2017年2月17日 (金)

涅槃仏

静岡市の安南禅寺での涅槃仏法要に行ってまいりました。

「あなたの(FOMALHAUT)の演奏を是非、」と、住職に頼まれたユキちゃんは、なんと涅槃物の脇、納骨堂階上にての演奏という、かつてないシテュエーションで演奏することになりました。
・・・まではよかった。大変なことに気づいたのは、「か、カ、顔が見えない・・・」ということで。
サイズや進行がアドリブだらけなので、目配せでないと、不安あり、と、思いつつも、本番は始まるわけです。ありがたいお席での演奏でございます。で、現場は進行してゆき、演奏始まりました。不安とは言いつつも、まあ、いつものこと。サイズもほかも滞りなく、現場の進行に合わせてチャンチャカチャン。無事終わりました。(写真中央、納骨堂の屋上に涅槃仏が控えております。)
2017021513590000
「オツカレサマ」は、しずてつストアの近くの「菜の花」さんで蕎麦。
ま、丁寧な定食をいただきました。ワタクシ久しぶりに寿司屋以外で穴子などをいただきましたが、メインは蕎麦でございます。・・・・うまっ。
2017021517140000
  デザートは、となり、となりの店「ichigo ya」さんでテイクアウト。
一般住宅を改装したようなところでございます。これまた、丁寧な仕上げのスイーツ。ということで、ケーキより、店の構えの雰囲気をお伝えいたします。
2017021518100000_2
帰りは東名でさっと。
富士川楽座の観覧車、もうすぐ、営業開始のようでございます。夜間はイルミネイションで、天気予報などを文字盤がわりに展開しています。
2017021518520002
で、いちにちが終わります。

2017年2月12日 (日)

庭園内の陣地およびイチゴ

FOMALHAUT 梅まつりは、

「松韻」せせらぎ亭の陣地、斯様に。日本庭園内ゆえ、設置場所は限られており、苦肉の策、と、イイナガラ、結局一昨年と同じ陣地。ここしかないか。風と噴水の音と楽器の音が混在。緩やかな午後でした。

2017020610460001
夜は「いちごの会」。見事なイチゴがテーブル脇に。だから、ゴハンは半分。残りの内蔵的貯蔵場所を空けておいて・・・・以下の、イチゴたちが、喉を通過してゆくワケであります。
ちなみに今年は「章姫」と「きらぴか」。
2017020817580000
おいしゅうございました。

2017年2月 2日 (木)

2月6日は松韻にて

FOMALHAUT、2月6日(月曜)11時から13時くらいまで。三島佐野美術館横・「松韻」にて「梅まつり」でございます。一昨年も演奏しましたが、風が冷たかったのを覚えております。さて今年は?

「松韻」さんには、俗にいう宴会や催事で(月見の宴)お世話になっています。この辺りでは日本建築の古風な食事処です。食事ヨシ。景色ヨシ。交通至便。で、問題は天候のみ。30分くらいの演奏を3度ほど。お近くの方は散歩、喫茶、食事のついでに門を潜ってくだされ。
15日、静岡での落慶法要に招かれています。内容はともかく、法要でございます。詳細は追って。
さて、嬉しいことに県立総合病院で、2度目の演奏会ができることになりました。昨年おジャマした時には、スタッフの対応が素晴らしく、またお客様も患者さんと近隣の「聴きたい方」に囲まれて、とてもやり易かったのを記憶しています。とかくこういう施設や公共の「なにそれ」では、制約や決まり事などが存在するのですが、こちらは、自由度の高い=音楽性を優先=場所でありました。患者さんと一般の方とを一緒のレベルで対応すべくスタッフが動いていました。今年も「また聴きたいな」と、思ってくれるような演奏をしたいと思うのでありました。まる。

2017年1月29日 (日)

搬入の宿

♪タ、タタタ、タ~、タタ、タリララ~、と、歌のようにはいかない楽器搬入。性能と音質、金額或いは質量、の兼ね合いから楽器を選択するのは、一人での搬入を考えてのこと。

