« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月16日 (日)

八岐大蛇

大蛇を見てしまいました。何気なく見た景色の中に鈍い光彩を放つ怪しげな動物が、低い息を吐いているのが、空気で伝わってきました。眼はギラギラ。這うような姿勢で、こっちを見てるので、見つからないようにそっと近づくと、生りとは違って、意外にやさしい寝息でした。鈍い鱗も、実は深淵な艶で、なまめかしい感じ。装いは、すぐにOrochi だとわかりました。少しの休憩を終えて彼の吐息は、イグニッションを通電させられ、ドゥルルと、吠えるかと、思いきや、スルっという静かな、目覚めのワルツ。トヨタのエンジンは、牙を剝きません。優等生。最近は車は動けばなんでもいいや、なんて思ってましたが、いやいや、そうばっかり言ってられない。すごくアトラクティブ。所有欲まではいかないけれど、運転欲に駆られてしまいました。ジウジアロ、ミケロッティ、イタル、リジェ、ガンディーニなどの、きらびやかな車を見てきましたが、こりゃ、日本だって、一本取ったでしょ。昔はCobra=Shelby がありましたが、蛇のくるまはすくなかった気がします。この蛇、富山産で、えっ?1200万円?かえろ。おうちへカエロ。わたし、指を咥えて。走り去る八岐大蛇は、自分の町に棲息しておりました。

2007年12月10日 (月)

余計な御世話。トナカイは困る

トシのせいか、文句や意見をいいたくなることがあります。毎年この時期になるとお約束のクリスマスイルミネーションが煌びやかになります。、きれいだなと思うときと場所が確かにあります。でも、この数年おかしいと思うことがあります。おかしいというより、いいのかなぁっていう感じ。特に新しく整備された住宅地などにおいて、まるでどこかのレストランか、ファッションホテル、雑誌に載るような有名な商店街、かと見紛うばかりの「電飾」。きれいだな、を通り越して、下品にも感じる「電飾」。センスないのは、ホントにセンスない。貧乏症もあるのかもしれないけれど、あれって、住んでるかたのオウチの内側からはそんなに素晴らしく見えないような~余計な御世話もあるし、電気料金かかるんちゃう?などと思ってしまいます。そのぶん、ほかに使えないのかしらん?なんて。悪いことじゃないけれど、ヒジョーに無駄だなと感じるのはワタクシだけでしょうか?トナカイさん、眩暈おこさなきゃいいけれど。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