のカタナ。一本2,3円の値上げ。いきなり1,000エンにはしないわけで。どこを取っても納得のいかないカナシイ話があります。何度も言ってるのですが、「健康」のため、は、屁理屈ですよ。

2009年12月 1日 (火)

おつかれさまでした。

まずは、BENライブ。お客様ありがとう、スタッフの皆さん、出演者の皆さん、おツカレさまでした。野を渡っちゃう風のような笛の音と、魔音琴、竹笛と鋼琴の♪に粋な律動を加味したクリヤマトヨGのスキル。5名の音楽家の譬えようもない繊細かつ大胆な試みは、お客様のハラワタとノー味噌をでんぐりがえしにしてしまったのでアリマス。     打ち上げは寿司・鍋が飛び交い、大声大音響、子猫は出てくる、写真は宙を舞い、そりゃ、大騒ぎ。と、書きたいところでしたが、粛々と食事が進み、静かな、ささやかな会が催されました。    山下トリオとのジョイントはおそらく来年も何度かあろうと思われます。そしてほかの町でも。楽しみにしてください。   いやいや、お呼びになってくださるなら、どこでも。   で、気付けばあっという間に12月。数本のライブと、レギュラー抱えて、正月になってしまうワケで。   矢野ツヨCさんのCDも録音はすでに終わりプレス待ち。 急に寒くなりやした。元気に外でタバコ吸ってます。  おバカさん、またタバコ増税などと申しております。その理由がいい!健康のためだと。本来不健康承知で吸ってるものに余計な口出ししないこと。非喫煙者の権利を守るという蓑に隠したパラダイムシフトにゃあ、閉口飛び越え月面宙返り。なんか、こう、もっと、すっきりモノを言えないのかなあ。「喫煙者の皆さんの協力が欲しいです。税金足りません。分煙の場所確保しますから。」くらいのこと、どう?     楽しいライブをまた次回。Dsc_6302