世の中には、イロイロな理由で楽器を選択するひともいるということを、楽器メイカーの方、ご勘案を。
ソレカラ、施設においては、どこそこでやりたい~気持ちを、動線に繋げられるかという配慮。で、実際は10%くらいの関係者しか、そんなことは考えていないのであります。
駐車場、搬入口、リフト、階段、スロープ、転回部。すべてが〇などという設置施設はないワケで。一番の問題は駐車場から搬入口への実質的な距離。及び雨天時の対応。さて、最も怖いのは、「階段」。これは、ジゴク。
埴生の宿は、なだらかな上下のメロディが、質の高い和声が弾き手によって可能だが、辛い搬入を伴う宿は、弾き手=搬入者の場合、なかなか、笑顔になれない時がある。特に体の一部に不都合な痛みをもつ時。
などと書きましたが、要するに階段で楽器搬は、ありがたくないという、ワタシ。10月くらいから調子のよくない部位があって、荷物持つのを苦手としております。
で、これから5年くらい先のこと。いつまで楽器持てる体力があるかな、などと、不安になることがあります。これは楽器だけではなく、すべての家庭内の重量物に対して。だから、軽い生活を旨としなくては、と心がけています。自分の笑顔のために。

2017年1月15日 (日)

FOMALHAUTの新しいCD

新しいCD出来ました。写真は、金指雄一郎さんの手によるものです。
ユキちゃんと打ち合わせしている最中に、なんだかいいね、の、ヒトコトで決定。
リサイズとテキストを加えてあるので、下の写真とはちがいますが。
勿論、全編オリジナルでございます。

Fomalhut

1月15日

成人式は昔から1月15日でありました。いつの頃からか祝日の日が変わって第何月曜とかに変更になり、こりゃ、いけないなと。変わらない祝日もあれば流動的な祝日もある。そもそも祝日が移動するということは誕生日がかわるのと一緒ではないかな。体育の日は10月10日がイチバン。  この祝日のナゾ、誰に不利益で、不都合なのかが今で理解出来ず。  それで正月から営業する百貨店や大規模店舗。正月がなくなってしまいました。これまた誰に利益があり都合がいいことか理解出来ず。

どうでもいいといえばいいことですが、どうでもよくない。祝日は決まった日。これがイチバンだとおもいます。
などと書いて、あれ?今年ブログ書いてなかったことに気づく始末。
「あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。」
年末年始のコンサートシリーズに加えて、別のレギュラーの音楽会が入り、加えて譜面書き、録音、リハが続きました。書いたつもりが書いてなく。
2日には買ったばかりのプリンターが故障。年賀状の追加印刷ができずに。今日、修理完了の連絡。明日引き取ります。
2か月で壊れるのはどうしてかな、と思いつつ、修理に行くと、なんと5000円足らずで内容は違えど新品のマルチ機能プリンタがあったりして、これじゃ、インクと同じ値段だから、買おうかなと思ったりしましたが、ぐっと堪えて・・。アホらし、この値段。純正品のインクの値段どうにかならないのかなと。ま、メイカーはそれが利益なので、仕方ないといえば仕方なく。携帯電話と一緒の構造君です。大抵はサードパーティーのインクを50%使ってますが、上記新品への対応がまだない状態。
今日は清水江尻生涯学習館での新春恒例のコンサート(FOMALHAUT + TACACO )。満員御礼。9回目(9年目)になりました。「継続は力なり」を地でいくカンジ。夜はメンバーと清水エスパルスドリームプラザで食事して帰宅。   で、で、で、さぶッ。本日、昼も夜も冷えております。明日は「お呼ばれ」の音楽会。ひるの仕事なので、夜はオイシイ蕎麦食べたいカンジ。月曜は箱根に上がりますが雪だ凍結だ、不気味なウワサ。
夜間、今年も年末から足元にはお湯のアンカ。攣る足にはもってこいの防寒対策。これが一番いい。電気毛布よりもスグレモノ。ネコは脇にいても足元には寝ないので、役に立たず。では、今夜もこれでグッスリの予定。

2016年12月20日 (火)

こりゃ、たまらん。

 
 
                               
   

December 16, 2016

   
   

   
   

James     Taylor and Elton John to Tour South America!

   

Just     announced: James and his All Star Band will tour alongside the incomparable     Elton John  for six concerts in South America in Spring 2017! Please     see the chart below for the complete list of shows.
   

川越・名もなき・コロッケパン。

川越でのコンサートの時はいつも早めに出かけて、観光しちゃってます。それで、食事もガイドブックに載るような「有名」店にいくことにしてます。

ところがこの日は、「有名」3店は休業と貸し切り。しかたなく蕎麦。うれしいのですが、おいしいのですが、チガウ種類のごはんにしようと思っていたので、がっかり半分。
で、それはそれ。
食事のあと、市役所脇にある間口1間の小さな店のコロッケパンを買って帰るワケで。
この日は、コロッケパンふたつ。実は、食パンに挟んだものとロールパンに挟んだものと2種類あるんで、その2種類。どちらも160円です。買ってすぐには(おなかいっぱいなので)食べられないのでありますが、時間をおいても「ウマイ」「マイウ」「旨い」「美味い」。どうって料理じゃないけれど(いやいや、ちゃんとしたものですが)、この調理パンはウマイ1000%。ついでに肉巻きメンチをひとつ追加しました。
数人ではありますが行列がその時間に出来たりして・・・。隣はハンバーガーの店。こちらも数人ですが・・行列できたりして。
イワユル、観光地区または繁華街からは離れたところで、もちろん、ガイドブックにも載っていない、なんちゅうか・隠れた名店・というか・なんというか。
2016121813570000
コンサートのあと、家に帰ってからパクパク。ウマイのです。
次の朝、オーブンで焼いたメンチカツをいただき、また感激し。安い舌のワタクシであります。3つ買って500円にも届かない・2日間楽しめるオ味のコロッケパンでございます。

ヤオコー。吉田典正氏風・今日の陣地。

吉田サンに以前世話になったので、彼の真似して「今日の陣地」。

場所は、ヤオコー川越美術館なり。

500号の桜「爛慢」の絵の前に。ヤマハ・セミコンとシンセ。
2016121815280000
フルコンとまでは言いませんが、
文句なしのソロセット半分。
ヤオコー川越美術館ティーラウンジ。18日も約100名様お揃い。クリスマスに関係する曲を5,6曲とオリジナル、新曲含めて、約70分。静岡からのお客様もいらしての顔ぶれ。何度となくのお顔も。 いつものことですが、まずはお客様、そして、名前も知らないようなワタクシのために集客してくださるスタッフに感謝。ありがとうございました。

直吉、暁庵。

録音・演奏会・バッキング・リハ・レギュラーの夜会・家事・デザインなどのしごとが刻んで入るおかげで(嬉しいことですが)、トータルの睡眠時間は充分ですが、長時間寝ないので、(移動を含んで)いつでも眠く。もう少しうまくいかないかなあと思いつつ。体調も万全ではないので、パワー半分ってカンジ。と、こんな書き出しで、最近のことを少し。

湯葉丼食べてきました。湯本の「直吉」。どんなふうに供されるかと興味あり。たかが湯葉ですが、思い出してみると、あまり食べない食材。 ・・・で、店に着けば、まさに鈴なりのお客様。次から次へと。経営者の笑いが止まらないカンジ。早川に面しての広めの店内は回転が良いので、さほど待つこともなく。
「カツオ出汁の湯葉をご飯にかけてどうぞ」と。へいへい。わたシャ、かけません。個別に食べる。うまいうまい。考えてみれば、ヘルシイな食事。これでおなかも十分。
2016121215030000

次は蕎麦。先立つこと7日。これまた湯本。蕎麦屋「彦(げん)」の隣の「暁庵」。閉店間際にもかかわらずヤサシク迎えられて、まず満足。蕎麦が出てきて、大満足。支払い満足。
2016120515380000
え?、隣の庭ではライブも催されているそうな。あれあれ、営業に来ないと。
ソロもいいけれど、このシテュエイション・FOMALHAUTや、ガストルニスでもいいカンジ。
今度。
で、蕎麦は食べかけていたんで、半分だけカシャッ。
2016120515420000_2
なんだか最近食べ物ばかりアップしているカンジ。

2016年12月18日 (日)

12月18日(日曜)

本日。ヤオコー川越美術館 クリスマスコンサート。16時開演。15時20分くらいから入館出来ます。

料金は不要ですが予約が必要です。既に定員になっておりますが、余裕があれば入館出来ます。空席の有無をお確かめください。
ヤオコー川越美術館   川越市氷川町109-1 電話049-223-9511

2016年11月26日 (土)

12月18日川越ヤオコー美術館

恒例のクリスマスコンサート近づきました。

ヤオコー川越美術館にて。開演16時前後。詳細は同所へ。
料金は無料ですが、予約が必要です。
近所の方は、散歩がてら、絵画鑑賞がてら、フラっと。近郊の方は観光「川越」と食事「川越」をお楽しみのあと、いらっしゃってください。素敵な街並みと各種オイシイゴハンがお待ちしております。
Shimoyama_yaoko
毎年毎年呼んでくださる。素晴らしい絵画が所蔵された瀟洒な建物の中で行われるコンサートは、多くのお客様に支えられて5年目を迎えます。今年からグランドピアノが設置されたので、ピアノももちろん使う予定です。
デジタルピアノと生のピアノと違いについて、尋ねられることがありますが、一番はタッチ。だんだんDも生に近づいていますが、まだまだコントロールしにくい部分があります。けれど、弾き始めれば、いっしょ。グダグダ言ってるわけにはいかないので。しにくい部分をそうでないように弾くのが別の意味での醍醐味。ここでは横長の客席配置なので、いままで「L1」と、いう、FOMALHAUTのスピーカー機材を使っていましたが、ピアノとデジタル群とバックの絵画との兼ね合いで、いままでと違うセッティングをする可能性があります。ですから今回はYAMAHAのセッティングにしようかと。当日様子をみて決めます。
それでは川越で。

2016年11月23日 (水)

所謂普通のごはんだけど「上」

こういう言い方ないんだろうけれど、高い得点であります。

普通のランチであります。
2016112213380000
どこにも高飛車なところがありません。
こんなに干物がうまいとは。
何が違うんだろ。どこが違うんだろ?
美味しい「和助」のいランチです。
店内は所謂干物屋とは全く違う造作でございます。
オーナーとライブの打ち合わせ、というか、どんな風に、という提案を
させていただくところですが、まずは雰囲気を。こんな店内です。
2016112214330000
感じのいい・干物やとは思わない・響きのよさそうな店内です。
ゼヒ、近いうちに。

2016年11月22日 (火)

一段落

記念の?コンサートが終わって一段落。さてこれから来年も。

換装したスタッドレスにてどこまでもでかけちゃいます。ただチェインは持ってないので、それが必要な場所は遠慮しちゃおうかと。
FOMALHAUTの新しいCDができましたので、一応ほーこくを。
初回の限定版の装丁と若干変更しているところがありますので、初回の方は再びどうぞ。中身は同じですけど。

FOMALHAUT vol. 3

私ににては?珍しく長いオハナシがつづきましたので、3にておしまい。

「天国からの手紙」
その手紙は天国からの手紙
U氏が会場から私にプレゼントを
U氏の妻はユキちゃんの生徒
僕が知っているのは彼女の最後の数か月
細い指でオカリナ吹いてた
見送ったはずの彼女からの手紙は
プレゼントの中にあった
U氏は自分の名前のあとに妻の名前を
ぼくにとってそれは彼女からの手紙

«FOMALHAUT vol. 2